sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

スライム作り

週末の参観日、支援級のいろんな学年で、スライムを作るのが参観対象の授業でした。

わたしはいかず、お父さんに行ってもらいました。

 

 

私は最近、ばばい!いてきます!とお別れします。
なんかわたしはいらないらしい。

 

最近、ほかの子の遊びの輪にはいりたがるようになってきた(近所の)って話をしてた時、ようやくお母さんから手を離すのをはじめたね。っていうのを、発達支援のボラさんに言われた時、はっ!としました。

 

そうなの???

そうなんですか???

 

そうよそうよ、そういうもんなのよ子供さんって、だんだんそういうふうになって、いなくても一人でやるよ頑張るよ。って自分でなっていくからね。

ボラさんといっても、彼女。長年幼稚園保育園で先生して園長先生もしてきて・・・

乳幼児期のことなら親よりも経験値深い人。

 

 

ほー。。。

 

 

はなしておあげよ。手を。はなしておあげよ距離を。って言われました。

 

 

ほー。。。

へたくそなんで、心がけたいものです。

(ああ、馬セラピーのところでもらうアドバイスも全部これだった)

 

 

そんな背景もあり、お父さんがいきました。
登校一緒にするって感じで私には、ばばい!と言いました。

 

1、2時間目が解放授業だったので、別に参観スタイルは自由なかんじ。べったりでも、すぐ帰っても。

 

気になったのでこっそり窓から覗きに行きました、20分ぐらいだけどね。

 

交流級のお母さんたちに会って、彼女たちも、2時間ぶっ続けて自分の子供の授業を見てきたと言ってたので、長い時間学校にいた人たちは結構多かったようです。

うちのおとうさんも、びっちりいっしょにいたようです。支援級は、参観というより親子保育の様相でした。

 

スライムを作りをしてもらってました。

 

 

前日、すらいむたべませんか??? と聞かれました。ありがとうせんせい。

そうね、うちね、つばとかもあるし、きれい汚いとかちょっと怪しいもんね・・・
なんでもカテゴライズがあってほんと、つらいところだけど、 

 

【行動障害】の要素もなきにしにあらずだもんね。

 

スライム作りは、感覚統合の療育的な部分から、通っていた園でも、言語訓練でも、作業療法士さんがしてくれる訓練でも、しょっちゅうあったのですが、いままで食べてるところは見たことないですわ・・・

と話しました。

 

 

授業のあとで先生と話すと、ちょっと口に持って行こうとしてお父さんが止めていた。ときいたので、落胆していたら、おとうさんが、あれはわざとだねえ。。。ニヤッとしてたから。と言ってました。

 

そんなスライム作り、うれしかったのでしょう。

私の姿を見つけたら できた と言って持ってきました。

 

いままで散々つくったやりかたとちがって、洗剤と、せんたくのり 2個で作るものでした。ホウ酸なしでした。

アリエールかボールド と 洗濯のり だそうです。

あまり練るとスライム化しないと、お父さんが聞いて帰ってきました。

 

 

さて、スライム、改めて遊んでいるのを見ると偉大だなああ。

 

f:id:snoopyoko:20170613105826p:plain

指の動き色々。。。

 

f:id:snoopyoko:20170613105914p:plain

 

細かくちぎって拡げ

ちぎるのも、集めるのも指先をすごく使う。

集めたら手首回転してさらに指でたぐって、まとめてボールにする。

 

ああ、偉大だ。。。

 

家のスライムでやれば、粘土でやれば。それもあるけど、やっぱり、先生と作った、みんなと作った、おとうさんもそばにいた、とかそんなモチベーションも何か効果があるだろう。

 

ありがとう先生。

 

 

さて、交流のお母さん二人(もともとお友達付き合いが子供がいる前からあった)が、うちの子がどこにいるのか聞いてくれたので、理科室でスライム作りをしているというと、見てみたいといって、覗いてくれた。

 

いろんな学年の支援級の子たちが親と作ってる姿を見て、

 

へえー・・・のびのびやってる。
みれてよかったよ。よかったね、なんか。って言ってくれたのも嬉しかった。

 

 

おとうさんは3時間目で息子とお別れ。

そのあと4時間目終わりに迎えに行った。

 

交流級の面々がそとで朝顔の観察をしていた。

 

どうせうちの子はなかよしのなかにいるだろな。とおもって校庭の隅に座って時間をつぶしていたら。。。

 

パパ といって 息子がそばに来た。
なかよしのせんせいと一緒に校庭にいて驚いたそう。

 

 

朝顔の観察してたので、 はっぱは?ときいたら おっきー と言ってたのと、
みどりー って言ってたので、それを観察の紙に書いておきましたよ!って先生がおとうさんに言ったそう。

 

 

おとうさんは、先生のおかげで学校いけてるんだと思うわ。息子にとってとてもいい先生だと思ったよ。

ふつうに人間らしく接してもらってるのがいいなと思う。と。

もうずっと先生がいいなあと言ってました。

(せんせいは、たいへんだろうからにして、くるくるまわっていったらいいかなってもちろん思いつつね。)

 

 

家に二人で帰ってきてご飯を食べてたら、急にさめざめ泣き出した息子さん。

 

がんばたねーがんばたねーと。

 

 

普段と違う雰囲気だったからかねえ。まあ頑張った頑張った。

というか、日々頑張ってるんだろう。。。

 

交流級での授業参観だと、きっともっとしんどいものになるから、せんせいたちのご配慮が良いと思ったよ。

 

分けてる 分けられてる というわけでなそうな・・・。

 

うちの子には良い配慮だったと思った。

窓からいろんな人が観れる状況だったのもいいなって思った。

 

 

広告を非表示にする