sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

発達の相談の病院。

発達の病院に行くため、学校帰りに駅に行く途中交流級の子たちと一緒でした。

 

息子ちゃん、どこいくの? 

病院だよ。 

どうしたん、だいじょうぶ。げんきそうだよ。

 

どう伝えるか大人目線のおばさんぼんやり考える。と、、、

 

あ、わかった、ことばがへんやからやろ。

 

 

でも息子ちゃんえらいとおもう、一年で一番小さいとおもうけど、えらい。

どこがえらいのかな?

小さいのにランドセルをせおってること。

あははは(よく下ろしてるんだけどね。今朝も背負わないと言ってたんだけどね。)

3歳ぐらいやと思ってるねん。わたし。

(おお、核心ついてるような。)6さいやでー。

ほしたら小さい6歳やね。

うふふふ。

 

 

息子ちゃんばいばーいい! ばいばーい! いろんな子が手を振ってくれる。

 

うちの子も手を振る。ばばい、またねえ。と。

 

みんななりに、知ってる言葉で、知ってる知識で、うちの子のことを見てる気がします。

おもったことを、ぽーん!って言ってるだけで、悪意はあまり感じません。

人を傷つけようという意図で、攻撃するようなことがあったら、わたしも思わず何かいうかもしれません。でもいまは、みんな、自分なりに、知ってる感性や自分の経験したことで持ってる言葉で見てくれてる。

 

 

さて、病院。先生はとことん保護者さんの話を聞くらしいので、ついたらまだ自分の予約時間より1時間前の人が話してるそうでした。

3時半の予約ながら実際見てもらったのは4時半過ぎから。

話を聞いて欲しい、なんとか悩みを打開したい。そんな親心に寄り添うのが身上のお方のようだ。

 

先生の講演に行った時に、

ゆっくりなだけで発達していく段階はみんなと同じ。のような趣旨の話をされていた。

ええ??障害の特徴はどうなるの???っておもった。

 

また、うちのような子は支援校に行くべきと言われがちなのですが、支援校に苦手な様子がある子なら、小学校就学で、支援級も子どもの発達にいいことだ。地元の学校が受け入れてくれるのならば、迷惑がかかると思っても、進路の選択の一つにしてもよい。という話をしていたので、受診してみたくなりました。

 

うちの子は、音のことでの苦手は多く、同じような障害の仲間でパニックになっている様子などが苦手なのですね。子どもさんの泣き声っていうのが一番苦手なところです。

年長の時、支援校の学校体験にいったときも、ずっと叫んでいるお友達がいて、困っていたけど逃げ場が見つけにくい感じでした。

支援級はパーソナルスペースがたくさんあるし、逃げ場もいっぱい。

実際・・・今交流級で、いやだとベランダに逃げたりするから、迷惑かけてるな。

でもやってもらっていて、ありがたいです。

 

音の苦手もいつしか、いろんな賢さが備わったり、たくさん入る刺激をだんだんと遮断できることも増えたら、マシになると聞いています。

いつかは支援校に行きますが、スタートは支援級から。と思った次第で近くの小学校におせわになっています。

 

 

初回の受診は就学前の3月でした。

このときは、みっちり、遊んでもらった感じです。どんな子かみてもらったかんじでした。

この時言われたのは、とにかくすきなことをみつけてあげてかかわってあげてね。でした。

 

次は6月ぐらい。学校行き始めて色々と困りごとがあるかもしれないので。と2回目の受診が決まりそれが最近でした。

 

今回、なかよしの先生のよりそいが、私的には無理強のない感じで、本人ももちろん頑張っているのだけど息切れするまで来ていない感じがするので特に先生に悩みを吐露することはなかったです。

 

病院の先生には、今回もよく遊んでもらいました。遊ぶのがお仕事。どんな発達の段階か見るには遊ぶことなんでしょうかしらね。

最近学校にやたら持って行きたがる、しゃべる、はてなんだの絵本をもっていきました。それでやりとりしてあそんでもらいました。

 

先生曰く、順調に成長してますね。このペースでやってください。

ずっこけそうになりました。 順調??? 

はい、ゆっくりなペースで普通に発達して行ってますよ。とのこと。

 

以前の講演でも、例えばクレーンという、自閉児によくある伝え方は、一瞬定型の子達もしているのだけど成長が進みその時期が一瞬すぎて目立たない。という話で、ただただゆっくりなだけ。という表現で、ゆっくりなだけの話をされとりました。

 

ほ???

