sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

先生頑張ってる!

朝、はてなんだくんと本を先生にどうしても見てもらいたいと、学校に持って行こうとしてもめる。

 

ドアの前ですったもんだ。10分経過・・・

遅刻する!

 

根負けして、学校で断ってもらえと思って持って行ったら、、、

 

ああこれ勉強にもなりそうだし、いいですよ。で、仲良しの国語の時間につかってもらったらしいわ。

 

思いを殺さなかった先生。ありがとう。

 

どんどん先生との関係ができて行ってる気がする。。。そんな中、週末、先生は仲良しの上級生との社会見学で不在。さて、これも楽しみだ。。。

 

お父さんに朝のすったもんだを連絡したら、視線の注視を鍛えたいな今。ってはなしがきた。

注視をやる機会、学校だと挨拶かな。
学校の先生あきらめずみんな挨拶してくれる。子供全員がそうなれ。っておもってるから、てをぬかないから、成立前よりしてるよ。挨拶。
子供達もすごいしてくれるし。うちの子に。

というと、そうか難しく考えんでも日々のことなのか。と返事が来た。

 

日中うちの子の声がするので空耳かと外を覗くと、うちの子が交流級の子達と校区探検をしていた。

うるさかったのは整列してるときに さよならー ありがとござましたーっていってたのです。そうかそのフォーメーションの時の言葉のフレーズはそれなんだね。朝礼とかそういう経験からか。。。あはは。

もちろん嫌で終わりたいからそのフレーズが出てるんだけど。整列とかろくなイメージないんだろうね・・・

 

家の横を通るのに、帰ろうとせず従って行ったのが新鮮だったわ。家はすぐそこなのに。

あとで先生とはなすと、それはとってもわたしも嬉しくて、かえりたがらず、いえに帰る時間までは学校の活動とわかってる感じで、わかっているんだと思いました。とのこと。

 

わたしはきがつかなかったけど、近所の人がうちの子が ママ〜って言ってたのを聞いたそうでおしえてくれた。

家の横だもんね。それもある意味嬉しく。

 

先生の様子はたいへんにみえた。
うちの子段取りの流れが掴めてない中待つのがまだまだすんなりできないからね。感情を出すし。

 

交流の参加は結局つれまわすみたいになりわかってないまんまに参加になることもあり悩ましいと正直に話してくれる先生。すきです。

 

先生に共感しつつ、親なりにこれにフィードバックしつつ、あとはお任せしてるけど、先生は、前向きに、共生のあり方をさぐってるので、そういう話を正直にわたしに吐露しながらもがいてくれてる感じがします。

一緒に育てようっていう感じがしてます4月からそれは変わらない。

結局任せてるけど、お任せください!っていわれるより、なんかわたしは嬉しい。

 

そうそうわかる。先生大変だと思ってる。って言えるし・・・

そうそうそうなの、うちの子だって頑張ってるしねえ。。。もしわかる手立てがあれば・・・平等は無理だから、公平の視線で!みたいなトークをしてみるかんじ・・・

 

この公平!というのが実に頑張りどころなのだけど、先生に無理をさせすぎずそれをちょっとでもやる。をどうしてサポートしよかなをいつも思っている・・・

 

 

 

放課後はデイに行きました。

 

火曜日は運動系。ここは、ほいほいいきます。

仲良しの前のドアでお別れしてささっと行きます。ばばい!!って感じです。

 

月曜日と木曜日のところは、月曜日はほいほいいかない。

週明け始まったばかりの月曜日のせい??
月曜日そこでやることがまだ何かわかってなくて不安とかそんなへんかな???
月曜日は設定の保育が毎回違うからのせいもあるのかもです。。。
でもそれもまあよしと。

 

火曜日のデイからかえってきたら、近所の交流のクラスの子が一緒に遊ぼうってきて一緒にボールしました。

そう、先生が昼間、交流クラスを時間長めに頑張った日、こういうのが必ず起こるの。

交流のクラスの子が帰り寄ってきたり、関わりが増えるのその日は・・・。

 

だから、結局連れまわしてわけわからないまんま参加。って本人の問題はあるけど、こういうお釣りがある。

これもまた共生。とも言えるような・・・

 

その日は、一緒にボール遊びしたけど、うちの子が取れそうもないと思ってた玉が取れたらすごい、真剣にびっくりして褒めてくれたりするもんね。

 

うちの子が一年生なのに一年生らしくない。わかってないみたいに絡んできた子がいたけど、そういう話は流してくれるの。でその子が他のことを話したら拾ってたり。

 

不思議だ。その子を非難せず、一緒に遊ぶけど、いらんこと言ったら、無視するねんなあ。

よくいう、ふさわしくないことを無視するの極意を見た気がするよ。

 

でもその子も悪いと思わない。

 

多分その子は、一年生になったらこうなるべきみたいな話を、幼稚園やら親やら大人に聞いていて思ってることがあるのでしょう・・・本当悪気ない感じに思える。素直に思ったことを、ポーンって言ってる感じ。。。

 

価値観っていうのがだんだんと自分の経験で作られて行く途中だから、こどもがちょっとまちがってもいいやんか。と思ってしまう。。。

 

デイに見送ったあとの先生の言葉を思い出す。

息子ちゃんかわいいよ。と言ってくれた。

支援も大事だけど、可愛がってもらうことが大事。。。かなと。今日も学校でウンチした。とききました・・・

学校でのウンチが増えていて、今まで家でしか安心してしない人だったのに不思議だ。。。

 

 

デイでは、個別にその子のための個別の運動をする時間を持ってもらっている。今日は何したか聞けなかった。帰ってすぐ、ボールすることになったのでドタバタしていて。。。

 

連絡帳にもそこは網羅してなかったんだけど、違う話が書いてあったのが面白かった。

順番を待ってる間も、なんとか、個別の教室に入りたい(運動がたのしいんだろうね)から、入ろうと隙を見てするんだけど、みつかって共同の自由遊びの部屋に戻される。。。 

思いついたのが、一緒にマットを運ぶこと。

スタッフさんが運動道具を個別の部屋に運ぶ(それぞれの子にカリキュラムがあるからそれに合わせて道具を準備するんだろうね)ときに、いっしょによいしょよいしょと手伝ってそれでまんまと入室していたそうだ。

そこは評価してくれていたのが面白かった。。。

頭を使ったということだったみたいです。ありがたい。可愛がってもらってる気がします。