sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

音楽すき?きらい?

息子さん音楽すき?きらい?きめれません。

皆と演奏?する気なそう。
音楽の授業の日は拒絶の世界観があるのだろう・・・服がドロドロ油まみれ。ねころがるんでしょね。あぶらびきの床の油まみれ。

 

お迎え時、泥だらけの息子さんを見て、

 


ああ、今日音楽ありましたか?(ワシ)

 

そうですね。。。しんどそうでした。(先生)

 

 

音がいっぱいなのはしんどいと思う。あとは合わせるとかみんなとともにもしんどいのかもなあ。

 

でもつれていってあげてください。

え?それは虐待みたいじゃない???私も悩む。

 

そう先生の反応はそのあたりだとおもうの。

それね、わかります。

 

でもやっぱりすごく反応がでかい人たち(息子さんたちタイプの方々)だから、たじろぐけど、ある程度はそんな反応をしていてもみんなのなかにいたらええのかな、どうしても身の回りには苦手が溢れてるしその中に好きもちょこちょこあるし、しょうがないのかとおもってきたそだてていて。

0か100かとかでないくて。。。のよな。難しい表現するの。

 

いつもお世話になる小児科の先生(3月でお別れしたからなー残念)彼は、それでも彼は連れて行ってあげる子だと言います。たのしそうにしてなくても、いれる形で全く別のことしていても安全確保していさせてあげてほしいね。といいます。

わたしはすごく躊躇もあるから、ここまでなってもみんなといるのか?とか、そこで会話を彼と重ねてきたけど、彼はブレない。

いろんな子を何年も何十年も見てきて思ったこと、結局それを跳ね返す力を彼らは持ってるのだということ。

この子は自分で取り入れて行くから、その場を作ることが大事。

すんなり従わなかったり、居心地悪そうにしていても、その中で育つ事柄がある。それが彼には大事。だから学校に頑張って伝えるのだよ。と先生に言われてきました。

 

このこと学校にはわかってもらえません。ああそうだろうなあ。 

このキャンペーンを続け続けております。どんな母さんやと思われるやろな。

ほんにんがつらそうだもんね。

おかんの意見に共感なんかせえへんな。(そこが壁だけどある意味ありがたいかもしれん。ソフトやんね、子供に)
しんどそうなことは、むしろなかったらええねんかわいそうみたいになって、なんか機会がどんどんへるだけ。そこと隣り合わせなので・・・実に葛藤。

運動会もなしでええやんとか、そんなふになっていくんだろかなあ。 

運動会もなんか変な幻想だからわたしはちっともすきくないけど、すきなひとはやりたいだろし、そんだけというか・・・

好きなことをする時間を確保して、まあちゃうこともやってたりでええのか日常。ぐらいの感性で日々臨めばーーーとおもうわたしです。

自分が自分でいいというところさえ見失わなければー、多少自分でないことしてるのもええのかなあ。と。

 

 

さて、音が嫌いとは思わないのですね。かあさんは。

歌を歌うときも家ではあり・・・踊るときもあり・・・

そして聞いていることもあります。

 

すきなときに好きなことをするレベルでもいいのです。

決めつけれない彼のこと。

 

そんな彼が今ハマってるのはヨッシーのなんかしらんがこのバウンスした音世界。

しょっちゅう聞いてますな。

 


ヨッシーの声!

はっ

あわわわわわわ

 

 


 

あとはピングーをつかってなんかかっこいい音楽作ってる人のやつもめっちゃみてはるな・・・

 

音楽嫌いでなそうな気がするんだなー。

どっかでつなげたいわ。音楽おもろいよってこと。

 

 

学校ではあぶらだらけでもどってくるだろけどね。連れて行ってください。それでも。

所詮何かから影響があるものだから人って。場があるのが一番さ。

 

おとあそびのセンセのところも、月一ぐらいのペースで行ってるまんまです。

何も爆発はしてないけど、彼女の音のシャワーはなんかいい。いろんな国の音楽が混じってるいろんなジャンルの音楽が混じってる。
彼女にそれを褒めた時にいわれたことばがつきささる。

 

私は音が湧き出てしょうがないアーチストタイプじゃないので、いろんなものを吸収し続けることで音楽を楽しめています。息子ちゃんもそうかな。

 

体の中にはいっぱい入ってきて流れてる気はするけど、頑張らないと外には出ない。だから、あんまり演奏しまくらない人と反りが合うのかも〜 

 

音が溢れてきてしまう人だと思ってたので・・・

彼女がかっこいいと心底思った。頑張って出てきてる音は実に面白いけど私には。

音のシャワーを浴びてくんさいね。むすこさん。