sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

今朝もちょっと不調

今朝は朝から、運動系のデイにいきたいそうでして、学校よりそちらだそう。

 

 

おお。最近そんな感じですね。

 

色々と学校の感じの自分のイメージができたのかもしれない。

そのイメージをやらされるのはどうなのか??みたいな時期に突入してるのかもしれません。

学校という刺激からの、次のステップ。

 

 

常に楽しいをどこかにもってこようとする、生命力。
まあ大概周りにそれを封じられようとするのとのせめぎ合いをして生きてはるんだが・・・

 

 

とりあえず、遊びを止めて学校に行くことを了承して、玄関を出る。

とちゅうまでいきはじめたら、なんだくん!!!と言われる。

 

 

なんだくんはおうちであそぼう。学校はなんだくん持っていかない。
というと怒る。でも泣かなかった。昨日は泣いていたしねえ。 

 

 

はてなんだ持参を断ったのもあったのか、絶対ランドセルは背負わないという。

 

 

途中の公園でもあそぶという。

 

   

つばためは、なしだった。

音のチューニングもなし。

 

 

学校のなかがみえる柵の外から、急遽決まった集会に向かうみんなを、

 

 

おらーい

おらーい

おらーい

 

 

といいながら、自分が操作して、なかに運んでるみたいに体で表現して遊んでいた。

 

自分が手を運ぶと、みんな体育館に吸い込まれて行くもんね。

 

たくさんのクラス学年。それはそれはおもしろいだろう。

自分がまるで魔法を使ってるみたいに思ったのかな。

みんなが入りきるまでやって、達成感。

 

 

ふとファンタジアのミッキーの水汲みを思い出した。

 

 

そんな感じだった。

 

 

こういうところきらいじゃないねんなあ。

 

ユーモアというか 夢想というか・・・

 

みんなは集会がはじまってる。

 

で、なんとか到着。遅刻やわな(^◇^;)

 

到着時の表情を見て、先生何か感じとってくれた模様。

 

 

多分朝からこれは低調かなあって感じに受け取ってくれたかな???