sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

うま 38、39

うま38、自分だけでした。

お仲間がいると、乱れがち。一人だけだと時間はかかるけど立て直しまで、マイペースにできる。

一人だけだと影響がもらえにくくなる。

利点、デメリット両方ありますが・・・

 

よくお世話になっているうまさんは足の具合が悪いので、おんなの子のうまさんと。

ボール入れをしました。

 

お世話の間に私は買い物に出かけたので、おとうさんがみていてくれたけど、それなりに乱れていたようです。

 

でも乗るのとボールはやってましたね。

 

ボールは私が投げたのですが、とれるとおもうので、加減せずに投げます。

ので体が使えてしまう態勢になります。

 

お父さんだったら加減するし、

セラピストさんたちは熟慮するだろうので、私が投げるほうが面白いらしいです。活動が。

あとはわたしはへたなので運動が・・・

整然としない球が行きます。それが絶妙な身体活動になるらしく、セラピストさんたち2人が受けてました。

 

 

計らずにして、天然のものだからー

ただたんにうんどうせんすがないかだだ・・・・

 

なんですだ・・・

 

 

が、いい活動ができたならよし。

 

 

でも帰りに自分(あたくし)の運動のからだのイメージ運動が下手な話をしましたら、なおりますよ!とのこと。

 

うまで!といわれるのかとおもいきや
(うまで全てが解決する!ぐらいの気迫でいつも彼らのボスは話すのでとてもおもしろい。ボスの経験と、ボスのうまへの愛とがそうさせるとおもうけど・・・ほんと。そこを信じて乗っかって気持ちが上向いたらそれが活力だし、神経系への作用については証明は大変だと思うけど、いい仮説だと思う・・・から。だいすきだわ、この感じ方この考え。)

 

 

そうじですねえ馬房掃除がいちばんかな。とのこと。

でもわかるきがするわ・・・

 

体軸とねじりを、意味ある動きの活動でするものね・・・

 

あとはなんかとにかくやること。そうじでも、何かやりたい活動をやる、やらないとなおりませんよ。

 

とのこと。ああまっとう!まっとうです。

 

 

39回目もひとりでした。

やっぱり仲間がいるとまだナーバスだね。

でも関心もあるからね、自分と周りの関係も出来ていってる感じがある。みたいな会話をセラピストさんとする。

真似っこもけっこうでてる。

発言も。

あとはトランポリンはめっちゃうまい。

うまとも関係ができていく感がある。

 

たしかに。今日は、いつものうまさんと久々にコンビでした。

ブラシをまともにブラシらしくしたのね。あとは草もあげれた。

お尻にも回っていた。

うらほりのときちょっと足のつめの感覚遊びがあった。そのあと、つめ以外の足に裏彫りの用具を当てたりもあった。いたそうだった。

こっちのかんかく あっちのかんかく のノリだったかもしれんが・・・こういうところがまだ私にはイライラとする。

分別ね。でもその概念を作ってる途中なので邪魔しちゃいけんのだが・・・

 

あああ!いたい!

 

とわたしがいうことで、遠のいてにげる。トランポリンに逃げたり・・・

 

今日も私は邪魔をしてしまった。2回ぐらいかな。

 

あとはおもちゃを持っていくということでおいておこうかと軽くたしなめたけども持って行った。

それは妖怪ポッド。サンタさんが1日早くもってきてくれたのでした。

 

するとうまの前でかざす。

音がする光る、へんなみたことないもの。うまは後ずさり・・・・

警戒モード。得たえのしれないものをもつ。

 

ああ!ときいきい止めそうになるけど・・・片付けようとすごい空気が出てしまう自分から。

 

セラピストさんは、まあ きょうは おもちゃについては、ゆるくやりましょ。お任せくださいとのこと。

 

と。

でおもちゃがしゃべる声 なんとかモード!とかをつかって ブラシモード!散歩モード!とセラピストさんが行動のトリガーになるようにネタとして使ってくれる。

モードモードうるさいよな。とツッコミを入れながら。

セラピストさんはそういう釣り方するのあまり好きな考えでないのだろう。と感じた。

彼のそこが好きやねん。

 

自分が自発で行くことがいちばんの思いだと思うし自分でつかむことがいちばんの喜びだと多分彼は思っているので、そういうこすいやりかたはあまりしないひとなのだ・・・

人ごみに流されて押されてやってしまうより、ゆっくり自分を俯瞰で見て、そうかとなるような場所、時間、それはいまや意識をしないと作れないような世の中だと日々思う。

そんな場所があっていいでしょ。というのがいつも彼がわたしに言ってくれることだよ。。。

 

