sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

自分の育児感が変わっていってるわ!

がまんはどうなったのか?

相変わらず我慢力が低いのですが、ほんとうはだめなんだよな・・・と、揺れてるかんじは前よりあるきがします。

 

結果もさながら、揺れを見るのは結構ポイントだと親も気がついてきました。
できるできないと違うところを見るみたいなの。
このことを書いたときよりもっとその意識は親は高まってきました。それは、馬のセラピストさんからすごい教わったことでした。

 

やっぱりやりたいことのなかで、何時までとか、これがすんだら。っていうやり方を小さかった頃はするのので精一杯。
帰りに遊びたいのはもう私にはしょうがないことだった。遊びのなかで勉強をしているのかな?ともおもったので・・・


切り上げるのは前よりスムーズになってきました。

5時だからとか4時だからとかそういうのも入れたら反応も出てきました。

少しずつ少しずつ世の中を知っていくと変わるのかな???と思っています。

いまもまだ、遊びが中心の発達段階のように見えます。

 

 

 いまもいやだったことはまえもあったけどどうだったのか???

けっかとしてはやんでません!!!!

その後、療育などの場はもうここはこうだ。とあきらめたので、やらない率が上がってきてやらなくなった。みたいなかんじをきいていますが、またストレスがあるとやる、のが新生活のようです。

こまってますいま。わたしね。やめてほしくって。

 

療育現場での、先生たちの対応は無視でした。

 

え?とおもってましたが、

 

大きな反応にすごくニーズのある子で、反応があると悪循環するようなところがあるんだな。とだんだん親も理解してきました。

まだ迷っています。無視がいいのか、ちゃんとおしえたほうがいいのか???

 

ふー。

ほんと、もう、いや。

 

でもこれも、ちょっと耐えてからの、がまんが途切れるのときもでてきています。
なかなか難しいですが、これもまた・・・結果もさながら、揺れを見るのは結構ポイントだと親も気がついてきました。

 

どのぐらい耐えれたのか。とかそのあたりです。

 

 

どうやっていいかまだ悩ましい。

広告を非表示にする