sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

単身男女2をみた

単身男女はみれてないけど単身男女2を見た。

ネットフリックスで。トーさんの。これは銀河映像の。2014年の作品。
ブコメというかんじだろうか。

 

最近気が付いたのだけど、こんな法律があったらしい。

ツイッターであげてくれてるひとのがあって、気が付いたので今まで知らんかった決まりごと。

(しかもサミーさんのだんなさんのてんやわんやなことがあったからその人がテレビをつけてくれて私に到達したニュースなのであるので、なんだか、私には変に運命深いものがある。トーさん映画のサミーさんはすきだのう)

 

香港映画の本土進出についてきまりごとがあったのか・・・一連のツイートの流れに、英語のニュースも貼っておられた。ニュースソースがあるのね。感謝でする。

The five relaxation measures introduced by Beijing on Tuesday include:

  • removing restrictions on the number of Hong Kong people participating in the production of mainland films;
  • removing restrictions on the proportion of artists and requirement of mainland plots in China-Hong Kong co-productions;
  • waiving fees for establishing China-Hong Kong co-productions;
  • allowing Hong Kong film and film practitioners to apply for mainland awards;
  • allowing Hong Kong film companies to apply for incentives to distribute and promote mainland movies and China-Hong Kong co-productions overseas.

Previously, under the 2003 Closer Economic Partnership Arrangement, at least one-third of the cast of any China-Hong Kong joint film productions had to be mainland actors.

これが緩和される項目らしい。

 

なんかそうだったのかあとおもって。

いくつか見ている映画始まる前のクレジットで、大陸の機関とか会社とかかなあ。っておもったりしたのもみてて、経済が行き交ってるんだなとおもってたけど、ルールもあってのことだったのだね。

 

キャストのことや、本土に関係するプロット。

ああ、そうかー

 

盲探でも珠海が出てきたし、単身男女2では蘇州がでてくる。ぜったいそれがよかったのかなあ。とも思ってたけどなんか必要なでしょうと思って見てたのだけど、なるほろ。


マカオも本土の扱いなのかな。
ふーん。。。(本土って香港の人が使えば 自分たちのことなんだっけ。たしか。私の意識だと本土はメインランドで 中華人民共和国のこと。) 

ちょっと正直萎えるのだった。自由にその場所を出したくなったり自由にキャストをしたくていろんな人たちがいるのはいいのだけど、法律で決まってるとなるとなんだかプロパガンダ

でも出資する人の意向を映画を作ったりしてると普通に聞くこともあるわけでそんな過敏に反応することか?ともおもったり。

 

まあでもやっぱり摩訶不思議な場所で、その時その時いろんな事案に流浪する土地が香港というか、香港は私にはやはり、どうも気になってしまう魅力や、制約がある場所なのだ。

だからか、劇場型でドラマチックなところ。

世界にあんな場所はないのだとすごく思うのだ。ひきこまれるのだった。

 

 

さて、単身男女2なのだけど、やっとトーさんの映画に出てくる女の人で、いいやんとおもったひとがいた。

ヤンヤン

わたしゃヤンヤンはすごい好きやで。

(後で思い出したけど、眞心英雄のラウチンさんの彼女さんもすきだった。おっとこ前な女の人でした。あ、そうかそんな女の人たちに好感持っちゃう精神構造なんだな私が。自分のこともこうやって知るなあ。) 

 

ヤンヤンが、最後にルイスクーさんのやくのひとをぶったたいて、あんた!えらびなさい!っていうところと、ぼろぼろになりながら、高円円さんの役のお姉さんにも、逃げないで、選択するの。って言うところがすき。

 

高円円さんの役の子ががだれをえらぶかより、どっちかというと ヤンヤンが幸せになるにはの方が私は興味ある🙃

 

おいしいものもでてきました。おいしそうなタコは食べられなかったです。タコを誘拐するところも好きでした。タコが元気がないから泣いてるミリアムさんもよかった。

 

車もいろいろと。車のそれぞれの音がいいです。車これもまたエピソードなのですね。物体のつかいかたがうまいなあとおもいます。

ゆきちゃんもいました。

香港のクライミングする場所も観れた。

 

 

やっぱりトーさんはおもしろい。

そしてミリアム・ヨンさんよかった。

単身男女3をつくるとしたら、高円円さんの役とルイスさんの役、ダニエルさんはお休みして、単身男女 外伝 とかな風情でヤンヤンのことがきになるけど、トーさん女の人主人公とか撮るんだろうか。

今までの作品が多すぎてわからない!