sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

うま 49

ワルモードはいまはさせてあげてください!

でした。

 

とうとう、セラピストさんから ワルモード と行動を総称する名称を頂戴しましたよ。しえぃ。

 

 

ワルモードなんでなるのかなあ。。。

かぁああ!っと燃えてしまう。メラメラメラメラと。やめれええええっと。

 

 

 

悪いことをするのは簡単だからです!はきいた。

 


今日聞いたのは

これが 気をひくというか・・・ちょっとそれも妥当じゃない表現だな。。。

気をひくことでも使うけど、それ以外にもあるのですよ。と適当な言葉をはなせないかんじだったセラピストさん。

言葉にすると嘘になるじゃないけど、なんかちょっとピントがずれるのかもしれないね。

 

とにかく今はさせといてください。

今するのが大事です。でした。

 

もちろんやったことがあかんことなんだなは、要所要所、アクションがはいる。

負荷はセラピストさんは考えて調整しているよ^_^

やめろとゆうより、理由がわかるよにするよな。かんじかな。

 

やることから逃げてるときに悪モードがでるのだが、逃げ方でいろんなことをする中にワルも入る。

つばはいたり、水倒したり、台車を斜面転がしたりするのは悪いことするバージョン。

心の中で争ってるんだけど、いまからしようとすることをするのかしないのか、圧からの発散というか・・・その行動。その行動で見つけたことが、楽しい遊びに変わってることもある。

やるべきことから逃げること自体がワルだったらあかんことなんやが、
逃げ方の質でいうといいかんじ。。。

 

今日は、斜面を板で降る遊びを見つけた。

そこにあるもので遊び方をつくる。それは私的にはすごくいい。

遊び方を作っていうことは、いいことだとおもう。

クリエイティブだし・・・

感覚の統合もありますね。斜面を滑ることなんてめちゃくちゃ感覚統合やんか。
しかし、へたくそだからすぐへこたれてました。その先を深まったらいいね。きっと体がまた一つ器用になるよ。

 

 

まあまあ、みまもる。あぶないのだけは見てよ。

台車は見るとか!とセラピストさん。

 

 

そういえば台車をわざと坂から転がすとか今日はしていた。

子供の安全、器物の安全。弁済があるしね。

 

 

そういえば、先日割った植木鉢なのですが。。。それもついてからそこに歩いていって、じーっとみてたんですよね・・・ちょっと驚いた。

割れた植木鉢を。

 

割った日から、次のセラピーまでの合間に、牧場に用事があり、その時に弁償します!といったら、いいんですよーといわれた植木鉢。これも一つのそういう場だから。と。そうねいつかそういうことをしずに解消できたらいいね。

 

大丈夫、先に気がつきますからこのやり方じゃないな。って。いまはそれをやらせといてください。

声は僕がかけます。

と、セラピストさん。はい。

ハラハラしてた母ちゃんを見てそう声かけくださいました。

そう、ここは親の訓練の場というかセラピーですよねどっちかというと。私もだんだんと変わって来ました。49回ぶん。遅い方です。変わりゆくの。へへ。

疑り深い性格だからだろうかしらな。

 

今日は事務所に入って行ったりしてました。

猫を見つけて、なんか悪いことしようとしてなかったかな。見るもの見るものでなんか悪いことをしようとしてるように見える。

ああ。どうしたものか。。。

 

 

さて、餌をやらず・・・餌はセラピストさんがあげてくれた。

ブラシもせず・・・ちょっと触れたらごっそり冬毛が抜けた。緑も増えて来たな。

引き馬もせず・・・わたしが馬場に連れて行った。

 

馬場にはいったら裸足になり・・・裸足を味わった・・・なかなか来ないのに、きてもそんな感じ。馬場では私が紐をもっている、息子が来ない間も、息子が砂で遊んでる間も、紐を私が持っていたら馬は待っていた。馬はお利口やなあ。

 

私が引き馬をしてサイドにセラピストさんがついて2周。

お父さんが引き馬をしてサイドにセラピストさんがついて2周。

つぎにわたしが内側のサイドに入り、セラピストさんが引き馬して駆け足で乗る3周。すごいつかれたサイド。

顔見えない。背が低くてわたし。表情がわからない。結構体がふいにふれてバランスが変わる。すごいことをしてるなとあらためてわかった。走るので息切れしてくる。

 

