sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

ジョニー・トー映画の音楽/大事件

どうしても色々と回ってしまう・・・

 

文雀の音楽。傘のマッチの時の音楽、街の時の音楽。
映画もすごいすばらしいし、サントラを探して買ってしまいました。

 

奪命金の音楽。これもまわりつづける。

ザ・ミッションの音楽なんてもうすごいいい出来なのです。まわるまわる。

他の映画も音楽は結構いい感じがして、まわるのがあるのだけど・・・いつもいい感じの音楽なのは、なんでなんだろう。いい人脈があるのか。。。なんだろう、ただありがとう。

 

最近みたのは 大事件、奪命金黒社会黒社会 以和為貴(ああ、和を以て貴しとなすやん!!!)。なんだろう全部面白い。

 

人生初だ!!
好きな映画監督がたぶんできた。それはジョニー・トーさん。
と言ってもまだ見てない映画がほとんど。。。もっと見たい!!!

 

大事件はみていて、建物が気になって調べてしまい、八文樓というらしいのだけど、そこはかつて高級住宅?なのかな、スターがたくさん(私の子供時代お馴染みの方々におもえたジャッキー、サモハン、周星馳さんの名前も出ていたわ)すんでいたようなところらしいです。



ウィキペディアによると

近年,由於文華新村開始老化,而且其多幢大廈相連的設計,方便罪犯躲藏及逃走,令治安變壞。2003年12月24日凌晨3時許,特別任務連破門進入文景樓1229室逮捕賊王季炳雄,並在單位內發現大批槍械手榴彈,成為當時一大新聞。文華新村的獨特環境亦成為不少電影的拍攝場地,例如由杜琪峰執導的《大事件 

お!そうなのか・・・映画になんか触発されるような話があったのか・・・

賊王・・・

 

Apple dailyの2014年3月1日の記事 : 「賊王」藏身及落網之地 

蘋果日報の記事より。

八文樓曾有不少影星入住,包括成龍、洪金寶、陳寶珠及周星馳等;九十年代,區內治安一度變差;03年「賊王」季炳雄藏身於文景樓單位內,最後被飛虎隊圍捕落網 

どんなことなんだろう。フラングタイガーが突入・・・そうなると、ああ、SDUをいつ投入するのかみたいなはなしも、住民の避難劇みたいなのも、リアルにちょっと思い出せる人たちの娯楽映画なのかと思う。

 

香港の映画は本当に香港の人たちなら何倍も美味しい映画なのだろうなあ。

 

東網光影2017年12月31日の記事:持軍火準備食大茶飯  季炳雄03年落網


だってそれがあった場所でこの撮影する???

すごいなとおもって。

香港の人たちからすると、色々と思い出されたりすることがあるし、想像力が上がる。。。
トーさんは香港をあぶりだしてくれる。

 

懐古的なものでもあるけど・・・変わりゆく様子、環境、人の心、選択を、いろんなメタファーでみせてくれる。そして景色。香港の景色をこんなにしっかりみせてくれるのが、たまらなく好きなのですな・・・

 

榴弾も押収されたのか。いったいどんな賊王なんだろう。言葉がわからないしなあ・・・とおもっていたら、Yahoo!のブログで詳しく書いておられる方がいた・・・

すごくわかりやすかった。

 

リンク貼るのはやめておこう。

どんな強盗をしてきたのか、人に攻撃してきたのか。回数、逃げ方など、読んで映画のようだと思ってしまった。

 

しかしYahoo!ブログもこの年末までとか書いていて、なんだかもったえない。ジオシティーズといい面白いいろんな人たちが興味を持ったものが掘り起こした記録がとても財産に思えてならないのだ。。。

 

その人の内容をみていて、三賊という、稀代の賊王が3人いるのがわかりました@香港。

一人は、季炳雄(私が気に入った建物 八文樓で御用になった方。もうすぐ刑期が終わるようです。)

 

そしてあと二人は、葉繼歡、張子強 という名前のようなのだが、葉繼歡についても同じYahoo!のブログの方が細かく書いてくれていて、そちらの方の方がもっともっと映画みたいでびっくりのストーリーでした。

刑務所でガラス瓶の破片を自分で飲み込み体調がわるい演出をして、吐血として病院に運ばれ、病院から逃走することで脱獄。途中和尚さんにも変装しての逃走だそうです。

 

そしてその方がモデルの映画があるとかで・・・ん?樹大招風って映画があるの?

 

香港BSニュース2017年4月20日の記事:映画モデルにもなった凶悪香港マフィアが死亡

ん?トーさん?ジョニー・トー&ヤウ・ナイホイ製作。ん?とうさん!!!

そうかそうか。みて見たい映画だなあ。

 

『大樹は風を招く』 | 第17回「東京フィルメックス」

 

ニュース記事からの引用です。

 

逮捕の際ケネディタウンにて、またも警察との銃撃戦が勃発し、その時に脊椎を損傷したことにより車椅子での生活を送る一生となりました。その後刑務所内では静かな生活を送り、2003年に結婚、2010年には、「家族や社会に迷惑をかけた」と後悔の念を示す手紙を書き、発表していました。

2017年4月1日、肺がんが悪化し28年前に脱獄した時と同じ公立クイーン・メアリー病院に搬送され、昨日その一生を終えました。刑務所内でのおこないから、刑期の軽減も考慮されていたようで、早ければ2019年には出所する予定だったとのことです。

 

あ、張子強のことは、まだしらない。また掘ろう。ほんとうに、トーさんは沼。そして香港はとても気になる街。

 

他の映画のことも思い出したら書きたい。全部何かと思うことが出てくるのだ。

 

感じることが多すぎて・・・も一回見たり。もう、とても中毒性がある。それがトーさんの映画。

 

春休みはちょっと映画があまり見れなそう。。。子供中心だ。学校本当素晴らしいありがとう。今日は運動のデイさんにいってもらった。デイさんもありがとう。

その日だったの忘れておりました。

おかげで今日 黒社会 黒社会 以和為貴 を見れたのです。

 

ただデイさん、むすこさんずっと安全基地にいたらしい。

でも帰ってきて一応たのしかったのかきいたら、遊んだ!と言ってた。しばらくtake a look.