sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

きがつき

最近 いろいろと親の顔色を伺えるようなそぶりが出てきた。

 

わざと悪いことをするのもそのあたりとも関わることがある。

 

ぼくをみて、ぼくはぼくでいいでしょ?そんなぐらいの気合いも感じる。うまくいえないけども、お母さんの言うことを聞くときに自分がそうしたくない時は、行動と自分の心が剥離しそうだから、すごく荒れたりもする。けども葛藤している感じが・・・

 

おぉ。

 

もちろん感覚のいろんな耐えられなさでの、問題行動は問いかけの問題行動でなくって、耐えれないことでの表現というか、突発。それもあります。

だから、彼の悪い行動全部すべてが、周りへの問いかけではないのだけども・・・

 

 

悪い行動をせず、べそをかきながらやってくれることも増えた。

そのとき、ママーといいながら、できるもん!といいながらとかもある。せつねえなあ。

いわゆる 承認 的なことが前より目立ってきたような気がします。

 

 

 

同時進行で 感覚遊びの時も創造物をつくることがでてきました。

 

砂をさらさらとおとしたり、まとめたり、つぶしたり。ねんどをこねくりまわしたり、つぶしたり、ちぎったり。馬の毛だったりティッシュでそういう、手を動かし感覚を感じる遊び。触り心地、張力がどの辺りまであるかを試したり、落としたときの感じを楽しんだり。そういうことが主だったけど、成長してきたのだね・・・

 

 

この頃、よくリクエストがあり行く海では何か創造物を作っています。

リトルグレイみたいなのいっぱい作ってたり(笑笑)

 

f:id:snoopyoko:20180523105537p:plain

この中にまた貝殻とかを埋め込むんです。なんだろうね。臓器みたいなのを。ふーん。独特やなあ。うちのひとはエンデニルなんちゃう?と聞いていた息子に。

真実はわからない。

 

絵を描いたりもする。

f:id:snoopyoko:20180523105931p:plain

何かわからないけども長い。すっごい長い。

f:id:snoopyoko:20180523105955p:plain

これなあに?ときいたら、たいよう と言われた。何?って難しい質問。わかるのかな?ただ、これが太陽なのは多分間違えない。

何度か描いていて、なあに? なにかいてるの? というと 太陽 太陽 と言ってたから。

f:id:snoopyoko:20180523110426p:plain

そんな風に感覚遊びの合間に創作が増えてきた。

今までもゼロではなかったけど、今まではもっともっと感覚に執着していたことが多いから・・・

 

 

 

おぼろげで情報の中でたくさんすぎて固まっていることが多かった2歳から5歳とかぐらい・・・

6歳ぐらいは流されて行動する面も出てきた。

しかし最近は流されて行動というより、自分がはっきり出てきた感じがする。前からそうだけど流されない。自分が納得したらやるみたいな・・・その反面、お母さんの顔色を伺う気配がちょっとある・・・

 

そこ気になりますね・・・

なんとなくだけど、母さん以外にいろんな顔色伺う時間が大事な気がするので、先生やら、子供たちやら、その他のいろんな人にまみれて欲しい気がした。

 

ちょっと変わったなとおもってきたこの1ヶ月ぐらいでした。

 

 

さて、今朝学校。私しばしば残っていたのだけど、先生たちは朝からドタバタだった。自分たちで、学校の用事いろんなことを主体的に前向きにできる子達ではない(自分で決めたことじゃないし、当然か)ので、後押し作戦、あさはどたばただ。

エンジンをかけるお手伝いをしてあげるタイプの子。

エンジンではなく鎮静につきあってからのタイプもいる(うちもそうだなあー沈静してからエンジンかけないとなかなか足が進まない)

一人でいろんな子を見るのは大変。

 

そんななか 1年生の教室の方向からずっと泣いてる声がするので、誰か一年生が泣いているのかな?と思っていたわたし。

支援級の担任の先生は登校してきた子で指示が通る子達に、今日どのように過ごすかの指示をしていた。

見ていて先生たちがあまりに忙しい朝。わたしは居た方がいいかな?と思ったらいるようにしている。

ただ、私が邪魔だったら、どうしようと思いながら。

私は距離をおきながら、息子を見張っていた。先生に構って欲しくて脱走とかしたら嫌だなあと思ってたのだ。

息子は、息子は泣いてる声が苦手だ。

だからそこもケアーしないとな、と思っていた。もし耐えれなそうなそぶりになったらおかんがついてるんで。という理由で少し声が聞こえないところに連れて行ってやるかとおもっていたのだ。

でも一向に耐えれなそうなそぶりはせずに(それが意外なんだ。どういうこと?なんだよね)

うろうろする。隣の教室に行く、でてくる。

その隣の支援級に行く、隣の隣の支援級の先生の方を見たり近づいたりしてでてくる。

そしてわたしに うるさい うるさい ないてるー という。

そうやなあ、誰か泣いてるけど、あんたのほうがうるさいで、とかお母さんにおちゃをにごされる。

 

突然、自分の支援級に入って行って、電話を取り 「うるさい ないてる ハイ もしもし!」と言う。

受話器をもどすとき、届かなくっておけない(線を引っ張ってとるのはできるんだけど、上から置く寸が足りんのだね)くて、受話器がブラーンとなったり!

