sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

動く訓練

昨日訓練について思ってることをまとめようと思ってがっつり日記をつけてみた。

座学座学聞かれるけど本当に座学だけにとらわれててもいいのか???って思って生きてるからだ。そう今思ってることを記録したかった。

そしたらきのうまた 座学しなくていいですか??? と聞かれた。

 

昨日、午後からSTの先生の日だった。あたまつるっとしてて、動きながら訓練する方向にどうやら落ち着いた先生。。。

 

帰りに・・・

あのー以前の担当の者の記録を読んだのですが。。。

座って座学してる記録でした。僕の訓練でいいだろうか?座学を頑張ったほうがいいのだろうか。と聞かれました。

 

ああ、彼女は相当頑張ってそこに持って言った経緯がありますから。。。

そしてうちの子も頑張って彼女について言った経緯があります。

2歳3ヶ月からの付き合いだったので、遊ぶことから始めて少しずつかわっていったんです。彼女も動くのが2/3、座るのが1/3ずつからでした。その1/3は親には座って遊ぶ感じに見えました。でもあれも概念を入れていってくれてたんだと思います。

 

 

回想してみると・・・

前のST先生、2歳3ヶ月からの付き合い。ながかった。でももっと一緒に子育てしたかった。
途中うまく訓練にスイッチできない間3ヶ月開いたりとかありつつ、だいたい月2回みてもらえてた。

 

彼女いわく

机上課題は苦労しました。
息子ちゃんにもだいぶストレスをかけました。最後の方は息子ちゃんが我慢してくれて、頑張れることが多かったです。

息子ちゃんからはたくさん勉強させてもらいました。

とのことでした。いやいや。我慢してたんかな。自分満載しながらやっとったで。。。

 

彼女は私の遊びの師匠です。

 

どうやって私が遊んであげたらいいのかわからなかった時、あそびかたをいろいろとみせてもらって、それが結構私にとり大事なことだったらしく、息子とどんどん遊ぼう。とおもい、日々それをするのだ。という原動力になりました。

 

普通の子だと一緒に遊ぶのに苦労はしません。どんどんひろがるの。

うちのこ、ちょっと追い風をふかして行ったりする必要があった幼い頃。

先生のやり方盗んで遊びましたなるだけ。先生にお母さんSTさんなったら〜。といわれました。褒め言葉だと思います。。。(ことあそぶに関して、その時、先生がはなまるをくれたと思ってます。)
完全に先生からのうけうりコピー。やっとこさ、どやって一緒に遊ぶかがわかって嬉しかったです。ほんとに、遊びの師匠。私の生命線のような若い女の子だった。。。

 

今思えば息子くんは、いまよりたくさんのカオスのなかにいたんだろうなあ。

今よりも感覚も困っていたので、想像すると、本当によく頑張っていろんなことに取りくんでたと敬服する。。。混乱の中にいたんだろうなあ。

こういうところをうまくディズニーセラピーの映画は拾って描写してい、情報の洪水にいる自閉の子の状態を、映画のなかで伝える様子は私にはぐっときました。

家庭ビデオに映る彼の幼い姿に、音を上手にかぶせて表現して我々に伝えようとしてくれていました。そうこういうかんじだ!と。

 


 

うちの子は幼い頃、いまよりもさらに刺激の弁別が苦手で、刺激情報の多さにいつも大変そうだったし、運動の協応にもずっとこまっていたし、体の発達でもさいしょから獲得が困難だったし、耳は聞こえてるのかな?言葉はでてないし・・・と、オンパレードだったので、彼女に出会った頃の息子の状況を思うと今はすごく成長して、自分でゆっくりだけど獲得して、なかなか他の子よりタフな人生を送っていると思う。

 

えらいとおもうんだ、ほんとうに。

 

人を求めてない、コミュニケーションを求めてないわけではないのですが、たくさんすぎてそこにとっかかれないようなところも至極あり・・・いまもあるけど。

 

そんななか、彼女は きてくださいね、訓練。 と言ってくれた。

 

ええ?喋れないのに言語訓練いけるの???と。

 

そこからはじまったのは・・・

 

一緒に遊ぶからすこしずつ、一緒に料理したり、ある時は息子の食べ方から舌の動きや口の動きの段階を見てくれたり、園の建物にある診療所にも勤務されてた頃は、給食の時間にどのような食べ方をしているのか、どんな食べ物を得意として不得意としてるかを見てくれていて、細かく教えてくれた時期があったり(家だと食べないことを思うと給食ほどの冒険心のあるメニューが出せない自分がいたので・・・)、出てる音から言葉を推察していろいろとやりとりをすすめたり、いっしょに字を書くのをトライしたり、それは字を書くというより、文字と音を引っ付けること、なんとかhearling pointingに向けようとしてくれて色々画策し続けてくれたり、そして座学にもっていく(学校に行く前の年だから)をしてくれて。。。

