sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

映画:書によるタイトル

香港の映画の漢字のタイトルがすごい好きだなあ。。。

 

で、こんな記事があって、おもしろかったです。

 

港產片御用書法家 華戈 | 寫出超過70部電影名

 

www.youtube.com

 

 

最近だと一念無明(誰かための日々)がお仕事らしいです。

 

2017年の展示に合わせての記事だったみたいです。いまごろきがついたけど、なんかいいなあ。

 

 

漢字のタイトル見て、いいなとおもっていたのだ。

このスタイルを続けてほしいなあと思っていたのだ。フォントよりわたしにはぐっとくるのだ。

 

マキシムズパレスの看板もかっこいいなあ。

 

いい、いんすたぐらむある!


こんなお習字をしたいね。

気持ちを乗せて、書く。

 

 

ああ、ことばわかってよみたい。

 

https://theinitium.com/article/20170411-hongkong-calligraphers/

これ。特に。

これもよみたい。どなたかのブログだろうか。。。すごいおもしろい。言葉がしっかりわからないなりに拾ってもおもしろい。

かばんの写真がきになるから。仕事道具なのかな。可愛い袋だなあ。

道端の店?なのかな、とてもいいなあ。引き戸のロッカー。ふふ。

 

 

 

色々嗅ぎ回った結果・・・どうやら道で書を書く仕事をしてたそう。そこから、看板や映画のタイトルやとなっていったのがかっこいいなあ。腕一本。筆一本。

砵蘭街 をそのころぷらぷらしてみたかったなあ。人間観察楽しそう。

 

映画を見る時にこういうところもなんだろうと思いながら見ていきたいな。

 

周星馳さん愛のサイトにもありやした。

賭聖の字すきや。