 

お母さんに電話勝手に触らない!もどすときはちゃんと置こうよ。と怒られる。

 

次にトイレにいって、ドアから中をじーっとみたりしている。

なんだろう。

 

その後、支援級の先生が、ああ!ちょっと離れた支援級の教室の子がトイレで泣いて居たのに気がつき、あ、ここから声がしてたのか!上からかと思った。

とか、支援級の先輩の別の子が雨が苦手だから泣いてるのかと思ってた。。。ということを言いながら、その子の担任を呼びに行った。

 

息子が、隣の隣の支援級の先生の方を見たり近づいたりしてたことについて、その先生が、ああ!なんでチョロチョロ来るのかと思ったんだけど、しらせてくれようとしていたんかなトイレの中で誰か泣いてるの。

と言ってくれた。

 

あああ!そうか。だからうろちょろしてたのか。そして電話をかけた。先生たちなんかハプニングがあると電話で連絡取り合ってるのとか見てるものね。

 

泣き声がやんだので、トイレの中を確認に行った。するとその子はもう迎えに来た先生とトイレの外に立っていた。その子が自分の教室に先生と向かって歩いて行く。

その時、息子は先回りして顔を心配で見にいった。もうその子は泣いていなかった。それを確認した瞬間、急にニヤッと私の顔を見てダッシュで脱走していった!

ああ、いつもの悪い子に戻った!

捕獲、担任の先生に護送。やれやれ。

 

 

なんというか、仲間がきになるそぶりを見てめっちゃびっくりした。

そして、親も気がついてないことを気がついてくれた隣の隣のクラスの先生にびっくりした。

 

あとは、泣いてる子が平気なのがね、電車や公園で、出会うとすごいナーバスな様子になるんだよね。まあただでさえ外はがんばっているとおもうので、いろんな感覚を取り込みながら過ごしてる中、泣いてる人がいてもうオーバーヒートなんだろうね。情報量が・・・

しかし学校だと、そして知ってる子がないているのは、平気なんだね。。。

もう一人仲良しの先輩が泣いてるのも近づいて言ったりして平気らしい。へえ。

そういえば近所の子の弟もないてても平気やねん。

 

理由がわかったり 相手を知ってたら苦手な音が平気なのがわたしにはおもしろい。

こういう経験があとで、みんなそんなときもあるのかとつながって、苦手な音を意味づけで処理したり、そこはわかってもつらいからと場を離れる工夫したりに繋げれたらなと思う。

 

 

まあしかしこんなこと誰にもわかってもらえんわな。

 

今朝学校の校門を通るときに あの子 やばくない? と上級生たちがうちの子を指差して会話していた。

の、親もそばにいまーすってば、聞こえてますがな(^_^;)ちょっとね、凹むお母さん。でも、そう思うのもさもあらんわな。しらんかったらわけわからんもんね。しってもまあわけわからんか。鉄のハートを持とうお母さん。

 

だからかな。朝みんながいる時間に学校行きたがらないの。。。

とかもちょっとおもった。遅刻ばっかりのうちだけど、本人がやりやすい時間なのかもしれないので・・・

考え過ぎかもだけどなあ。彼も空気感は感じて行きてる時があるのでね。アホじゃあないっすよ。

 

 

とりあえず、学校のなかでいろいろと自分で学んでるのがわかった。うれしかった。

先生たちがバタバタとしていたし、私しゃ9時前までいたかな。

 

私がいるのは当たり前ぽい空気になってる時がある。。。まあ暇人だけど・・・
ドタバタ中、「あ、息子ちゃんのお母さんいるから、大丈夫!」という声が今日もあった・・・

あっし、空気みたいだなー。
なんかどういうスタンスでいたらいいのか教えて欲しい気がする最近だ。

 

でもドタバタして私のことなんて見えてないんだと思う。

 

そのぐらい大変なんだよね・・・もうちょっと人手がいるように思う。。。でないと共生とか推進できない?くない?と見ていて思う。

 

誰もがいる っていう実現もなかなか崇高なことであーる!