sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

こころの表現 ひとの良心

月曜日パニパニした息子さんで焦ってたわたし。

 

でもいつも考えると、障害特性とかそういうのではないなって思える。

自閉症の子の障害の特徴でパニックというはなしはよくある。

こだわりのせいでパニックになるとかそういうことで、パニックすぐするーってレッテルみたいなのが貼られてる感じ。

 

でも月曜日のパニパニ、考えてみたら、すごい普通の子でもあることだなって思う。

 

わたしがこどもをつい障害の特徴かなと思って焦りそうになるのを見て、近所の人が、まだこどもやで、小さい子やねん。特に小さい子みたいなもんやから、実はそう特別でもない理由がある思うねん。と話をしてくれるとき、すごく励みになる。

 

障害特性。っていって処理してしまうのは簡単。何も解決してないけど、対峙するわたしは頭の中の処理が楽。けど、近所の方々の何気ない言葉で、ハッとすることがある。

 

 

 

だいぶ前、ご近所さんと話していて、しっかりされてる同級生がすごく怒って手がつけれなかった話をしてくれたことを思い出した。多分わたしのために、わざわざ、どの子も一緒だよって思いで、話してくれてると思う。

 

 

それはまだ5月になったころとかそんなだった。

体が成長したから、ちょっと椅子の板の位置をかえたら、大騒ぎになったそうです。

そんな怒んなくてもって親が思うぐらい わー! って泣き崩れた。

親は、やるせなくなって、もう外行って気分転換しといで。と外に遊びに出したら、帰ってきたらけろっとしていた。高さの変わった椅子でもよかった。

 

なんでだかしらんが、びっくりしたわ。という話でした。

わりとはやくに理路整然としたところにも気がつきがあった子に親もみえてたそうで、こんなことは実に珍しいしびっくりしたと、言ってました。

戻ってきたときけろっとしてたのも、ふーんって思ったけど、学校生活慣れるのに頑張ってるんかもなあ。とお話ししてくれました。

 

 

 

かえりに、しんどい日、ぷぃっとむししていく、一年生の子。

きのうはヒューマンビートボックスしながら私に詰め寄ってきて、わたしもかえせばよかったけど、いい返しができなくってうろたえてたら、このひとつかえねえーみたく、ビートボックスしながら、一回去って行ったが、また、ビートボックスしながら、もどってきて、わたしの目の前でビートを叩いていた。

わたし、やっとで、絞り出た音が

 

Yo Yo

 

でしたが、納得されたらしくサムズアップで去って行かれました。

きのうはいい日だったのかね。。。そんな感じ。

 

 

 

わたしが、うちの子に世話を焼きまくってるように見えるらしい、子達。
たまに庇いに来る。

 

わたしが危ないとかうるさく言ってるとき、あきれた顔でわたしを見ている。

 

ボール遊びをしてる横を三輪車で通過したがるから、みんなに邪魔だし危ない。違うところで乗ろう。と話してると、守るからだいじょうぶや。と言ってわたしを睨む子。

 

おもってることを、しゃべれるからって、そのことズバリで言ったりしない。人はそういう言葉の雰囲気みたいなのでも、思いを吐露してたりする。

ズバリでないことでも表現していたりする。

 

 

思いがはっきりと言葉と結びついていない場合もあっての行動もあるし、

確信しててもはっきり言いたいことを黙って違う行動で示してくれてるときもあるなあ。と思う。

 

こどもの世界にあまりはいりたくないなーやっぱり。大人は〜。。。

なるだけ、治外法権であってほしい。

 

知らんぷりしつつ、目が光ってる環境というか、見守られてる環境。こどももその方が居心地いいだろう。

しかしうちの子車が来てものんきだったりして、そばにべったりで、わたしがちょろちょろしててほんと、申し訳ない気持ちが募っていってた先月、ご近所さんの年配のお方にであった。

 

学校楽しくいってるか?っていわれて、ん?というと、遊べてたらいいんや。学校で。とのことでした。

ほう。

どのこもそやで。とのことでした。

 

なるほど!すごく響いた。

 

会話の流れで、先生や友達たちの良心に頼ってやっとこさでやってます。

家の前で遊んでいても、うちの子に誰かが合わせてなんかしたろう。っておもうその良心があるから、本人が楽しくいれるときがあって、人に頼る日々。ひとの良心に頼ってばかりなのです。

と自虐気味に話したら、

 

にんげんはみんなそうやってる。どんな年のひとも、障害があってもなくてもみんな、周りのひとの良心に頼って生きてるんだから、どのひともいっしょやで。
ひとから良心がなくなってしまったら、つまらない世の中やで。

 

とのことでして、ほう。ちょっと方の荷が軽くなりました。


皆さんに迷惑かけてる、とかそういう気分で生きていたので・・・

 

良心にあぐらはかいちゃいけないとおもうけど、頼るばかりのわたしも誰かの助けになるかもしれないとおもった。

 

 

日々ありがたい世界。

 

 

広告を非表示にする