sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

馬と息子を思う。

♪うまのセラピーに行ってもらい始めた頃、しばらく最近まで、息子に対して、いろんな願望がありました。

 

 

特にいつも思ってきていたことが、うまの気持ちにきがついてほしい。他者の気持ちに気がついてほしい。

 

 

おうまさーん - sosonson これはセラピー初回。

おしえてくれた友達のお子さんとともにセッションでした。

セラピストさんが一人で遊びを作り出す息子のことを、すごく大事なことだよと、はなしてくれた。前からそこはすごいとは思ってたけど、自分が思ってるよりすごいことだよみたいな勢いで話してくれた。だけに嬉しかった。でも友達とも遊んで欲しい。って言ったら苦笑いされた。

 

わたしがみた馬さんセラピー まとめ - sosonson 3回行ったあとの時に書いているのは

うちの子が馬をすきなのかはまだわからんけど。

好きになったらええなあという、ママの邪念はある。たぶん私はもう馬にはまってきてるから。今お尻骨折してるから乗れないけど。

っていうか乗ったことないけど。なのになんではまるのさ?だけど。
でも見てるだけで感じるだけでもいいような。。。むしろ見たり触れたりしたいな。
なんだろうなんだろうが止まらなくなってきた。

 

うま。 - sosonson  

うまーうまー - sosonson 6回ぐらい過ぎて思ってることは

本当に息子に、自分自身で気が付いて欲しい。困ったことをしないでお互い楽しく一つになろうとすることを。こちらでいろいろ解説するわけでもなく、あの、馬と息子のノンバーバルな世界の中で獲得していって欲しい。

たぶんセラピストの先生もその邪魔をなるだけせずに安全を確保していると思う。

そんなセラピーの時間です。

セラピストさんはうまたちの気質を尊重している。そこを尊重するから、馬が自分のエリアにいれてくれるんかなとおもいます。

うまさんには、うちの子も繊細さが重なります。

周りに不安や怖さがあり・・・私からすると息子とうまさん。
似たものの匂いがします。

繊細さと裏腹にマイペースなところも似ています。

 

息子には親としてうまとの対話ができたらをねがうわ。。。

乗るにかぎらず、ひとつの動作に

なにかこころが通う瞬間があれば。。。

馬は乗るものとわたしは、おもっていきていたらしく、乗ることだけやないのにホースセラピーに通ってきがついた。

心を通わせるのようなそんな時間。乗ることだけでなく、馬を引くことも、草をあげることも、グルーミングすることも。

尊い、パートナーくんの生きる時間を、わけてもらっているのを、ひしひし感じるからら願いとしてはパートナーくんと息子ちゃんが 楽しくなること。

いつきがつくかな、、、

 

うま⑨一瞬一瞬 - sosonson このころもまだまだ、お母さんの願望まで混じっている!

うまくんは、正直楽しそうに見えないことが多い。もーぅ ふぅ、ってかんじです。たまに、セラピストさんに、なんとかしてようぅ。あの子ったら。っていいながら、見ているかんじがします。


うちの子がのるとき、そのセラピストさんが引き馬をしてくれて乗るのだけど、そのセラピストさんが引いてくれるから乗れて、それゆえ乗馬の効果もあるわけで・・・
セラピストさんとうまの関係にあやかってるかんじです。

一番やって欲しいのは引き馬!!!やってくれー!のに最近はしょろうとしているぜ!おいおい!やっぱりうまをモノ的なかんじなんじゃないのかい兄さん???

わたしが一番したいのも引き馬。

 

うま十 - sosonson 10回目のころ。これなんて虐待レベルの発想ね!!おーまいが!

うまのこころにはまだきがつかず
いまやることもとんでしまう。

引き馬もぼちぼち。
ブラシングもぼちぼち。
乗るのも被り物拒否でぼちぼち。
かたづけもぼちぼち。

ぼちぼち三昧がすごすぎる!もう辛抱堪え兼ねる!

 
つい声をかけてしまった。

この場合はお母さんの朝からのバイオリズムのせい。

 

 

 

ただ、いまをみまもる。手出しをせず。でも近くでみている。

そんな心境になろうと、頑張ってそのモードにするようにしようとしても、10回目にはこんなことになってます。お母さんの気持ちの中は。

 

ただ見守るの意味を理解していなかったんだとおもいます。

セラピストさんたちに影響をもらって、そのことをすこしずつ気が付かせてもらってきたかんじはあったけど、本当に自分に入ってないので、我がでてきてしまう。

そこをそれとなく、つたえてくれようとしている、気はかんじていて、でも、まだほんのりとしか自分に伝わってなかった頃です。

 

 

うま15 - sosonson この日はダメなところは感じてるけど、修正したところに気がついたり、ダメなことを見守るぐらいの気持ちになっています。

おせわになっているうまくん、もしうちの子が走らせてあげれるようになったら・・・きっときっとうまくんは楽しいなって思ってくれそうに親二人には見えます。

 

きょうも、うまくんを、いろいろと、息子がおどろかせました。

くさを はいどうぞ!って しゅ!!!!って差し出したのにびっくりして後ずさりしてたし・・・

馬場についても、マイペースに自分の気になったものに没頭していくので、うまくんは、歩きづらい。
こまった動きをする息子に、わしゃうごかんぞ。と止まっていました。

顔見て ん・・? 隣ってから息子さん引いて、ようやくうごいてくれましたが。

そういうのっていいなとおもいました。

 

 

まだまだまだまだだけども、おせわになれる環境が作れるうち、むすこが、うまくんとの関わりを持とうと思ってくれる間は行きたいな。

 

 

13回目の日、個別支援の相談をした時には、息子が馬を好きにならなくてもいい。ってはなしができるようになっていました。

 

もちろんいまも、馬の気持ちに気がつくほうがいいなとは思ってるけど、人に言われてというか、これはこう。って教えてもらうより、自分で発見していくことができたらいいなっておもってたのを、より強く思った。その邪魔はしない。見守ろう。ってなった。

 

いろんな伏線があって、だいぶ自然に、そういう気持ちに今は向かっています。

人は変わるね。

 

 

馬は今もきになります。むすこさんはおいといて、やっぱり馬はみていてすきです。

かかわりたいけど、それはウォッチングしたいのがメインです。
生活している馬を見たいなあって思いは、私の中に相変わらず強くあります。

 

馬と一緒に生きてる人曰く、

うまとつながったとき!すごいエモーショナルな気持ちになるようです。

彼らのそのキラキラした、すっごい気迫のある言葉の説明は・・・なんか、これをいうと不謹慎なんだけど、ドラッグにハマった人みたいに、エロにハマった人みたいに、ええから!ええで!!!

っていうすっごいモードで、ぱかぁ!って開いた感じのオーラなので、きっとそうなんだろうなあ。。。ゾーンを越えた人たちの、声ってのはなんかすごい熱があります!

熱と圧。

 

 

ひいたり

のったり

 

なんかやってみたら、グッときそうたしかに。
いまもやっぱり、引き馬はしてみたいな。

 

したらそんな気持ちのチャンネルに、行きたいって、わたしも入るかな。

 

 

想像つかない。

 

でもいまも、家族や集団でいる馬を見るほうを、してみたい。半年ぐらいそう思ってるからそうなんだろう。

 

集団のなかでさぼるうま、いきってるやつ、役割を見て感じてみたいな。

親子がどうするかみたいな。

 

じぶんのアンソポロジー!

答えは自分で探すのが楽しい。すでにわかってることかもしれないけども、自分でビジョンクエストォ!

 

 

広告を非表示にする