sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

石垣旅、海でまったりに終始しました。

 

行く前は 離島色々巡ろう!とか、与那国もいけたら!とか息巻いていたけど、息子さんのスローモードを尊重して、近場の海でまったりでいいじゃないかあ。と、なりました。

食の問題もあったね。モスやらマクドナルド、ほっともっとなどを活用しよう。レンタカーを借りて。となりました。

 

竹富島に行っても、結局ビーチで遊ぶに徹されていたし・・・

f:id:snoopyoko:20180118111026p:plain

f:id:snoopyoko:20180118111234p:plain

いい感じの流木がおおいのでそれが遊具になったり、ベンチになったり。 

浜辺の猫。

f:id:snoopyoko:20180118111654p:plain

みんな砂地を歩いてるからなのか足がたくましい。

竹富島ではバナナの木をみてなんか感銘を受けておられました。これがバナナかあと。

f:id:snoopyoko:20180118112138p:plain

パパイヤが生えていたねえ。

f:id:snoopyoko:20180118112500p:plain

見たことのないような植物だったり、ハイビスカスもいろんな種類が道に咲いていた。蝶もちらほら飛んでいた。面白し見飽きない。

f:id:snoopyoko:20180118124415p:plain

 

f:id:snoopyoko:20180118124432p:plain

もりもりわさわさな感じとかフリル具合とか気になります。

f:id:snoopyoko:20180118124430p:plain

f:id:snoopyoko:20180118124519p:plain

木もありがたい感じが・・・お邪魔しております。

おじさんおばさんにとっては脳が沸き立つ散歩は楽しいもんです。

 

息子さんは海やね。海と砂。

 

2日目に川平湾に行ってグラスボートに乗っても、魚を探すよりも早く浜辺に戻りたいようでした。あんなに空港の水槽が好きだったのに、意外だなあと思いました。

川平湾のグラスボートのおうちの人にいただいたお年玉。

f:id:snoopyoko:20180118113905p:plain

チョコが溶けちゃうのでした。

川平湾の砂がどうもすごい気に入ったみたいで、よく遊びました。砂に埋れたり、砂を集めたり、砂を触る感触を楽しんだり。

ブランコも借りてはったね。

f:id:snoopyoko:20180118114014p:plain

落ちてた縄で長縄跳びをして遊んだり、お父さんと相撲をとったり、ただただ砂浜を何回もダッシュしたり。たくさん運動してたね。活動が一番活発なのは、川平湾の砂だな。と思ったので、連日行ってました。

 

川平湾の周りも以前訪れたときと変わっていて、立派な駐車場ができていたり(前は保育園があったとかそんなだった)また新たに建設されてるものがあったり、道の駅?のよな立派な建物があったりで、これからさらに変わって行くんだろうなあという感じでした。

あの砂浜と、色の美しい様は誰もがそこにいたいと思うものだもんね。。。 

 

 

どのビーチに行っても いろんなものが落ちてて

f:id:snoopyoko:20180118114649p:plain

流木でヒーローソードになれる。バギーズショーツは前後逆や(^_^;)いまだに服の前後が危ういです。

タァ!

f:id:snoopyoko:20180118114716p:plain

おっきな流木はベンチになるし、木にものを引っ掛けて、荷物置きになるし。

f:id:snoopyoko:20180118114818p:plain

アダンの木が見張ってくれてる。

 

潮が引いて、tide poolの中に小さなサンゴ?がいたり。 

f:id:snoopyoko:20180118115050p:plain

魚がいるの見たり

f:id:snoopyoko:20180118115433p:plain

ただただ砂の感触にまかせて裸足で駆け回ったり。。。濡れてる砂、乾いてる砂、色々感じがあるのを楽しむ。

f:id:snoopyoko:20180118115444p:plain

道具を持ってなくてもいくらでも暇つぶしができる感じで、面白いなあと思う。

何も道具なくても遊べるね。飽きないね。いいところだね。 

 

 

あと、なぜなのか知りたいけど
海、ベタベタしません!なんでなんで?遊んだあと、さらっと乾く。なんで????で、乾いてきた砂をはらって、手ぬぐいでふくぐらい。手拭いが役に立った。

 

 

旅を終え、飛行機が終わって、帰路につく途中の地元の海の前を電車がきたとき、海行く!と降りて行った。

3日間、毎日石垣島の海で遊んだ感覚が冷めやらぬうちに。。。のかんじかな。

f:id:snoopyoko:20180118115758p:plain

5秒も経たないうちに 帰る! と海から出てきました。

まだ旅行の荷物持ったまんまの地元の浜辺でした。ははは。。。

 

寒いもん。ほんと。耳痛い思いしての移動の価値あるよほんと。お金使っただけある。