sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

うま56

56回目、お世話も乗馬もしない、そして、トランポリンもしない日でした。

 

居場所はツリーハウス。

 

ついたときに、そこにあった鋸に気がついた。

鋸をサックから出して、のこを引く動作をする。ええ!知ってるんだ!どういう道具か。

製作中の滑り台の骨になる木の上を。

やらしてあげてもよかったけども鋼を手の中に握ろうとしたので、それは止める。

すると、滑り台を作ってる木を壊すかもと私が喚起したとおもったのだろうね。。。ちいさな木っ端を地面から拾って、のこを引こうとした。

おお!

でもおもうようにならないなとかんじた? のか2秒ぐらいで、のこも木もなげてしまった。

うふふふふ!でもうれしかった。このまんま成長し、自分の作業能力があがったら・・・

きっとやるときにやりはじめるかも。。。と、思ってうれしかった。

これは、いつもツリーハウスで作業したり何かしてる子にたまあに会うのでチラチラ見てたのかもしれないよ。

我が家でとっても気に入ってるのは猫の家。

こんな建築物ないよね。子供さんが作ったと聞いています。猫も自分の居場所としてすごくリラックスしてるもの・・・

f:id:snoopyoko:20180502121715p:plain

この形を作ろうとした子供さん・・・私はそばにいて見ていたかったよ。

犬のおうちもこどもみんなでつくったそうです。

f:id:snoopyoko:20180502121800p:plain

雨漏りするのがわかって、後でうえから足してるのがなんとも言えん。それもいいよねえ。だんだんと考えるとか!素敵。

 

しかし、居場所のツリーハウス、ばかにならんす。

 

f:id:snoopyoko:20180502121906p:plain

 

 

一緒にやることになっているお兄ちゃんが着々とお世話をして馬装をするのが視界に入るところにいた。

 

一見見てないようで見ているのだ・・・ほんとよ。

 

 

 

おもしろかったのは、おねえさんに、ハンモックを出して欲しいとお願いしていた。

 

もともとすきだけど、こもりたい、かこまれたい、もぐりたい。

先週も、道具のお部屋の引きとをわざわざ閉めて、馬のブランケットの欲している竿をひっくり返してたくさんのブランケットをミノムシみたいに被っていた。

 

帰りの車の中でも冬に使っていたブランケットをうしろからひっぱりだしてかぶっていた。

これ先週。

f:id:snoopyoko:20180502122021p:plain

 

そうやっていながら周りのことをちょこっとずつ学び感じ取っているのかしらねと思っています。

 

学校でも、やどかり とあだなをつけられているけど、チューブの中にこもります。

 

雪遊びの時も、おじちゃんがきたときもおじちゃんの服にこもります。

きのうこいのぼりをさげたら、それをおろしてくれといわれ、こいのぼりのなかにはいろうとしてました。

 

あ、学ばないときもするか。心地いいんだよねー単純に!

 

ハンモックを出すというのは、いいよね、丸。

だってこもっていたってヘンテコにも見えないし、整然とかけてあるブランケットを散乱させてしまってるよりいいし(そしてそれを片付けたりは彼はしない・・・ブランケットをかけている竿のせっとができないせいもあるだろう。たおしちゃうから、また立てかけ作業があるのだ)

 

一緒にやることになってたお兄ちゃんはたまに誘いに来てくれたり

見つめてくれたりする。

 

いいねん。すごく!そういうの。

いっしょにおるってかんじね。

 

やらなかったけども、こういう空気の中にいるのはとてもいいね。

 

 

そしてお兄ちゃんのお母さんが、ああいう風に兄弟ふたりもさそってほしいけどなあ。しないねえ家ではねえ。って笑ってた。

 

めんどくさい たりぃ みたいなかんじだけど、外は外面かあみたいなことも言ってた。ふふふ。

 

それもまたいいね。

 

 

その兄弟たちはかわいい。

 

私が犬を撫でて冬毛をシゴいていたら、寝ているときに自分がかまって噛みつかれそうになった話をしてくれた。いまきもちよくねてるやん、そんなときにわたしかまれたことあるねん。いやかもよ。と。

 

おもしろい。小さな女の子。

 

真ん中のお兄ちゃんは自転車に乗ってた。チラチラ見ている息子。

ふーん。

 

馬に乗るのはできればして、運動資質をあげる的なところをセラピストさんは見ていてくれている。

さそうけどこない。

 

ならば引き馬はどうだろうと思ってくれたようで、私が乗って、お母さんを引き馬する作戦で誘ってくれたけど、ハンモックから出ない。

お兄ちゃんが誘ってくれてた時も、「だめ いなない」(だめ、いかない)でした。

 

わたしは、牧場のお姉ちゃんに引き馬を何周かしてもらって、たのしかったけど。

 

終わった後、すぐに帰らずいた息子。次の番のひとの邪魔になるからお父さんに早く帰るように言われていた。

 

 

それで帰りました。

 

広告を非表示にする