sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

体調復活中

息子さんまだ朝方は咳してます。朝、外に出た瞬間に走ったりしたら咳が出たり。

 

まだよわっちモードだとおもうけど、夜中も咳なしでしっかりねてるかんじだし、鼻炎は出ていません。鼻炎とかアレルギーの対策の薬も土曜日からはやめました。

味が嫌いなのか飲みたがらんな。あれ。

 

気管支拡張をする、風邪のとき飲む薬も、のませるのをやめました。昼間は服薬してなくても出てないので・・・

先週は学校に薬飲ませに行っていた昼間。

自分で用意して飲めないからなあ。。。先生も医療行為ができないしね・・・本当普通の子だと安心です。

うちの子の生きる力の弱さを感じます。

 

自分で飲む ってかいたら5文字だけど。。。やることは無限。

 

薬を飲むものと認識する、薬を飲む時間を認識する(時の概念我らと同じ感覚知性まだなし)、粉薬を開封する(むずい、不器用で)、粉薬をまんまのめないので小さなコップに入れる(できんなたぶんぱらぱらにとびちるな)コップに少しだけ水を入れる(できんなたぶん蛇口をすこしずつ開けるができないので、じゃっと水が入ってしまう。またコップを持ったまま蛇口を開けるができんな。2つの動作ができんな)コップの薬を攪拌するスプーンをだしてくるとかさがすもできんな・・・あとかたづけ・・・

はー。出来る人間と比べたら・・・びっくりするぐらい自力で生きれない・・・

 

 

気持ちの状況はどうでしょうか???四月らしくまだチューニング中ですね多分。。。

 

学校に行くのはさくさくとはいかないで道草します。

今朝はランドセル全部背負ったけど、支援級のある建物の前で全部おろして、登ってはいけない斜面に入って行きました。

昨日も実はのぼってはいけない斜面に入っていったのですが、そのことで、同じ支援級の仲間でやっちゃいけないことをしてるのを見るとパニってしまうらしい先輩が困っていました。

いろんな子がいる中での活動。先生ごめんなさい!

彼のパーソナリティをあまり知らなかった自分、実に無頓着だったなと、これからは気をつけようと思った。

そもそも登ってしまった時にすぐ下ろせなかったことが、この場で寛容でない判断だったくない???と反省。

ダメはダメ。をするのを、私はよく抜けます。

どうしてそういう行動をするのかな???安全確保ができることなら、はみだした行動を観察してしまいがちです。

意味があるんだろうなあとか、理由はこれかな?これも表現、これも言葉。自分で考えてダメだと気がつくようにとか、のんびり・・・

そういうふうに日々したいなら、近くの学校ではなく自由な学校みたいな場所を探したらいいわけでして・・・自分が悪かったなあと反省したのでした。

 

私への戒めで、書き残しておこう・・・うちじゃないんだからね。

 

 

さて、それで思い出したのですが・・・

 

道徳が正式強化になり、まるで文字の勉強が追っつかないうちの子にも、道徳のほんとノートがもらえる教科書としてついてきました・・・

 

さて、どんなことを学ぶのだろう?英語頑張るとか学力あげるとかいろんなミッションがある中で、さらに道徳。国は何を思ってるのかなとおもい、開けて見る。

読んでいて、はへ。と思ったのです・・・

 

この価値観だと、うちの子は世の中のはみ出し者だよーいれないよーとも受け取れる内容に読み取りました。2年生の教科書だったので、規則とか、きまりもののネタが多め?に私には見えました。

 

翌日、これうちの子の教科書ですか??と思わず、きいてしまった。

そうですと言ってくださいましたが、間違えかと思った!と悪気ない私は会話。
間違えだと思い込んでいた私は、教科書にもノートにも名前を書かないで、返せる状態で持って行っていたのですが、間違えでないのがわかったのでその場でマッキーで名前を書きました。

なぜかそれ以降、道徳の教科書とノートだけは、学校に据え置きにしてくれていて、先生私に気を使ったのかもしれないね・・・

ああ、また失敗した。おもったことを ポーン!と言ってしまった。
しかもその場で名前を書くとか!ああ!わたしってば・・・素。で、いすぎてしまう。

 

 

結局、自分でものごとを考えて生きること。

 

こんなのがスタンダードってムードが世の中ありますよ。
本当のリアル社会では、あとは自分で考えてね。っていうようなスタンスだろうとおもうので、敏感に、道徳の本の内容に、反応しなくてもいいのかもしれないけど・・・

 

どうして道徳が今年度鳴り物入りになって登場したのかの、経緯は知らんかったなあと思いました。道徳があるからいじめとかなくせる?とかそのへんだろうか。

きっとなにか、これはおしえたらなあかん。とおもうようなリアルの現状があるからでてきたんだろうな・・・

 

道徳の教えもあるなか、
うちの子のような多様性とかダイバーシティがどうとかいうような観点の人とかいて、先生はいろんなことを教えないといけなくなっていて・・・

 

自分でものを考えれる余白があると私は嬉しいな。

 

これをこう考えなさいというムードは世の中に、あるんだよねー、そういうのありきのなかで行動するけど、自分で考えるのだよ。

 

子供たちの生きる考える力を信じて、窮屈にならないような授業になったらええね。。。

お互い気持ちよく生きるには?すごすには?
間違えることもある!

授業の意図も考えることを導くことであろうとおもわれる・・・(こういう価値だ!って確定させる環境を作ろうとしているんじゃないと思いたい。)

先生にそれ丸投げっていうのも・・・先生たいへん!先生がオチをつくらんですむようになったらなあ・・・ちょっと先生にも同情というか・・・ 

国はどうしたいのだろう。

 

わたしは、その場をよく間違えます。昨日も、先に書いたように、いけてなかったし・・・正解はないのですが、毎日。
場 場 いいかんじ、しくったかんじ、あります。

日々考える。。。ははは。