sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

功夫/情聖

周星馳さんの功夫をみた。

初めて見た。

 

世間が周星馳さんの作品はすごいよ!さわいでいるとき、あまり知らない私。
でもたぶんそれにあやかって、夜にやってた映画とかみてるのだろう。食神はだいぶんと前に見て面白かった記憶がある。

 

ちょっとまたみたいなあ。食神。となったけど見当たらず、配信のでみれる周星馳の映画を見たらハマってしまった。いま、私はすごく盛り上がっています。

 

最近は功夫をみました。

 

功夫これは、たぶん中華文化圏の人たちならもっともっと笑えるのだろうと思います。下敷きについて知っていると余計に面白みが増すのだなあとおもいました。

 

自分が一番ピンと来ていなかったのが、どうして、最強になっちゃうのか。無敵なボディが手に入っちゃうのか。なのですが、

ここは後でちょっと勉強して、そうなのかあーって納得したところがあるのです。

 

無敵になる前に、色々と痛い思いをしました。

それによって、回復力がすごく上がって常人離れした能力が身につくあたりについては、武侠小説のなかではあるあるのことのようなのです。

 

こういった認識があると余計に笑えたり納得してストーリーが自分の中に入ってくるのかなという面白みがある映画におもえました。

 

見終わったあと、こちらのサイト(作ってくださった方は何者なんだろう。感謝)で、勉強をさせてもらいました。

 


そして、古本でカンフーハッスル インサイダーを買いました。↑上のサイトで読んで知ったので。

 

本を読んでいて、周星馳さんの、すきなものごとへのリスペクトが詰まっている映画なのが、よくわかりました。楽しく読めました。

 

音の波動でやっつけるとかも、武侠あるあるのようです。

購入した本とは関係なく知った情報なのですが、琴の音をつけるためにアメリカのソニー・ピクチャーズが用意してくれたところで、アメリカのエンジニアと音を作った話もおもしろかったです(DVDの付録で、周星馳さんや出演者が会話しながら映画を見てるものを見てて知りました)

武侠あるあるみたいなのを、知らない人たちだからいい音が付けれる仕事できたみたいなことを振り返っていたのは印象的でした。

 

武侠あるあるをしらずにみても、こんなにきになってる?ってことはここから武侠の世界へ誘われるきっかけなのでしょうーパチパチ。

 

いろんなたのしいものを知れる!!!

 

 

 

 

最近、情聖も、みたのですが、これは買い物できなかったので、動画がアップロードしてるので日本語がわからないまんまみました。

 

これは詐欺師の話で、途中までおたがいにターゲットとやりとりしてると思って、詐欺師と詐欺師がばかしあいをあれこれ奮闘している。
しかし、蓋をあけたら、詐欺師どおしがばかしあいをしてて、本当のターゲットは不在。金づるは不在。と全員気がつく。
そこから詐欺師全員でどうやって、お金を騙し取るのか協力する話です。どの人も貧乏です。

ヒロインの、ど天然設定がすぎて、そこはついてけない底抜けなあかるさ馬鹿さがあるのですが、多分彼女のこういう様子を楽しみにしている人たちがいるのかな?と想像してみました。


つじつまの合いかたが、最後まで、面白い脚本だったとおもいます。最後の最後もつじつま合わせの笑いがありました。途中下品だと思ってたシーンは、ここにつながるのかあ!と。

何かと汚いのが出てくる経験の多い周さんの作品。
地べたにおくものがふつうに台に載っていたり、大きい便小さい便がらみとか・・・なんでなんだろかねえ。そこはまりとらわれないように見ることがおおい。

ながす。ね、ネタだけに流そう。じゃああああっと。 

しかし功夫も情聖もその小さい便については話の中でのオチやら強烈な動機とかかわるのでなあ。

広東語の罵り言葉にもやたら大きい便小さい便がでてくる。その文化はなんだろう。あとは性的な罵り言葉もおおい。。。知らぬが仏。いわれててもしらんかったらねースルーできるさ。。。

 

情聖の中で、急にシリアスになるシーンがありました。

f:id:snoopyoko:20190226105701p:plain

f:id:snoopyoko:20190226105754p:plain

f:id:snoopyoko:20190226105756p:plain

こういうのも武侠のものなのだろうなあ。(ここだけ急にドラマが変わったのごとくのシリアスでした。なんか好きなシーンです)

ので知っているとよけいにわらけちゃうのだろうね。

 

主人公が天涯孤独だったからねえ、そこもちょっと思ったかな。ドヤってたくましく行きていくかという・・・

座頭市のフリのシーンは面白かったです。(いまならうるさいのかなあおふざけだぞって。)演技がうまかった。芸達者やほんまに。北島マヤや、ほんまに周星馳さんは。

 

功夫好きなシーンはこれ。

f:id:snoopyoko:20190226110949j:plain

奇華餅家🤣    豚小屋砦店(猪籠城寨店)スポンサーさんだったのかな。

スケスケパンツのなよなよチウチーリンさん。洪家鉄線拳!いろんな私の好きが詰まってる場面です。(ほかにもおもしろいとおもった、すきとおもったのはいっぱいあるけど)

棒術のトンジーホワさんは圧巻でした。素晴らしすぎて!!!

 

 

武侠の小説を少しずつ読んでみたいと思います。図書館で予約しましたー