sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

けが!

うまのところでイベントがあった。おいしいものをたべれる。

 

でも20分で退散。

 

トランポリンから柵に激突してしまい、負傷。いつかやるとおもっていたぜ。。。

 

 

 

そのトランポリンなのだけど、最初子供達みんなで飛んでおりました。

その時前回一緒だった男の子にずっと絡まれておりました。

 

 

犬さんに悪いことしてた、もうしないな。もうしないな。と何回か詰め寄って来はるのだけど、うちの子そういうときは はい だけ言ったら解放されると知っているんで、

 

はぁい。

 

と答えておりました。

 

ほんとにわかったのかな?わかったな わかったな と言われておりました。

 

はぁい。

 

とまた答えておりました。


その子がまともで、正解。うちのこが酷いの。親も嫌だもん。ゆうたって。ゆうたって。

 

わらっちゃう。きっとまたやるよねー。。。

その後トランポリンでルールづくりして遊んでたのですが、お尻つくのアウト、膝はオッケーとかそんなルール。

うちの子ルールとかわかっとりませんからすきにやってます。

先週一緒やった子が、このこ守ってない!っていうてます(ほんまやしほんまやし)

 

みなさんはうちのこはわからんでもいいかってなもんなので、このこはええねん。それに、おしりあまりついてないからええんちゃう。

と流します。

 

うちの子また好きに飛んでいます。

先週の子:このしましまのふくのこだけちゃんとしてへんで!

他の子:いいねんこのこはー

先週の子:ちゃんとしてよ わかったな 

うちの子:はぁい

 

めっちゃおもしろかった。こういうかんじでええのだろうとおもうねん。

几帳面な子も、うちの子も。

自分でいるからしゃあないわ^_^


先週の子の言うてることもほんまだし、、、いいねんこのこはーもほんまだし、うちのこのとりあえず はぁい もほんまだし。。。

とおもってみてました。

 

みんなで感じたことから自分をやればいい。



乱暴にいえば、成長途中で攻撃やいじめみたいなんもあるけど、工夫しなならん。。。自分で生きるための。

もちろん平和はいつでも説かれるべきやけど、すこしは失敗がないとね。。。攻撃する子も自分の美学に反するもんを、許すのもまた強さ。攻撃される子も、自分のまんまでいる貪欲さやら、逃げる工夫をする機会。自分を変えたりって選択をする子もいるかもしれない。


誤解もうみそな書きかたやな(゚o゚;;

しかしリアリティの世界は、そんな局面がいつだってあるわな、おとなになっても、、、やから工夫を頑張るんは損はない。

じぶんをブラッシュアップするチャンス^_^

 

さて用事が始まるよ!みんなでごはんつくるよー!ってなってみんないなくなりました。うちの子はわかってないのでまだトランポリンで遊んでます。わかっててもいくかな?いかなそうだな。

 

その時に私の見てる前で怪我しました。。。

 

頭を柵にぶつけ、顎が柵に引っかかり、顎を切りました。血が止まらない。とりあえず退散。

 

 

病院どこか知りませんかー???日曜でした。

外科がありますと紹介してもらったところにいくときに事前に電話しとき、と夫に言われてかけるとどうやらそこは脳外科らしくて、怪我では見れませんといわれました。

 

そのやりとりの様子に夫がイライラとして受話器を貸せと言います。

わたしたら、喧嘩腰ではありましたが、みたくないんか???顎のけがだけど頭部やし、頭とかんけいあるやろし、脳とも関係ないと言い切れるのか。と詰め寄りました。

 

しばしして来ていいよとなり、行きました。

うちの子は知的障害があり、自閉症なので、受け答えが普段からちゃんとできない。負傷によってどのぐらい脳に損壊があるのかは検査で見てもらった方が確実だから。

と、受付と看護婦さんにつたえてました。

 

ほんとだな。

 

ふだんからちゃんと受け答えしないものな・・・機嫌も悪いことが多いけど、それは感覚的に困ってる問題だったり、不安がじぶんで見切りがつけれない特性のせいでもある。。。機嫌が悪いのが、負傷に由来するものなのか、ふだんどおりのものなのかなんてすっきりわかるわけではないのだった。

 

検査してもらえることになりました。


病院も、最初から頭みてとゆうたらすぐ、みたからといいました。


わたしも外科て思って、かけてるし電話(゚o゚;;


