sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

他人に尊厳を持つのは当たり前

いつもこんなことが心配です。女の子の親じゃなくてもいっしょなのです。最近はいろんな性癖のニュースを見るので、恐ろしい気持ちになることがあります。

こんなことはつらすぎるです。


どんなにつらいか、人間なので、つらい子は辛いのです。
欲求のはけ口にされるなんて、普通の私たちだって辛いこと。

ひとにしてはいけないこと。

 

弱いものはひどい目にあうのが動物世界?でも人間は理性や知性が問われる世界の中に生きているのだろうし、弱いものは助ける。であってほしいとおもっています。

辛い目にあった人は壊れてしまい、そのあと立ち直るのは容易ではないのだと思います。壊れるのは立ち直るのより容易なんだと思います。

壊した人は壊れない。きがつきのないまま、のうのうと過ごしていたりすることがあるのかと思います。

 

勉強ができなくても、他人にたいして尊厳を持てて、優しさを持てる人であれば、そちらの方が学力が優れてる人より、人間性が優れてるように私は思います。

 

息子さん、そろそろいっしょにプールや海に行くのが難しいなと思ってきました。背の小さい方だし、1年生や2年生の隣を歩いてて息子さんよりでかい子達もいるのだけど・・・

 

いろんな言葉が以前より通じるようになってきて、違うことだよという概念も前より意味はわからないけどダメそうな空気だなとか感じる力が芽生えてきました。

 

だから、今のこのチャンスを逃したくないなあとおもって、ガイドヘルパーさんを見つけようと思いました。

 

でもどうやってみつけていいのか。すごい量のリストになっています。

一個ずつ電話をかけるにしても・・・

そのあとあって、話して・・・

 

変態は嫌だし、フィーリングが合う人が見つかるといいけど・・・

 

んー

どうしよう。

そう思っていた頃、たまたまデイさんに息子が行かないと言い始めました。

それを毎回デイさんに伝達してたら、理由は思い当たるとのこと。突発的にパニックになったり、衝動行動に出る仲間が苦手で、そういうタイミングになると、椅子の下に隠れたり、パーテーションの奥に隠れたりしてるそうです。

せっかく言葉がいろいろ出てき始めて、朗らかに通ってくれてたのに・・・放課後が楽しく過ごす場所じゃなくなってるんです。と職員さんより。

あら正直。

 

でもその子も悪くないのだしなあ・・・

しかしうちの子だけじゃないだろ、そんな状況は誰だって苦手では???と聞いてみたら、そうですねーもう一人同じようにトイレに逃げたりしてる子はいるのだけど、残りの八人ぐらいは我関せず。ってかんじで、自分のことに集中できてて平気なかんじで・・・とおっしゃってた。

なるほど。

わかるの。

 

不安心配コントロールが苦手な人はとことん苦手。これはうちの子に該当。

自分のこと大好きで、周りより自分に集中が過ぎてしまう人はそんななんだと、友達のお子さんは、そういうタイプで、荒れた人がいても全然気にしないんだそう。

極端なのだー!

 

結局不安心配コントロール苦手くんだから、仲間が荒れたら外に遊びに行ったり他のお部屋に逃げたりとかを職員さんと繰り返しているうちに、デイさんいきたくないといわなくなりました。

でもこのような子だっていうのを、将来施設にすむのか、他の住み方をするのがどっちが向いてるのか記録をとったり調整したりするために、相談支援員さんをつけたらどうかな???とデイさんのお姉さんにいわれました。

 

相談支援員さん???

はい、なんでも相談したらいいのですよ。とのことでした。

息子ちゃんは不安心配コントロールのことがあるので、社会とのつながりを作るのに親御さんだけではパワーが沢山いりすぎるかもしれないので、そういうのは助けてもらうサービスを利用して、またいろんな関係各所についてもその人に入ってもらって調整したり、記録を残して、行政のサービスをどのように利用するのかをまとめてもらえばいいのです。とのことでした。

 

例えばガイドヘルパーさん探すとかも?と聞いたらもちろんそれは仕事で彼らがやることですよ!とのこと。といっても相談支援員さんのキャラキャラいろんなひとがいるので、デイさんのお姉さんが知ってる何人かの中でこの人が良さそうって人を紹介するねと言われました。

 

で、紹介されたおじさまにおねがいしたのは

夏に海やプールに行ってくれる人。いっしょにきがえて、水遊びもするのに躊躇がない人。げんきなひと。変態じゃない人。

でした。

 

この間紹介してもらいました。これがいい結果になるといいけど。

 

 

近所の友達に 変態じゃない人ってリクエストしたん!!って笑われたんだけど、いや大事だよ。性的なことで傷ついてしまうともうなかなか立ち直れないよ。

尊厳にかかわる。命ぐらいだいじなことだとおもうから、そんなの常識でしょ。っておもってもあえて、言っとかないと。

わざわざ話題に出すことで抑止力になるかもしれないし。

自分で意思表示が下手なだけでなくて、自分自身のことがあやふや(でもしっかりじぶんはあるんですよね)な子達だから、ここはもう、自分で傷つかないように管理できる人たちの何倍も気を使うところだよ。

と話したら、

 

なるほど。私たちと一緒なんだけどより、弱いんだね。といわれ、

 

そうなんだよねーとわたしも話せた。

 

こうやって知らない人に知ってもらうことってとても大事だ。なかなか共感まで行かないかもしれないけど、啓蒙活動は大事だね。

 

偉そうに言ってる私自身とて、世間のことは、自分の想像範囲で生きているから知らないことがいっぱいだろうし、人の思いに傾聴する姿勢をもって、そして考えていきたいとおもってます。

 

最初に貼った記事はやっぱり、障害のある子が上手にコミュニケーションを取れないところを利用した卑劣なやり方だと思うので・・・とても嫌です。