sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

嬉しかった話

うちのこはボールプールが大好きで、学校の支援級で別のクラスにあるボールプールに1日1回だけ遊びに行っていいことになっている。そうだ。

 

そのクラスの授業のじゃまになったりするしかな。

 

で、昨日はお昼休みにそれを選んだらしい。

 

お昼休みは15分。残りの15分が掃除。がうちの子の学校のスタイルらしい。

 

 

 

あと2分残ってる段階で、 あ、そうじ とボールプールの中でつぶやいて・・・

 

さよならー と そのクラスの担任の先生に挨拶して・・・

 

そうじする自分のクラスに戻って行ったそうです。

 

 

 

それを、ボールプールのあるクラスの先生が昨日迎えに行ったら教えてくれた。

 

 

同時に、最近算数勉強してないみたいだな。と連絡帳を見て思っていたのだけど・・・

 

先日、防災の授業参観を見に行ったら、支援級の仲間で勉強してたけど、うちの子の気の散りようがやっぱり半端ない。群を抜いてるので、先生はご苦労されていた。

 

あの様子を見る限りじゃあ、算数教えれないなと思うわなあ。と思って、申し訳なくなった。

 

の一方、一緒にいるときよくものを数えるようになったので・・・

なんだか一学期先生が頑張ってくれてたことが、礎だなあってすごい思ってたのを連絡帳に書いて見た。

 

最近は、算数手こずってる感じかもしれませんが一学期やってもらったこと残っています。家にいるときよく数を数えて揃えたりしてるのです。だから、勉強の機会は日常にありそうだし、親もできること頑張りまする。例えば、日常でわざと足りない数用意してみて考えてもらうとか・・・

机で勉強となると大変かもだけど、日常生活で教えて見ます。

みたいに書いた。

 

ら、先生から、今国語が多いのは、それがすごい入って行ってる感じがするからです。算数を手こずってるわけでなく、算数のその感じが出てきたときにはやります!

って書いてあって

 

あああ先生は私よりナナメ上をいってるんだなあと思って・・・ありがたかった。

 

 

確かに言葉に関しての感じがまえよりきている。

 

ゆっくりのペースだけど少しずつ言葉を覚えてきてるし、発音もちょっと前進した。

どこまで進むかわからないけど、本当に彼は怠けてるわけでなく少しずつ自分で掴み取っていってるのだろうなと思う。

 

学校の先生に感謝の話でした。

寄り添い見守り、ありがたい。一人で子育てしなくて済んでいる幸せを思った。