わたしが悪かったねんな。

おかあさんなんてつまらない。


夫からも 病院からも

意図がわからないと、しかられますが、、、

まぁまぁまぁ。おかあさんにやさしぃ世の中にあってくれ。


結果論やからすべてな^_^

どこいってもおこられるねんで^_^しかし!ていいたい。


さてさて


CTをとりましたが、うちの子指示が通りませんとか私が一人で騒いでいたけど、技師さんも看護婦さんも脳のことの専門の方々。お母さんわかってますよと、いい応対でした。息子も動いてはいたけど内出血があるか、骨がどうかわかる写真は撮れたらしかったです。

後天的に脳機能の障害になる人たくさん相手してるのだった。。。ははは。プロ。

 

続いて診察でも、輪切りの写真みながら、今のところ内出血もないし、顎を含めどこも骨に異常がないから。。。と先生。

でもこの傷を縫うのか縫わないのかとかそんななると、うちやないからそう言うの見てもらえる外科に行って・・・微妙やなあ縫うのかは。。。とみてくれました。

お顔のことやからねえと看護師さん。

 

しかし救急で聞いた2箇所に電話しても12時まででした。とかそんなのでした。

 

ああもう市の中央病院行くしかないな。となって、いきました。

 

さいしょからそっちいけばよかったなあ。とはなしつつ。

 

 

むすこはおうちかえるおうちかえるを連発しています。よく頑張ったよねよく考えたら。CTをとれると思ってなかったし・・・

診察の時も いたい と顎を指差してたし、消毒や手当もがまんしてくれていた。

 

 

中央病院でトリアージしてもらう時に、先に脳外科でCTをとってもらっていて、骨にも内出血にもなし。とはなしたので、割とすんなり行きそうな状況だったのに気がつく。

 

あらゆる怪我病気の人がいる。

泣いてる子も多い。泣いてる子が苦手なので、まあ不安になるのだろうね。自分になんか害が及ばないか見張ってる。そんな感じの野生です。

 

よく耐えて待った。

 

傷を洗ってもらって(きっとしみただろう)先生2人がみてくれて、微妙だけど、どっちかというと縫う方が難しい感じに浅い方だから、時間かけて直そうか。といわれた。

子供だから触ったりするし、なかなかなおりにくいけど、ぼちぼちと。乾燥させずモイストした状態で治してくださいとのこと。

絆創膏ぐらいでいいですよー。

軟膏は必ず塗らなくてもいい。体の中から出てくるじゅくじゅくを保って治しましょう。といわれました。

 

6時間ようすみてね。も、ききました。


 

最初2日ぐらい軟膏を塗ってたけど、3日目になってはがしたときちょっといいかんじになってきたようにみえたので、キズパワーパッドみたいなのに変えました。

それだと剥がさないし給食でお汁を垂らしてもいろわないみたいなので、それで毎日乗り切ってます。


だんだん体から出てくる汁が減ってきて、傷が良い感じになってきました。


 

しかし病院2件、回った時の本人の様子がすごく思いのほかに受け入れがあるのと安定があったので・・・

理由をわかっている感じだったし・・・

しっかりしてたね。ほんと。

 

それと、トランポリンは楽しいだけでないことも自分の学習に繋げてくれそうな気がしました。

 

あとは、その日、病院1件行ったとき待ってる間と後も、馬の名前を言っていたのと、次もう一軒で待ってる時とおわったあとも、馬の名前を言っていたのと・・・家帰って夕方も言ってたのと、数日後も言ってたのですね。

頻回に馬の名前を言っていた・・・ (馬の名前)くん・・・(馬の名前)くん・・・と。

トランポリンのこと(びよんびよん)は言わなかった。

なぜ毎日名前を言ってたんかな。が3日ほどつづきました。

おとうさんは怖くなってなかったらいいなあと言ってます。

 

いい経験したなとおもいました。1日潰れたけど・・・

 

交流のみんなに顎どうしたのってきいてもらってましたね。答えれなかったけど。ふふ。

 

 

いろんな局面で成長が見れた。。。

あと夫はいいお父さんだなと思った。喧嘩腰だったけど、ついたらありがとうございました取り次いでもらってとお礼だけ言ってた。謝ってなかった。えらいなとおもった。

ほんとのことだもんね。えらい。