sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

セサミ

去年このニュースを教えてくれた、ともだちから ジュリアちゃんの日本語の動画があるのがおくられてきた。

私に対してのメッセージだろう。

 

私はよく悩むのでした。

子供達の中にはいたい。でも学校にいるって大丈夫だろうか???と。

先生たちを困らせすぎてるのではないか。

子供達にも嫌がられてやないか。

息子自身、自分らしくいることがはばかられることもあるし、自分んとみんなが違いすぎるので落ち込んだりしないだろうか。

とか・・・へへへ。

 

今は先生と風通しが良くないことについて、なんとかならんかなあとか思っている時がある。。。そんなことをいつも聞いてもらう。

 

 

送ってもらったサイトをみてみた。

手のひらひらが なんか すごくすごく いい演技だとおもってしまって・・・

あとでわかったのよ。。。

ジュリアのマペット操作と声の演出を担当するステイシー・ゴードンも、実は自閉症の息子をもつ母親だ。彼女はジュリアのテレビ出演をきっかけに自閉症の理解が深まれば、息子の同級生が彼の振る舞いに驚くこともなくなるかもしれないと期待を寄せている

人間操者の方は息子さんが自閉っ子だそうです。ああうまいなっておもったのね。。。

ひらひら感が絶妙!

演じる母の思いが詰まったジュリアちゃんだったのか・・・そうか。そうか。そういうものは言葉とか超えて伝わってくるんだね。びっくりしました。ふーん。

 

 

ちなみに・・・うちの子の場合は手はひらひらはしない。。。
絵も得意じゃない。でも頭の中にたくさんの映像がありそうな気がしている。手先がとっても不器用だから、絵は描かないけど。。。

 だからかこの動画を見た時にすごいいなと思った。。。私は英語はたけてないけど、日本語の吹き替えよりより、強調された感じがしたから。。。ひとりひとりがちがうことに。

 

彼女は自閉症 と説明があってもそこは

ジュリアの場合はとか 

in a じゅりあそーだうぇい ジュリアの場合はね

とか

 

自閉症といっても その子その子違うんだけど、ということも紐つけるような説明のあり方がある・・・

 

 

共に生きれたら嬉しいなあ。おかあさんは。

 

正直、いろんな思いが浮かびます。

うちの子は、やくにたつか?というと誰かの用事を代わりにできるような能力があるように思えない・・・

これは私のネガティブな部分。私の中にある相模原事件の部分です。これもほんと。

 

そして、ジュリアといっしょにいるお友達の世界これもほんと。

 

どうしていいかな?とおもうビックバード。これはすごくうれしい。ビックバードに共感した動画でした。。。

 

 

うちらの子供さんたちが、ふつうにやらなくてはいけないというより、

この人たちはこういう感性でいきている。そこも尊重してる空気のテレビ。だんだんと時代はそういう感じになっているのだろうかな。。。

 

きちんとしなさい

ふつうのこのようにしなさい

 

合わせることの要求から・・・自分でいることについて世の中に問いかけるみたいな。。。かんじがした。