sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

久々おとあそび

おとあそびのせんせい いける月は一回いくかんじにしている。

 

 

音楽会の楽器どれも拒否@学校。

 

しかし、、、
うちの子音楽きらいともかぎらず・・・

 

まだまだあそびたいあそびたい(おもちゃとか、からだをつかってとか)が優先で、何か文化的なものを楽しむというかんじではないし。。。

 

母子分離でせんせいとすごす@おとあそび。

 

せんせいとは息子がやるごっこあそびから展開していくかんじで、先生がそれに合わせてBGMのようにいろんな楽器で音をかぶせる。サントラできるかんじ。

とちゅうむすこにもがっきでおとをだすしちゅえーしょんをつくってくれてた? ような。。。

 

きのうは、バスが事故に遭うあそびなど。

壮大だった。

豚が病院に運ばれるとか。いろんな音と音楽が鳴って先生が話に応えていく、彼は自分本位の創作がつづくかんじ。

 

音楽しているといえないかもしれないけど

わたしは、音にいいイメージを持って欲しいから、先生との時間は大事。

 

 

おどったり、うたったり、じぶんなりにはしている。

 

一年生の時うちの子の歌声がちょっとって話になった。そうね歌声も高低が統合できてないわ、音も正確でないわ(話し言葉も何いってるのかわからない)

 

 

そうね。見せるとなるとそうだね。

 

 

そこはそれ。

それが領分の人たちのスポットの日だろうし・・・

 

 

ただわたしは音を好きでいて欲しいね。

 

私は音楽や音がすきだからのおしつけだけど。

世の中の価値観にあわせなくていいから、音って楽しい魔法みたいなものってかんじてくれたらうれしいな。

先生から湧いてくるメロディは面白い。

 

ドアの外で聴いていてたのし。