読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

うま15

馬15回目。

 

 

今日は、初めて、乗りませんでした〜

おりる!

かえる!

と、馬さんの上で言っておりましたよ。

だから、おわりましょうかとなりました。

 

 

でもね。。。

ほんとはやりたいとおもうんだ。とお父さん。

 

 

セラピストさんたちもその辺をすごくわかっていると思われます。

 

揺れる気持ちなど、緊張など、いろんな心の模様が、馬の場所ではでてきます。

余白があって彼の様子を言葉のように考えて受け止める方々がいて、まだまだつづきますからね!

 

ってかんじです。

 

最初の回からしばらくは、言われたことをやっていくみたいになってました。

でもいまは 自分で整えて向かっていくのかんじ・・・さて、、、

 

がんばってます、

と終わった後セラピストさんと話をしました。

 

  • 金具をできるようになってきた つけるの はずすの。だいぶ上達。始めた頃は全く歯が立ってなかったものね。
  • 馬に乗る意識はすごい高い。
  • 騎乗して、親たちにタッチする意識はあった、タッチ。っていってた。
    帽子がどうしても嫌に感じた?帽子が嫌と言うだけだなくて、反発するふりのアイコンだったのかもしれない。
  • 馬のリードをちゃんとひくのもよくできてた。ちかづいてくるのをわかって、金具をとるとか、引きの気配はよくなった。
  • いまは、トランポリンと、土の遊びにすごく気持ちが入ってる。
  • トランポリンに土を投げなくなった。なげるのはとめないとだめだね。
    トランポリンの上に土を乗せて自分が跳ねて、土が飛んでいる様子の視覚遊びをするためもあって投げてるから、またするかもだけど、とりあえずは土は乗せたらだめってわかった感じがします。
  • 一回一回新しいことができていってる。
    草のあげ方もちょっとずつ違う様子が見えてきた。
    いつも口が当たったら、ズボンで拭いて、感覚消去していたのに、手が当たっても、受け入れるというシーンも増えていました。

    f:id:snoopyoko:20170504100032p:plain

  • 感触を遊ぶ。草をあげてるときも、くしをかけるときも。それはまだ強いけどそれは見守ろう。
  • 馬が近くにいる感覚は確かに薄いけど、これも見守ってるうちに変わる。まだまだ楽しみ。
  • 終わった後も挨拶ができた。
  • うまを部屋に戻してあげれた(これはいつもここを強調して褒めます。たとえ逸脱しても最後のここができたらすごくほめます。だいじなことなんですね。)|

 

 

 

22日に個別支援の面談で、セラピストさんに教えてもらった、トランポリンの技、その後2回のセラピーの間にだんだんとできるようになりました。

そうか2回だけか。。。すごいな。

 

わたし、やってみたら、できない!!!

 

わたしにだって、真似する意思もあるし、からだもうごかすけど、できない。
すごいなとおもいました。

 

指先手先のことはまだまだ弱いですが・・・
体のイメージ力が前より上がってるのをすごく感じました。

 

 

トランポリンに行きたいからついたときも びょーん びょーん って言ってすぐにそこに走って行きました。
おわったときも。同じく。

 

 

今日の母の不思議は・・・

馬場には雑草は生えないけど、端々にはなぜ雑草が生えるのか。。。

馬場の土はふかふかなのでふしぎです。雑草が生えてるところでも、ネギとか野菜が生えてるところはさわってみたらふかふかでした。

 

冬場は枯れっとしていた雑草さんたちが。青々と。馬の道草頻発です。

でもうちの子の後訓練していた子、夫が見ていたら、道草のとき、セラピストさんたちが道草の中での行動をいろいろとさりげなく教え、促してたようです。

そして、引き馬をひろいところでやっていたそうです。止まる位置がずれたのでもう一周したり・・・

 

まだまだ学ぶことがありそうで、すごいなあっておもった。と言ってました。

 

素敵だねえ、その子のように、学ぶ機会がながくつづくといいなあ。

 

 

おせわになっているうまくん、もしうちの子が走らせてあげれるようになったら・・・きっときっとうまくんは楽しいなって思ってくれそうに親二人には見えます。

 

きょうも、うまくんを、いろいろと、息子がおどろかせました。

くさを はいどうぞ!って しゅ!!!!って差し出したのにびっくりして後ずさりしてたし・・・

馬場についても、マイペースに自分の気になったものに没頭していくので、うまくんは、歩きづらい。
こまった動きをする息子に、わしゃうごかんぞ。と止まっていました。

顔見て ん・・? 隣ってから息子さん引いて、ようやくうごいてくれましたが。

そういうのっていいなとおもいました。

 

 

まだまだまだまだだけども、おせわになれる環境が作れるうち、むすこが、うまくんとの関わりを持とうと思ってくれる間は行きたいな。

 

 

 

 

広告を非表示にする