sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

うま 74〜79

牧場、ぼちぼち行っている。牧場が忙しいので、11月、12月は月2回までの参加でと、要請された。

 

牧場に毎週のように梅雨ぐらいまでは行っていたけど、夏の間は牧場はキャンプメインでそこはまだ年齢が足らず参加できないこともあり、最近は牧場に行かない週も増えてきた。

 

牧場が大人気で、人がたくさんになってきて、情報量が増えているのもあり、息子が自分の中に取り込みにくい、入りにくい状況も増えていった。

 

商売繁盛はいいことだからね〜

 

いきはじめのころ、ゆったりしてた感じだったのだけど、この1年の間に、そのゆったりさはなくなってしまったかんじ・・・

夫もそんな雑談を私に始めたので、ああ思いが一緒なんだと、共感してしまいました。

 

 

どっちかというとあのゆったりしていた頃がお好みの我が家。

それって、繁盛してないことだから、うちはほんと、あまりいいお客さんではないなあと深く痛感します。

 

 

今は うわすべりに、効能が到達中にしないまんまに時間をわっわっと過ごしていく感じがしていて、(夫も私もそう感じていた)でも、マインドだったりいく場所としてはいい感じだしなあ。(夫も私もそう感じていた)我々あまり気が合わないのだけど、ここに関しては珍しく一致だね。と話しました。

 

 

さてそんなこともいいながら

やっぱり人が集まるのも理解できます。学びのスタイルとして、牧場のスタイルのような場所があまり世の中に見当たらないのです。

どんなトピックもそういう出会い方深め方ができたら、幸せではないだろうか。と思うのですね。

 

 

久々にトランポリンがまた復活しています。

 

 

75回目に、たまたま動作法に行った帰りにいったら、体の動きがちょっとちがっていたようにセラピストさんが思って、なんか今日違うというので午前中に動作法に行ってからきたの話ししたら、それはきのせいじゃないのかも!それおもしろい。と大反応してはりました。

 

だいぶ体を開いてもらった、動作法の先生に。しかもそのあと、感覚統合室で大暴れしてからの牧場だったので。

とってもいい感じに体がレディだったのとおもいます。と話しました。

 

 

ぼちぼちとすごすけど、だんだん牧場のスタッフとも絡まなくなってきました。みなさんいそがしいしね。自分で発信アピールするのは少ないほうだから、まあ人と関わらない。

でも遊びたいから、親に声がかかる。

で親と遊ぶかんじですね、場所を借りて。

 

78回目に、声かけも全くないまんま終わりの時間が来てたので、私はセラピストさんに苦言を呈しました。

本人が気が向かわないのも大前提であるけど、ここにきた、ここにいる、だからできることなにかあるのだというのも、働き掛けて欲しいんだと。

お金も発生してるわけですしね・・・彼らは仕事ではあるので・・・

 

 

牧場が忙しくなってからだんだんと思ってたことだったのですが、、、

 

これはあかん。と思った日だったので、自然と言えました。

忙しいと、まあこないなるよね。という理解の心も持ってるけど、ほっとくのはあかん。

 

 

79回目は、意識してはたらきかけてくれました。私自身は、こころひとつなのだとおもいました。よりよくなるための苦言。苦言は辛いけど、いい関係を作るためには頑張ってしていかなくてはならない。対話を。

 

 

本人はぼちぼちですが、79回目はいいかんじではなかったかなとおもいます。

 

カービィのアップデート3弾目してからはじめての牧場。カービィのゲームが解決してなくて、まだ囚われてるので、そのアピールもすごかったんですがね。牧場にスイッチを持ち込んだりしてました。

 

 

ですがそんななか、馬に触れることもあったし、体もよく動かしたし、良かったような気がします。

 

 

体のいろんな場所を使う機会は親の私が今まだあげたいところだから、ぼちぼちいけたらいいね。