sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

もめる(いわゆるパニる)それは、もがいてるのね。

最近こうしたい!となるとすごく揉めるようになりました。

わーん!と泣いて、訴えてくるし・・・

それはできない理由を言葉で説明しても、聞き取れる言葉が理解につながらず、よけいもめるというのか・・・

 

同時にそれを絵に起こしたりすると、そうかとなっとくしてくれたりがあります。

 

わかるように説明できてないせいで、わからないとか、自分本位って言うわけでないのか。とおもいます。

ので

 

わかるように説明できてないときはあやまるようにしています。

 

 

先日、放課後行きたくない喘息の主治医のところに行くとき。

 

朝、事前予告をホワイトボードでして置いたら違うカードに置き換えてはったのですが、
いまぜえぜえしんどいし、ごほごほするし、はなもずるずる。だからお医者さんに薬もらいます。と説明。

 

いやだいやだ。

ホワイトボードに改めて、絵に描いて説明。たまたま先生は眼鏡をかけてるので描いた絵がカメックみたいになってしまい、あら、せんせいカメックに似てるね。っていったら

大爆笑されました。

 

いやだいやだだけどまあいいか。で絵はそのまんまになりました。

そのまんま学校に行って放課後、迎えに行ったら足は家と反対方向の駅に向かっていました。

朝の説明わかってるな。と思いました。

 

電車で行きます。病院。少し遠い。今は近くの病院ってのがないのです。我が家。辺鄙な場所なんですね。

 

電車で途中海水浴場がある駅を通ります。

見た瞬間、うみ!うみいく!と大騒ぎ、電車の中でのたうちまわっている。皆さんの呆れ顔、焦る母さん。

みえたらあかんかー・・・

絵に描く、1びょういん(先生に診察してもらってるイラスト)2くすりもらう(タブレットが連なったイラスト)、3うみ(海で息子が喜んでいるイラスト)

すると びょういんいく!といって怒っているけど騒がなくなった。

ほっ。

 

帰りに海に行きました。

 

わかるように説明できてないせいで、わからないとか、自分本位って言うわけでないという。。。うまく言えないけど、理解したら折れてくれるところに気持ちは育ってきているけど、理解させる策がすくないせいもあるのか。というところです。

 

うみではいま、以前と違って、感覚の遊びと意匠的な創作の遊びとが並行してきました。

成長感じるなー

 

時の理解、これはまだ数値化はしてないけど、

あさ

よる

ゆうがた

を知っております。

 

ゆうがたーと言ってくる時、西日が差し込む部屋、車の中で、光がかたむいていってるとき、そんなときにいいます。

感覚でおもってるのようにかんじます。すごいなとおもう。

いい育ち方しているなとおもってしまう。 こういうものだ とならうのでなく、人が言ってる場面と光を重ねているというのか・・・時間との概念にすぐ結びつかなくてもこういう感覚で覚えてることも尊重したいなと思った。