私セラピストさんは難しい、乗ってる人の顔見えないし!乗ってる人だけに集中することすら難しい。はしるのもあるしー、走るだけでもつかれた。

 

お父さんが引いてるとき息子はヘルメットと格闘していて、がまんととりたいのせめぎ合いをしてた。

途中紐をかじっていた。

がんばっとるなあー

そしたら急に頭を振って、とるのに成功した。でもセラピストさんはお見通し。なにしてんのん。といってまた元に戻した。

戻されたまんま外したそうに何回もしたけど、そのまんまおわった。降りるときにはすぐにヘルメットをとった。

 

その後、息子がつれてかえってくれるのだが、緑が美味しそうなので道草しようとした。

ハミがあるからたべれない。

ああ、道草だねとなごやかにみてたけど、たべれないですよ!とおしえてもらって、ハッとする。ああハミがあるからだ!

ひいてあげて!と声をかけて息子に引っ張ってもらう。息子も私と一緒に呑気に草を食べてるのを見てたから。

ははは。馬がかわいそうだよね。ひどかったな。

 

それから、馬装をとって・・・それも主にセラピストさん。

でも一個戻すものを手渡してもらったときに、どう戻すか悩んで、他の道具がどう戻されてるのかを周りの道具の置かれ方を見て、見本を見つけてその通りに置いていたのがおもしろかった。えらい!

 

馬房にも興味津々。馬を戻したとき、

水入れに、じめんのわらやオガをいれて混ぜてクッキングしようとするねんけど、それって汚いものやねんね。うんちしたりしてるし・・・

発想はええねんけどな。。。きれいきたない きたない病気なる そのへんはまだわかってもらない。大人のいうことを素直に聞くがない。。。はぅ。とおもったら、セラピストさんが おもいついた いいことおもいついたよ!と

 

ちょうど夕餉の時間だったので、いっしょにご飯をリヤカーで運んだ。それを入れて、まぜまぜしたらいいなとおもってくれたようだ。しかしつかもうとしたらちくちくがきになるらしく触った瞬間に手をズボンでふく。感覚消去を怠らない。

 

でもひとつの草の塊だけ、はこぶことができた。

それを箱に入れる。できた。終わった後にその子がその草を食べてるのを見せたら

わあー きらら(馬の名前) たべたー と言っていた。

お父さんが ろろろとらららみたいな名前の子やなあといってました。カービィネタです。

 

あと、よかったのは、以前子供達がうんちをとってるときにつかってた 熊手とかでっかいフォークみたいなのを道具置き場からみつけて、馬房に入ろうとしたりしてました。

 

ええこっちゃ。繋がりは少しずつ増えてるよ! 親にはそう思えた。

 

 

 

セラピストさんからは、
ワルモードはね、すごいけどね、まあ見守って。正直水を倒されるのは困るんですけどね・・・水を貯めておく作業は手間ですから。とのことでした。

 

はぅぅ。。。ほんとね、そうよね。

 

はぅ ほんとにね。悪モード早くなんか違うモードに変わって欲しいけど自分で掴むのを待つしかないな。。。

 

 

おとうさんに 帰るとき挨拶したの???ときかれて、

 

車のあるところから、だいぶあるいて大きな馬場で、うんちをひろっていたセラピストさんのところに行く。お母さんも後ろからついていった。

 

めっちゃ大きな声で ばばーい! と馬場の中、遠くにいるセラピストさんに柵のの手前から言った。

大きな声で言わなきゃと思ったのが成長だと思う。わたしはびっくりした。

 

おお!ばいばいな! といわれてました。



そういえば、ついてすぐのトランポリン。わたしの手ぬぐいをズボンお尻側のウェストに挟み、しっぽをつくってました。

セラピストさんとしっぽおにをしてました。

みてるかな?とつぶやいたら

みてるみてる!と夫。ほんとだ!素晴らしい^_^

園ではわかってないと報告もらうばかりだったの、しっぽおに。成長

 

よかったね。