sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

水泳教室

親子水泳教室 夏は行くことにしています。

 

しかしうちの子、自由に遊びたいだけなのです。教室よりそれが終わった後の自由遊びをしたいだけ???

 

先週は私とプールに行って、教室が終わってもまだいて5時15分ぐらいまでいたなあ。

 

 

今週はとうちゃんとプール。私は観覧席。

 

 

とうちゃんによるといろんな方々、先生、ボラさんたちに、 今日も5時までいるん?今日も5時か??と、からかわれていたようです。

 

 

 

さて教室。自分でフープの中に頑張ってつっこんでいっとりました。

相変わらず指示がとおってるというより、周りのノリで自分なりにやることに参加している感じ。

 

意識があるかないかというと、まあほのかに。です。

 

水は大好きなようです。

 

カリキュラムは体にイメージができるだけ入るようにを取っても考えてくださってるものに映ります。

 

毎回毎回少しずつイメージを高めていく感じ。。。

いいですね。毎年行けたらいいなあ。水慣れのレベルでもほんとうにいいし、体操したり段取りをだんだんと経験できたらいいし。いまはまだまだダメダメです。

 

さて、自由時間。 

わたしは泳げないわ、体育は2だわですので、一緒にいて意味はあるのかなあって感じです。

ボラさんたちや先生は 

からだのばせてる、とか 潜ってる時にいっしょにもぐって 鼻からブクブクできてたで。とか いろいろと わたしと違う視点で関わってくれてます。

 

 

水遊びの息子の友をみつけたいなあ。と思います。友というか友という名の師のような。。。

 

個別のコーチさんとかそっちかな。

 

 

教室が終わった後、まだまだ自由レーンでとうちゃんと遊んでた息子です。

とうちゃんはまだわたしより、心得があるのか、ビート板をもたせたり腰にまくウキをつけたりしていろいろしてくれとりました。

 

わたしは 中学生以上二十歳までのクラスを見てて飽きなかった。

 

親子と名はついてるけどほとんどの親は観覧席。

 

先生はひとりで、泳力が低いグループにはボラさんがいたり、先生が2人体制ですが、泳力がある、泳力がもう少しでつくグループには先生が一人いるだけで、メニューをこなしていきます。

泳力のないグループも水慣れ遊びの後はだんだんとビート板を使ってイメージを入れていくのの繰り返しです。

 

対面でしてくれたことを意識して自分なりに模倣していきます。

当然わたしみたいにどんくさくて、イメージどうりに本人は動いてるつもりでも、同じになっていない子もいますが、微調整微調整しながらそれを繰り返していきます。

 

ただそれだけなのですが、すごく教えるということと教わるということのあり方を見れたような気分になりました。

 

教わる側がどれぐらいなのかっていうのもあります。

うちのこ、体ができていて、体の器量があったとしても、やっぱり指示が通ったりおしえてもらうっていう体制になれていなかったりするから、これは考えものです。

 

 

 

たくさんの資質がありながら、普通の人が体得するようなフォーマットまで到達しないという人はきっとごまんといます。

 

 

 

先日見たテレビがすごく面白かった。

それはもうただ 愛 でしたが、 どうやったらその子がわかるだろう。どんな表現ならきがつくだろう。を頑張った先生と、運動資質があった子の話でした。

ただ、すばしこかった という感じだったかもしれない重度の知的障害のあるその子は、陸上競技が先生のサポートでできるようになりました。

記録も出て普通に競技に出るようになりました。

スタート台からすることを教えるのも大変だったと先生は言ってたような・・・

 

 

いろんなことを思いながら見ていたけど、教えていた先生やボラさん達が、気を配っているところ、根気強く真摯に取り組んでいるところが、一番印象的でした。

 

いいものみれたなあ。

自由レーンにいる我が子よりも、なんか面白かった光景でした。

 

このまんま 教室にたまに通って、中学生以上の部で二十歳まで来れたらいいなあって夢想しました。

 

 

それができるようになるようには・・・指示を聞く気があるような子になること

あとは着替えとか一人でできることか。

つれていって、そこで別れても着替えをして参加する。

ロッカーの使い方、いろいろやることあるなあ。。。またお父さんにもはなそう。

お父さんはきっという、まだ一年生やで。とかそんなふうに。あっという間にあと5年なんてたつわ。ボケ!といいたいかあちゃんです。
(まあ最悪身支度関連は、ガイドヘルパーさんを探すとかしたらいいのか・・・)

 

 

まあ、でも、強制はできないわね。親の思い。思い込み。願い。

子供の願い。別個です。