うちの子の気持ちの流れに乗りながらやってるかんじ。

うまく言えないけどアウトドアの活動みたいな感じなんだよね。自然の中でまあ歩くにしてもそこでできることをする。この空の感じならもうすぐ天気が悪くなるから飛ばすとか、ゆっくりするとか・・・波乗りなんてもっとそうでしょ。そのときそこでできること何か考えてやってみてもし思った通りよりそれ以上ならば・・・とかでしょ。釣りとかもね。なんというか、うちの子という超自然のなかで、セラピストさんが活動するのが仕事という・・・

 

馬場につれていくとちゅうも、おもちゃにきがいってリードを離してしまったりあった。

ついたら久々に砂いじり。

そして息子は気持ちを整えるために、オフィスのなかにも入って行った。小屋なんだけどね。初めてなかに入って行ったよ。で私はオフィスのパソコンをさわらないかとかビクビクして、オフィスに突入した。

が、ねこさんがあったまってまるまっていたので、ねこをみつけて ジバニャンといって触っていた。

猫なら安心だ。悪いことしたら、怒ってくれる。

 

そのあと、今日はもう乗らないでおく?一緒に座ろうか。といってオフィスの小屋の玄関前の階段にセラピストさんと二人で腰掛ける。

そのうちおもちゃを息子から預かるのを成功されていた。

 

気持ちを整えるのに時間がかかるねえ。

 

軽く引き馬とタッチ。

気持ちを整えるために砂いじり(久々だなあ)

かぶりものをする。
かぶりものをしたくないということを、わかって欲しかった若いお兄さんの方向につばをとばしたりもあった。

わかってほしいひとにするんだよね・・・(ああほんとイライラするわかってほしいならそのやりかたではないんだよと)

 

お兄さんはニコニコと笑顔で自分の帽子を差し出す。これかぶりよほんならという感じで。(ああすみませんほんとうに)

すると

お兄さんの帽子をかぶったあと まちがえちゃた といって お兄さんに帽子を返して自分の被り物をする。でオッケーと出立。

 

これが今度、この遊びに変わってお兄さんとやりとりするその流れを楽しんでいた。
遊びのてんどん現象。何回かしていた。毎周ごとに。

 

へんてこだけど うちの子のコミュニケーションのありかた。でもすごく前向きにひとといる場所場面に見えた。

 

軽く引き馬が終わったら、早足で引き馬する。

体に入る刺激がある。

そのとちゅうで、いつもならつかれてしまって帰るとかいうのが私の印象なんだが・・・今日はおもちゃがないのに気がついた。

そのときもつばをはいていたようにみえた。

不安なときもやるんだよね・・・(ああ気持ちはわかるだけど出し方がなあ・・・)

 

そのあと、うまを返すのだけども、なかなかせず・・・

ちょうど次のおうちの家族さんがいてわさわさとしていたし、苦手な空気感に変わっていたからなあ。

 

帰りに、まだみんなとっていうのがストレスなところもあるしね。というようなはなしもでた。

 

そうなんだよね。でもそれが励みになってるときがあるからなあって思う。

たとえば馬の運動会の時みたいなあの自由な感じの時とかは影響がすごいあったよなあっておもう。

それと、トランポリンの活動については。。。いい感じでセッションできる時がある。それは言葉を越えて飛びながらのやりとり。

なんか土曜日は、市の感覚運動教室にて、そんな場面に遭遇して、同じ感じで飛びあって交信してるのをみた。 

そのことはそれができるんだよね。他の子が来たらすきな遊び方じゃないらしく逃げてく。あきらかにある子の時だけは一緒に飛んでいて、成立していて、尊い時間に見えた。言葉でなくても遊べるんだと。

 

 

好きな活動ではそれができるんだよね。。。へへ。誰でもそうか。

障害関係ないですね。

 

 

30日に今年のうま、さいごのうまがあります。ちょうどうまのところにいきはじめて1年経ちましたなあ。

お母さんちょっとはマシになったけど、まだまだ見守るの修行中。

 

31にちからは 旅に出ます。

おじいちゃんたちも28日から最後の車で気まま旅にでます

 

冬休みが始まるぞ!!!