sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

海水温? 知らないことの意識

台風がまたきた。今回のコースは、我が家はあまり影響がなかったのだけどいつも他人事とは思えない。

どこをとおるかだけなのだもの。とおるところの右っ側だったら、自分の番だし、おんなじこと。

 

20号の時とっても怖くて、ガラスが割れるかと思った。明るくなったら、家のベランダにたくさんの木の枝や葉っぱが落ちていた。 

 

ツイッターなどに自分の状況をあげてくれてる人ありがとうと思う。

学ぶ材料がいっぱいだもの。

うちは雨戸のない建物。

 

 

私の今年の記憶だと、スーパーに怖い台風だったのは  山竹、そのあとは21号、そして今回の24号。(我が家個人的には、20号がこわかったのです。位置的に)

 

ニュースで、濡れた雑巾一枚でも、強風で窓ガラスにぶつかったら窓ガラスが割れるので、本当に屋外に置いてるものを必ずおうちに片付けてください。

と言ってた。今年知ったフレーズだ。

 

毎回毎回、屋外のものを室内へ。は、喚起してもらっているけど、うわべだけが自分に到達してて、いうことを聞いてしまう性格で怖がりな自分は、全部しまう。すべてしまってきた。でも意味はよく分かって来なかった。

むしろ、毎回なんか大げさだったなと思っていた。出してても大丈夫なのにしまってしまう自分。よくわからないからとりあえずしまっておこうみたいな自分。

 

なんでしまうのか?

その意味がはっきりわかったのが、今年の台風でいろんな方々がSNSを通して知らせてくれている動画などを見たからだとおもいました。

 

そのぐらいのんきだった。

 

 

 

台風でいろんな怖い思いをした方々は明日は自分だと思った。

事前に、大まかにどこを通るかわかったとして、細かくはどこを通るのかわからないし・・・それは当日や間近になってこないとわからないようなきがする。

 

嵐の通る道の時、ダメージから逃げるのは無理だし・・・

 

前回の台風の後おそうじをしていたらペットボトルとかも飛んできていた。

ペットボトルもどこかに直撃したらえらいことだ。

 

 

台風が来る時はやっぱりニュースで言ってくれてることをやろう。。。ちょっと無駄でもいい。と思った。

 

 

しかし今年はなぜこんなに大きな感じ、猛威な感じにおもうのだろう。

海水温?

その話をよく気象予報士さんがいう。

 

今年はすごく暑かったけど、水は冷たいので熱が伝わるのに時間がかかる。
今、この夏の暑さが海水温に作用してるようなことを、気象予報士さんが言っていた。

我々はそろそろ過ごしやすくなったなあっておもってるけど、今海の温度は夏の暑いがつたわって、海水温が上がっている。

海水温が上がっているから、台風が育つ。のところ?

 

そんな知識を感じる台風の大きさやら活動の様子でした。生まれて今までの中で一番、台風のことを意識する今年です。。。

 

またスーパーコンピューターが台風が来るよと教えてくれている。

テレビの予報士さんの話と、情報を掛け算して聞くと道理がわかりやすい。字を読むだけだとわからない自分なのでした。

 

さっき、24号が海水をかき混ぜ、ちょっとは温度が下がっただろうみたいなはなしもでていた。自然は困ってない。道理があって関わりがあって・・・変化していく。

困ってるのは人間たち。か・・・ほう

 

海水温のはなしだったら、やっぱり、沖縄とか台湾とか香港とか台風が来るところの人たちの経験とか、準備を参考にしていくことがこれからはいいのかもしれないね・・・

 

地球があったかくなっていて、じぶんちのまわりも、自分が行きたい地域に近いことが気象的に起こるかんじ。

でも、じぶんちのまわりに、ちゃーちゃんてぃんも、やむちゃもないし、じーろーふぁんもないし、珊瑚礁の海もない。ふ。