sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

ことば ver.7.08. エコラリア

エコラリア

https://ja.wikipedia.org/wiki/反響言語

 

ウィキぺディアより引用

 

例えば、母親から「晩御飯に何を食べたい?」と訊かれた子が「晩御飯に何を食べたい?」と鸚鵡返しに答えることを即時性反響言語(即時エコラリア)という[5]。これに対し、自閉症の児童がテレビCMの気に入ったフレーズや親からの叱責の言葉などを、時間が経ってからも状況に関わらず繰り返し話すことを遅延性反響言語(遅延エコラリア)という。後者には、肯定的な気持ちを表したり、自らの行動を制御するなど7種類の類型がある[6]。D.M.Ricksの研究によれば、3~5歳の自閉症児は録音された自らの発声のみを模倣し、大人や他の自閉症児の発声は無視する傾向がある[7]精神科医レオ・カナーは、「周囲からは意味不明に思える言語仕様であっても、本人にとってはその言葉を覚えたときの特定の事物や場面と結びついており、聴き手がその個人的な体験にたどりつければ、なぜその言葉を選ぶのか理解することができる」と述べている[8]

 

 

あーうー とか 表情とか 癇癪でいろいろと自己表現していたのが小さい頃としたら、今は知ってるフレーズで今の自分の気持ちを表したり、今の状況を表したりする感じで、以前よりコミュニケーションが取りやすくなった。

 

まあ、まともな人が遭遇したら、え?これって変な伝え方じゃない??ということになるだろう。

まともな伝え方をするように修正するには???という風に自分たちの生き方に当てはめてから物を見るのがふつうだろう。

 

しかしながらおかあさん、小さい頃の子育ての時とガラリと視点がかわってきていて、この子の感性をこういう人だとしってもらう努力、受け流してくれる人たちを増やすキャンペーンも、本人が世の中の勉強をして外向きの自分の行いをみんなに合わそうとする機会を作るのと同時にしていこうとおもってきた。

 (息子が世の中に合わせるを主軸にすると、息子さんは修羅の道。こわれてしまうから、お互いを学習するぐらいの気持ちで社会であれたらが理想)

 

学校の生活で、へんてこぶりは散見するけど、先生たちは、奇妙だなと思いつつも、受け流し、ありのまんまを叱らない。教えるはするけど・・・に見える。

 

さて、どんなときにエコラリア?

 

夜になって暗くなると・・・

めいわくながられぼし と言ったり

おそらはもうまっくら と言ったり

これらは、のんたんのアニメで覚えた。流れ星の話はすごい気に入ってる。おそとはもうまっくらは暗い中かえるとおばけがでるかも・・・みたいな始まりをするお話があった。

 

風邪を引いた時・・・

ぼく おかぜひいた と言って、お布団に入りその時、おでこにタオルを乗せる。のんたんで風邪引く話があってそれもよくみている。

 

 

今欲しいたまごのおもちゃについて思う時・・・

だったらいいなだったらいいな、もしもたまごがかえったら!という。

これものんたんの、アニメ。

 

けむしや、あおむしをみつけたとき

ひかるちゃん!!!!という。

これものんたんのアニメで、ひかるちゃんというイモムシさんを恋人にたぬきくんがしていて、ひかるちゃんは最後、ちょうちょになってとんでいく、たぬきくんの恋が終わる。

 

トイレに行きたい時

がまんできない!という。

これものんたんで出てきた、たべすぎてといれががまんできなくなるけど順番を守って待つはなし。みんなといれにいきたい、みんながまんできないみたいなおはなしでおぼえた。

💩に行きたい時

おならのぷーすけ!とさけぶ。

これものんたんにおならのぷーすけってはなしがあった。誰がおならしたの?にしたブタくんが「ぼくじゃないよ、おならのぷーすけだよ!」って言い張る話。 ブタくんとおならのプースケって仲良いよねえって終わる。

わたしがおならしたときも おならのぷーすけという。

 

ぷーるにいきたいとき・・・

ぷかぷかすーいすい!という。

のんたんにあった、みんなでプールに行く話。

 

お風呂でみずてっぽうで遊びたい時・・・

ぴゅぴゅぴゅみずてっぽう!という。

えーとこれものんたんのなかでみんなでみずてっぽうで遊びまくる、ソンクラーンみたいな話があるのです。 最後にはくじらが潮を吹いてみんながびしゃびしゃになるけどすっごいおおはしゃぎ。(だいぶわたしもすきになってきたのんたん)

 

 

最近どんぐりをさがしている。その表面の殻をむき、中のみをむき、その中の固いものをとりだすのがすきで、ハサミやら色々で工夫してだす。元々は手でそれができることを、馬のところのセラピストさんが見せてくれてそれがすごい楽しい感覚遊びだったみたい。

そしてそのタネを取り出すと、ふしぎなたね!という。

のんたんたちがタネを植える話がすきで、ふしぎなたねってはなしなのだけどそれぞれ、果物ができたりお花が咲くのです。
のんたんのタネはおしゃべりができて、願いを3つ叶えてくれる花。ねぼけてるときにそのお花は、3つお願いを聞いてあげるよという。でも、のんたんは、1.もうちょっとねかして。2.うるさいなだまっててよ!3.さっきからうるさいからどっかいって!で3つの願いを叶えたお花は消えてしまう。
寝ぼけていて知らないのんたん、のんたんだけタネから何も生えなかったねって、みんながなる話。

 

 

 

しかししかしのんたんの世界。とても平和。

 

かぜがふいたときにものんたんのフレーズでお気に入りを言っている(風が吹いてきたなんたらとか)

それから、お日様の光を感じたら「おひさまこんにちわ!くもさん!こんにちわ。なんたらかんたらきもちいいー」と言ってた。これものんたん。

 

のんたんみてばっかやねん最近。しかしのんたんスピードラニングと名付けて見守っておる。

こんな感じでのんたんエコラリアでじぶんのことをせつめいしている。

 

 

訓練中ものんたんのフレーズが連発されていて、それは状況を説明してる時の場合出なくて、おしゃべりしてあそんでる(かわってるよな^^;まあ集中してやる気がないんだってことですよねウフ。)場合もあるけどな・・・

 

 

でもまあ、おみみに前より音がすっと届くようになってきているのだ。

 

まだ さしすせそが たちつてとに なってるらしいが・・・

かきくけこは はひふへほ とか

 

ふつ(靴らしい)

とかね。 だからエコラリアもこまるんだけど、のんたん見過ぎもこまるんだけど、何回も聞いて真似してたくさん発音が増えていってるのはありがたい。

 

 

今は妖怪ウォッチシャドウサイドにきがついたのだけど、それを説明する時に毎回、

 

えいがようかいうぉっちしゃどうさいどもえのすざくー!

 

って毎回いうのがわらえる。発音はままなっとらんけど・・・

 

 

熱意からしか発展がないのが、だれもがそうなのかもしれんが、うちの子だ。従順な子の場合、熱意以外にやるように指示されたことでも発展するのがすごいね。

(それが本人の幸せかはちょっとおいておいて。定型の子たちの子供時代の伸びていく姿はそれはそれは勢いがあって、おばさんからすると驚愕の風景。)