sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

訓練色々/学校の様子

訓練、先生に思ってることバーン!って言ってギクシャクして、その後数回。結構今軌道に乗ってるみたいです。

よかった。

 

STの先生。若いお姉さん。@睡眠外来の病院。(2−3ヶ月に1)

思ったこと先生に言って バチバチとなった時の記録がこれ。

いうこと言えてよかった。ずっとおもってたもの。彼女も言いたいこと言って来た。

やっぱり前進するための喧嘩というか、意見はいうてもいいなとおもった。

 

実はこれ以降苦言があまりないけど、あまり私も期待せず、ただ通ってるだけの状態でした。私の言ってること褒められるようなことではないし・・・

しかし先生は色々と奮闘してくれていたようで、最近せんせいのしたいことでやってくれてることは

  • 絵の状況を見てお話しする 何かしている動作の絵を見て話す。
    うちのこならジュースを飲んでる人の絵を見ても、 じゅーす のむ ぐらいの単語しか出ないので、もう少し掘り下げる会話。
    ボールを投げてる人とか、そういう絵を見て話す。
  • フラッシュカード 結構名詞の名前覚えてるらしい。やぎのしゃしんをみたら うし!と言ったりもしてるらしいけど、動物範囲だったのでなるほどとおもった。
  • 2音の音聞き取り 文字合わせ

先生の勉強への誘い、導入は パズル のようです。
なるほどのすけ。

先生に対して息子はフレンドシップがある感じです。ありがとう。先生とはバチバチとしたけど、ちゃんと仕事としてサポートをしてくれていて、頭を下げお礼が言いたい。ありがとうございます。

 

OTのせんせい@睡眠外来の病院(1−2ヶ月に1)

とりあえずは お箸持ちの訓練中だね まだ家ではしないように言われてます。結構食らいついてるよ息子さん。訓練ない日もホワイトボードに先生の写真を貼ってるから何か知らんが行く気はある。

結構厳しいねんけどな。タイムアウトしまくりの時期が懐かしい。

親への宿題は③点持ち。ずっとこれやーもう2年これやで。

 

OTのせんせい@大学病院(2か月に1あるかな?)

まだ3かいとかかな。どうもむすこは、楽しくないらしく、机の上に立ったり、作業の用具を全部投げたり、口にわざと入れたり、ありとあらゆるやりかたで離脱表明中。

まあ、なんか空気が嫌なんだろうね。わかるわかる。ちょっとまだ静観しとこう。

 

STのせんせい@訓練併設のデイサービスさん(月2)

去年お世話になったせんせいがやめてしまわれたので、動く訓練が終わった突然に。

計14回ぐらいかな。
ちょっと残念だと思いきや、真逆の座学の先生が来たんだけど、よかったすごい。

すごく短時間で先生と打ち解けたんだな。せんせい、いつも最初マットで圧迫うんどうとかしながら、きょうがっこうどうやったー?給食食べた? とか言ってる。
食べた!って答えたりしてるね。気がつくフレーズには応答している。

なんかそのまったりしたのとこからはじまって、座学 また揺れ活動(揺れ活動をすることによって次に勉強や作業が捗るらしいのだ。私もよくわからんが昔読んだ、療法士さんの本とテンプルさんの本にそう書いてあった、具体的な揺れ数と速さとかも書いてあった。なんかしらんがサイエンスー)揺れ活動からの座学。が定番コース。

また座学でのhearling pointingが復活しています。

 

 

こういうところの様子を日々に生かす情報として学校にドロップするをして来たつもりだけど、なかなか反映しにくくて、学校において、個別学習は、息子についてはなんだかずっと、はさみ切りと点結び書くしかしてないまんま2年生の3ヶ月過ぎた。

 

先生が変わり去年の先生がやってた続きもなさそうで、ああ、一人のマンパワーですすんでたのかときがつかされた。

引き継がれないのがなんか不思議ではあったけど・・・

 

ちょっと出しゃばりなのか悩んだけど、先生どうしてあげていいのか困ってはるかもしれないと思い直した。

夏休みの研修に先生と親子で応募したいのも話したけど忙しすぎて実現しなかったし、このまんまだとたぶん、決め手になることがないなあ。

 

お母さんで課題学習に国語と算数を混ぜたのをセットして作ってやってもらおうと決めて、懇談会ではなしたら、ぜひやりたいと言われて、安心。

 

今月からできる日は5課題をセットして持っていくようにしたら、親の意向ということでせんせいもつかってくれておりまして、安心。

そして1個は必ず先生にお投げして任せております。残り4つを家でせっせ編成する感じです。

 

家でがんばらせるのは苦戦するタイプ。

彼にとって家は休む場所、気兼ねなく自分らしく入れる場所。

デイサービスも同様。親ができない遊びをするところにたまにいってもらう感じです。それにちょっと社会性、擬似友達が入る感じ。

 

学校はちょっと頑張る場所。社会生活とお勉強でござんす。

そうね教育を受ける権利があるのが義務教育ってとこね。

 

家で私が勉強させるようになったらきっと彼は持たないだろうし学校でもっと、離脱表現をふやしてくるかもしれないなとおもって、先生に憎まれ役を押し付けているのでした。母さん。

 

ひきうけてくれてありがとう。 

 

9がつになってからまた行事も多い中課題がちょっと乗らない日も出てくるかもしれないけど、ぼちぼちやってほしいですね。

 

課題以外は、交流のいける授業(体育、音楽(辛いねんな音楽たぶん)、図工 いずれも短時間の場合が多い)と、支援級の音楽体育図工。あとは遊び満載 というかんじで日々やっとるかんじですね。

飼育小屋によくいくみたいです。

帰りに うさぎげんき?ときいたら 人参食べた といわれたので 一緒に行こうかって小屋に行くと確かに人参がおいてあったり・・・

ほう。日によって餌が違ってるので、まあ多分見たんやなってわかる。

 

今うさぎはあついのでながぼそーくなって冷たい地面にお腹をベターっとひっつけてるように見えます。うちの子はいつも

 

おーい おきてー といいます。

 

めっちゃあついっちゅうに。無理。