sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

ことば 7.00ver.

概念が自分で作られてるのが表出する最近。

 

帰り道に、公園でブランコ乗ってる(ちなみにうまくなった。いままでできなかった足で漕ぐ協応運動ができている。ちなみに運動資質はなくはないけれども筋緊張などのかねあいか、片足立ちはまだ成立したとは私は言い切れないかんじだ。)ときに、降りて私の乗ってるブランコまでやってきた。

ブランコにのってるわたしの膝に乗る。

重いよーとわたしがいうと

軽い軽い。と言った。

 

重いんですけどね。

でもまあこういうやり取りが出てきたのですね。

 

高い 低い

長い 短い

 

もちょろっとでてきてますね。

 

今日の予定はいつもホワイトボードに貼ってあるのですが、放課後私は毎日迎えに行くけど、そのあとデイサービスの時はそうわかっているし、そのあと訓練の時はそうわかっているので校門を出た後は駅の方向に行きます。もしくはいかずお家に帰ると泣きながら主張します。

帰り全くフリーの時は、学校の遊具をゆっくりあそんで、公園でもちょっと遊ぶ日は遊んで、ゆっくり帰ります。急がなくていいとわかってるのですね。えらいなあ。

 

週末は 遊具、公園、近所の花壇のお世話のお手伝い(水やり)帰宅でした。小一時間の道草でした。

 

お母さんも一緒だからまっすぐ帰らなくてもおっけい。

 

帰っても好きな遊びをしておっけい。

 

ゆっくり過ごしています。

 

デイサービスもいいけど、やっぱりこんな風に自分のペースで過ごす日もいいなっておもいます。

 

 

お父さんに会いたいらしく おとうさんお風呂。 おとうさん、ごはん。と聞いてきます。

お父さんは仕事から解放してもらえないので寝てる間に帰ってきます。

朝あっても仕事へ学校へそれぞれと向かうのであっという間の時間です。

 

お父さんが休みの日はおとうさんする!と自分の遊びに介入するようにすごく求めますね。

 

おとうさんおとうさんでまとわりつく週末。

でオリンピックの開会式のダイジェストを朝見ていた時、お父さんの顔をじっと見て怒りながら・・・鼻くそをとるように指示していました。

その時聖火を点火しているのを見せてくれてたので、火がつくから見てーと息子に声をかけたけど、お父さんの鼻くその行方の方が大事らしく険しい顔で見つめておりまして、とれたら、よし。という職人のような渋い表情で安堵しておりました。

笑いました。

 

 

いろんなことが表出しだした、一年生でした。

 

園のころなしのつぶて的だったのですが、、、今年はちょっとためてた貯蓄が運用されてきた感があります。

 

いろんな今まで助けてくれた人たちに、みてもらえたらなあ。。。という思いが頭によぎったり。。。ふふふ。