sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

ことしがおわる

なにかをがんばりたい と思ってるまま今年が終わる

だいたい大人になる前ぐらいからずっとそう思ってずっとなにもがんばらないまんまにきているのだが・・・

特に見つけてないまんまなんだね。

 

 

夫には 今はもう全力で子育て頑張ってそれ以外はしなくていいと思うと声をよくかけられる。

それ以外のことなんて大したことではないと僕は思うが。とのこと。

 

 

何かを頑張るは自分のためのことみたいなイメージでもあるから、そう言われるとスッキリしない。

 

とはいえ、子供のことはこれまでの何よりもコミットしているし投げ出すことは、健康な限りはないと思われるので・・・

 

 

四六時中べったりいるのではないのだが、いろいろと思い巡らせ心砕いているので、いまそれしかない感覚で生きてるなと実感する。

だな。と

 

 

これを西洋の人がうけとめると、あなたそれはだめよというのだろうなあ。。。

 

自由ではないだろうか。

 

自己犠牲とかそういう感じとはまた別の・・・うまく言えないけど、そこは人それぞれ自由に選べたらいいね。

 

いろんなサービスを利用し、自分の時間を確保する選択もあったらいいなとおもう。

 

といっても、子育てに自分がかける時間が多くて、自分の時間がままなってないことを自己犠牲とか、しょうがないからとか諦める視点でなく、ある種、楽しんで子育てしてる人もいると思うので、そこにすら、自由があればいいのような・・・

 

 

私もたまに働きたくなったりする。

仕事してる友達とかがかっこいく見えたりするし・・・

頑張って遊んでいるのがとても素敵に見える。遊びにも行きたくもなる。

 

確かに、お金も余裕がなくなるし、時間もむすこにあわせるとない。

かわいそうに、息子のせいで自分の輝く時間がないのだからみたいにいわれたら、そうかもしれない。

 

でもなんか、それがしたくもあるしなあ。

息子の成長を一緒に過ごすのは、いましかないのだろうしな・・・

今のいろんなしたいことの中でどうしてもなにかを、選ばないとならんだけにすぎないのような・・・

 

なんとなく、おおいに自分の時間確保すべきという人に、自分の状況を話すときはすごい用心してしまう。

勝手に決めつけられてしまうような感じがあるからだ・・・

自己犠牲とかそういうふうに。

 

確かに自分の時間があるのは大事だし望ましい。でもなんだろうなあ、そこまで思ってないねんな自己犠牲したとか・・・

 

すきにしたらええけど、こちらのことを、かってに想像でいわれたくはないのだ。

みんなおんなじではないのだからにして・・・

誰にも決められたくない。

自分のことは自分で決める(あ、映画のフレディみたいだね)がしたいのだ。

 

私ははそっちのこと非難してないし喧嘩する気もないし、そっちの方が優れていて自分はダメだと思ってないのに・・・勝手に溝を作られるみたいな気持ちがして萎える。

(ああ、分断が産業になるというのは本当だなとあらゆる時に思う)

 

 

そういう人が主張してくれるおかげで、私も自分の時間がもてたりするような制度ができて、恩恵にあずかってるんやが。

わたしも、まあ適当にやるんやほんま。こばんざめみたいにやってこ。

 

 

結局毎日のことに追われ、ことしはなにかがんばってないねえ、自分のインナーワールドのためのこと。

私は頑張ってないのでそう変わってないけど、子供は変化していった実感がおおくて、今年は幸せな思いをもらった年だった。

いつもそうはいかず悩みの中に佇む年もあるだろうけど、今年のこの実感をわすれないようにしたい。

 

 

らいねんはどうなるかしら。。。