 

夫も、順調に成長して行ってるって言われた。というと、ずっこけとりました。
三枝さんみたいになるわ。と言ってました。

 

説明としては、3月に様子を見た時よりも、お母さんへの働きかけや、こちらからの働きかけに対しての反応はずいぶん変わっていますよ。とのことでした。

 

 

先生から質問があったのは以下。

1、学校で子供達の受け入れはあるか?排他、攻撃的なことはあるか?

 ー私の答えは、 はっきりわからないけども、おそらくその心配は今はなさそう。

 

2、先生はむりにやらせていたりしないか?

 ーおそらくすくないとおもうけど、指導員さんはそこは頑張ってくれようとしているかもしれない。

 

質問の後、なぜそれを聞いたのかきいてみたら、以下のような話でした。

 

1については、先生たちがおそらく、子供達に、どの子もいるこだという環境を作れていたら心配は少ないので、そこを知りたくて聞いたそう。

 

2については、無理にさせることはまだ小さいしできるのだけど、それをしたところで、その行動が定着しにくい、むしろ、嫌なこととなるから、まずは見せて解説してあげるだけで十分。

本人の成長の中で、みんなと一緒をやってみよう。となったり、理由がわかってやったり。それが今年でないかもしれないけど、わかってないから見せてもしょうがない。というより、まず見せる。

見せれる環境をつくってあげることだという点で聞いたそう。

本人がすぐに見れなくても、見ないから見せないとならず、その環境を作ることだそう。

 

もう一点の留意点としては、お世話好きの女の子が、おねえさんぶって、全部やってあげたいとかが出てくるかもしれないけど、それはその子にも、ちょっとした手助けだけというのをするぐらいにしてほしいと、先生に助け舟をだしてもらうように、お願いしてあげてください。とのとこでした。

 

支援のお手伝いは欲しいけど調整というのがいるものなのですね。。。へー。

 

 

質問はあるのか聞かれたので私から聞いたのは、

 

 

  • 体操服がいやだったり、給食当番の服が嫌だったりする。そこはどうしよう。

みんながつけている。しているのを見れる環境にあり、みんなつけてるね。とか声かけをする。
つけれる環境を与えること。時期が来たらつけるだろうと思われます。気長に。とのことでした。

 

  • つばはきがあります。どんなときにありますか?ときかれたので、退屈な時、嫌なことがあり不満がたまっている時、注意を引きたい時 かな?家では自分のやりたい放題なところだし忙しいからかしてないけど、学校ではあるようです。

 

注意を引きたい時にやってたらそれは無視。

それ以外は、気持ちの正しい表現にだんだんおきかえることをすることです。具体的には、不満だった感じの時は いやだね。 わかりたいのだね。 退屈なんだね。 のように気持ちの内容の言葉を伝えることです。とのことでした。

 

 

とはいってもつば吐いたりする時って、もうこみ上げた感情が止めれてないところなので、こっちに注意が向かないし、伝えても入りにくい状況です。

それでも気長にそうやっていくしかないんだろうとおもいますが・・・。

なかよしの先生が気がついてくれた、みんなのつかうところ の話はしたかったけど、今回は呑み込みました。二学期に存分にするチャンスがありそうだし・・・

 

 

2学期の運動会、音楽会、で崩れるかと思います。って話を後最後にしました。

 

繰り返しの練習が嫌いな子が結構多いです。同じところを何回もする。待つ 話を聞く やりなおす。のようなことが苦手な子が多いです。

 

とのことでした。ああ、嫌いそうだなあ。
なかよしの先生にお手間かけそうだなと憂鬱になりました・・・

 

 

次は、運動会と音楽会の間ということで、10月に来てくださいでした。

 


今回のところ、子供の学校の日々もオッケーそうだし、わたしもそんなすさんでない腐ってないかんじにうけとめてもらえてるらしく、

 

このまんまのペースで育児してくださいね。って話で締めてくださいました。

 

一番に、先生は、こどもが落ち込んだりしてないか、親がへこたれてないか を見てると思います。

本当に落ち込んでいたり、塞いでる感じの親御さん、子どもさんたちをたくさん見てこられたのかなとおもいます。そういう方にはけっこう上向きに行けるようにご助言に時間を割かれるのではないでしょうか。私んちは今回20分ぐらいで診察が終わりました。

 

 

いまのまんまで大丈夫。ずっこけますが、なかよしの先生のおかげかなと思いました。