 

ああ、すごいな。すごいな本当に今書き出してびっくりした。すごいことを考察して仮説してくれてたんだな。。。

 

 

私も遊びながら、彼女に言われたことは気をつけるようになった。

簡単に解説 みてるものを言葉におこす

共感共鳴

感触のあそび からだのあそび

気が付いたことはやっていった。それだからと言って魔法は起こらなかったけど、後悔をせずに済む日々を園の放課後過ごせたと思う。

たくさん思い出がある。

 

 

さて、そんな彼女だからなのか、座学をしていた。

2音の音を聴かせる。聞こえた音の文字を選ぶ。正確に聞く、文字と音を引っ付ける。のところであったけど、もしかしたら先生が眺めていたのは、遠い先の未来、いどくんたちみたいに思いを伝えれるようにいつかなれるようにの仮説だったのかもしれない。

 

今年の3月に彼女の訓練が終わって、実に寂しかった。

もうちょっといっしょにがんばれたらうれしかった。彼女はとらばーゆして、自分のキャリアのために職場を変えただけで同じような子にとりくみつづけておられる。

 

彼女に言われたのはいろんな訓練士さんがいるので、私以外にもいろんな出会いをしてほしい。

そこからひらけるかもしれないし。

STやめないでほしいと。どっかでつづけてほしいと。以上回想おわり・・・

 

会話に戻ると・・・ 

 

のでまあ特別だと思う。長いし、関係性も深いし・・・。

ほんにんはしれっとしていて終わったら勉強いかんで済んだしね、みたいなかんじだったけど、彼女にたまに出会うと、嬉しそうにタッチしてるから。。。

多分彼女と座学するのは嫌いだと思うけどね。って話をした。

 

 

他言ってる訓練で座学できてるのはありますか??と、聞かれた。

 

ひとつあるけれども、それは、もうスパルタでした。パターンにはまるまでが、必要ない行動は一切無視で、それでもやったらタイムアウトに次ぐタイムアウト

トークン制で5個課題をする。その間は座っておくのが必須です。ただし言語でなく作業なので、はまりやすいのです。

そういう熱中する課題の間にせんせいがやりたいフォームの修正の課題が2つはさまってます。3つは熱中する課題です、単純でルーティンで。その中にももちろん指先の動きだったりを考慮した作業がはいっているのですが・・・本当に本人がしんどい訓練りはびりみたいなのも2つ入ってます。

これはこれで面白くて親はまるです。全部の先生にこれしてほしいとは思ってません。いろんな先生がいていいと思うし、息子も先生との関係性があっていいのかなとおもってます。

 

なるほど・・・

僕の訓練いいんでしょうか。うごきながらカードをとったりしたほうが進むんで僕もそのほうが、やりやすいのもあって・・・

 

もう何回も聞いてもらってるから恐縮なんですけど、それでいいんです!

どうもこの子は動きながらの方が覚えるようなのがあります。。。きのせいではないなとおもってたのだけど、もし先生もそう思ってるなら自分の思ってることと似てるかもです。やりかたはなんでもいいとおもいます。ほんとに。

先生は言語聴覚士さんなので、座って勉強してなくても、なにかを入れていく要素を見つけるのが私より速いし広げていくと思うんです。

だから動いてておっけい!お任せします。。。

 

 

で終わりました。

 

 

うごきながらのほうがすすむ。。。なんかこれ思ってることがある。

 

そういえば馬のところのセラピストさんも動きながら刺激を入れながら、頭にも入って言ってるようなところがあるからこの子は。といっていた。

 

ん。私が感じてることと似てるのかな???

 

そうすると、おともだちが、kinetic learningっていうのがあるんだけど、うまく日本語で説明できないけどそういうのがけっこう核心ついてるのではないだろうかというふうなはなしをなげてくれて・・・

 

それなにかわからないけど知ってみようと思った。。。

 

自分への宿題。多分新しいSTの先生のやってることに通じるような気がするんだ・・・

 

座学できないのはひどい子だと思うよ。自制がないとか将来どうするとかいくらでも問題を指摘できる。

でも、座学できない=勉強の機会をへす。そういうことでないような気もする。

学んでいく場をまずみつけることだって、できることだとおもいたい。

 

 

 

さて、ゆうべ。明日の予定、ST先生がいいと直訴されました。

 

またいきたくなったのか!びっくりした。

 

やっぱり先生大正解なんだとおもうよ。本人hearling pointingしたとかおもってませんからきっと。

先生の名前 せんせい いく!

と、写真を持ってきて、いわれました。

 

つぎせんせい16にちだわ。と、カレンダーに先生の写真を貼りました。

ふーん。不服顔でした。

 

せんせいにこれつたえなくっちゃ。