sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

うま 80なにがし回目(たぶん80半ばすぎぐらい)

80なにがしかいとして、先日日記に書いた時からまた2回3回すぎたとおもいます。

 

ある回で、女の子たちとたくさんトランポリンであそんでから、帰る時にみんなが書いてる記録がひらきっぱになってて、一緒に遊んだ子が、きょうは(うちのこ)ちゃんとたくさん、あそべて楽しかった。

 

と書いてるのをみてしまった。泣いてしまった。

 

ちょうど記録を書くところに行く前に、セラピストさんが、すごくいっしょにあそべてるのがいいかんじだね。とおっしゃってたのだ。

 

あまりに安全面で困りごとがあったころ、私は結構そばについて、子供にくちだししていた。安全面はしょうがないねん。自由自治は安全面での信頼を勝ち取らないと、得られないものなんだよ。息子さん。

 

セラピストさんたちも忙しく誰も目が配れてない時を狙って悪いことをしたりするのだ。

どうして安全面で困りごとがあるのか。それは、やりたくないことをやらされるという心配でもがいている時期だったのかもしれない。

 

ときにはやってみたいけど、まだ気持ちが整ってないから。

 

ときにはいましたいことがあって、それじゃないから。

 

人がたくさんいて緊張が高まるから(にがてなのですね集団がおおきい。ひとがいっぱいいる=心地悪いのようなのがあり。安心できる人を探したり物を探す)

 

言葉で伝えず行動で伝える。斜面に台車を転がしたり。(単純に台車を転がすのが面白いって時もある)

言葉がすぐ出ない。

 

だいじょうぶやねんけど牧場は、強制が基本ない場所。

でも本人がそう認識できてないかったのかな。親からも変な空気がでてるしな。やってくれたらええのに的な。

あと安全面に不安があるから私のプレッシャーもあるしね。誰か怪我させたら困るからね。それが事故。 

 

そんな頃もあったけど、さいきんはなるだけほったらかせるようになってきた。

ちょっと言葉で自分の思いをつたえれるようになってきているので、悪さに手が出にくい。そしてつたえると尊重されたり、取引されたりするのだけど、そこのやりとりも柔軟になってきてる。

 

そして他人に興味を持ってきてる。面白そうな輪にははいりたいとおもう。

これが学校でもすごい出てきててそれを学校がさせてくれてるのがありがたい。ただし本人はみんなと同じ知性がないので、同じことを共有してるというより、面白い空気の中に自分がいる感じ。

すごいことでうれしいこと。でも誤解もされやすい。(いきなりすきすきいいな行動から出てしまうのでどうしても身体接触がでがち)

 

とりあえずはうちの子なりに順調に成長してて、人にいいイメージを持ててる感じです。しかしこれからがたぶん試練かなあ。

 

ある回は、まじめにちゃんとすることいっしょにやってた。

彼とは遊ぼうとして凍った氷を割る遊びとかいろいろさそってたんだけど、彼は真面目にやりたい。最後には叱られていた。彼に叱られるから、やる。みたいになってたのだけど、セラピストさんは、最近自分と馬っていうかんじがでてきてるので、自分の気持ちで馬と向き合うところを見たかった(セラピストさんが)けど、一緒にいる子にあわせて、そちらに注意がいって、その時間になったね。と言ってて、ああなるほどとおもった。

 

ある回は、いつもうちの子がとんでもなくてどうしようもない。あいつはいやだ。と言ってたことがある子と一緒だった。いつも申し訳ない気分がしていた。

私は申し訳ない気持ちでいたけど、実際一緒に久々にセッションしてみると、色々と彼は気がついてくれて、彼の引き馬で乗ってるとき、彼がうちの子の命をまもろうと緊張しながら馬をひいてくれてる様子にじんとした。うちの子は陽気に乗っていた。

 

セラピストさんはいう。

うちの子にはもっと気をつけてもらうように誘導、はじけすぎないように言って、
きちんと大人の期待に応えてしまうような子には、もっとはみ出せと言う。

全く逆でしょ???って言って笑ってた。

 

お互い足りてないというか、それをお互いみる時間のような、鏡の時間を覗き込むような・・・セラピストさんのその志が私は大好きだ。

いいなあ。。。

 

 

ヘルメットはいっとき頑張ってかぶせようと奮闘してもらったけど、けっきょくかぶらない。入力情報が多いからなのか、ちょっと我々を試してるのもあるのかとおもう。

 

安全を確保しながら、いろいろと試行錯誤してもらっている。

一番にいいのは牧場、なにしてもいい。のだ。

 

 

火のこと、木工工作、体の遊び、畑、いろいろとある。お絵かきもしたいっていったら、たぶん道具が色々出てくるだろう。

そこで自由に過ごしていいのだ。馬に乗らなくてもいい。いろんな物事と人の中でじぶんがその時すきなもの・その時きになる作業やらものごとを育めるスタイルなのだ。

猫や犬もいる。

 

いろんな子がいることで、そのあるものはだんだんともっとこれから広がっていくんだろうと思う。

 

 

 

もっと大きく自然な空間でそれができてもいいな。とおもう。そうおもうぐらい、今私の周りは自然というより人工的な空間だね。。。

 

息子に特に大変化はないようなきがする、息子の牧場ライフだけど、親が用意してみたい感じの雰囲気はある。

 

馬じゃなくてもいい、何かしらこういう場所にどーんといれるようにしたいなあ日々。

そうすると、そのうち、なんか自分でやりたいってのがでてくるきがするのだ。