sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

自分の思い

自分の思い。知ってること。に率直なところがある息子殿・・・

 

 

先日の睡眠外来のドクターのところで、ベットの上に息子が退屈しないように、型はめのおもちゃと、クーケルバーンみたいなのがおいてあった。

 

息子はそれをすべて床に落とした。

 

 

落としたことは、あかんのだが・・・

 

 

どうするのか見てたら、枕に頭を乗せて、ベットに転がり、ぐうぐうとイビキの真似をした。
(最近イビキの真似ができるようになった。これもまたうちからするとエポックメイキング!)

 

 

でもドクターはやっぱり、落としたことより落とした理由を見てくれてた。

 

 

あはは おもしろいやつだなあ。

ベットは寝るものだよな。おもちゃがなんであるんだよ!だな。

 

 

と言ってくれた。

 

 

おかあさんとしては、どけるときはそっとどけたり、どこに避けるのかを考える知性を期待してしまうが。。。

 

 

そおっと机においてね。と頼んでみた。

 

 

そおっと はわかるのだ。そおっとした動作になるの。

 

 

ドクターのような人が多かったら私は助かる。誤解されずに済むからだ。
落としたりすることに焦点が当たると、なかなか、彼も表していく機会が減るだろう。

 

 

言葉で言えたらいいけどね。

言葉でいつ言えるようになる??と周りの子たちによく聞かれる。

 

どんな方法でもいいから、ソフトに表現していけたらいいね。

してはいけないことをわかって、違う形であらわせたらいいねえ。。。