sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

うま14

うま、前々回、周辺施設に遊びに来ているお客さんがついでに牧場にあそびにこられているので、なかなか賑やかにて、セラピー中息子がよく乱れておりました。

 

前回は、今までの閑散とした感じに近い感じだったから、もう、春も終わったし、みんな飽きたかねえっておもってたら・・・

 

今回も牧場付近にも、すごいたくさん車が止まっています!!

 

 

ので今回は、バックヤードにて、お世話の時間やら、馬装の時間をもってもらいました。うち的にはたいへんたすかりました。

ご判断していただいたことに、驚き、ご配慮がすごいなあともいました。

開かれた牧場のよさをなくしてほしくはなかった。でも、息子には過酷な環境にかんじていたから。

 

 

前々回、苦手な雰囲気の中頑張るのに、たえれなくなって、最後終わりの挨拶が済んでから、石を投げました。

 

先生の車に当たっちゃいました。

車は無事でした。

先生はここまで本人の気持ちが大変だったと思ってなかったわ。。。
っておっしゃってました。また、ここまで投げることができるのもびっくりしたと。もうちょっと鈍臭いと思ってたみたいです。

 

 

体もできつつあります。より、ルールを守ることや、心の落ち着きが求められる年がだんだん近づいているんだなってすごく、感じました。

小さいままでいいのに。とよくわたしたち家族が自虐的に話しますが、そのこととかようことです。

 

バックヤードでやってもらったので、新しい発見をしました。

 

夕方にちかい時間だったので西からに日差しで影が濃ゆくなっていました。

自分が動くと影が動く。うまの影もある。

おもしろくなったみたいです。

 

影にこんなに関心をもったのは、小さい時以来です。小さい時も影の視覚刺激で遊んでいました。

もう、ほんとビジュアルドライブの旅はすごいです。わらってしまう。

 

 

あとはなぜか草をくわえてあげていました。

 

きれい汚いの区別がつかないことで困っていることにも繋がることなのですが・・・

 

きれい汚いの概念ルールがすごいストリクトだったら、つばを吐いたりはしないでしょうし・・・机を拭くときもしっかり見て拭くだろうし・・・
地面に転がったりはしないだろうし???

他にもたくさんあるわ。なんでこの人間社会ぽいルールに無頓着なんだろうと・・・

って言っても、文明みたいな環境には左右されてる感じはあります。

私とどこか遠くの森の中に住む人が同じ感性にはないはずだし、日本人と、他の国の人にもあるかもしれない、汚いきれいにかんしては、地区地区の概念があるでしょう・・・

 

なんでそうしようとおもったのかな???
セラピストさんに手であげてよといわれてました。

ふふ。

 

最近顔にやたら近づくのですね。あとこの4回ぐらいそうですが、今日が一番接近していました。

悪い感じはしません。親しみみたいなのも感じます。

かおをなでるのね。口の上のへんのところをさすっと。その回数がちょっとずつ増えてるの。

 

 

バックヤードから馬場にいくのに、いつもと違うところを通るので、そこは草だらけ。

うまさんは道草をしてしまい食べておりました。

息子がそれを良しとしてるのでしっかり引き馬しません。

 

表情は ほ、くてるわ。ぐらいの顔つき。

 

だからどんどん食べる気満々のうまさん。くわえて、息子まですないじりをしたくなったりタンポポの綿毛を吹きたくなってダブル道草でした。

 

セラピストさんが苦笑いで慌ててリードをもって、つたえてました。

あー!みちくさ!!!と言ってたのが面白かった。

ご配慮のおかげさまの事件簿でした。

 

まずはリードをはなしちゃって、砂いじりに埋没。

引き馬はまあまだまだボチボチです。

お客さんも、あらあらがんばってーと声援。自信がないのかなあみたいな感想でした。いいですね。こういうの。真実かは別に、まあ見守るおじいちゃんおばあちゃん。ありがたいです。さらっと見てるぐらいの方々。

 

 

みてーおうまさんよ!なんたらちゃんもやりたいよね?
ちびっ子アンドお父さんお母さんがワイワイしてるときはうちの子はナーバスです。
乗せたげたい気持ちしますよね。わかるー!

息子は、ただしれっと見てる人だと流せれるようなのだが、こういう前向きな視線みたいなのは苦手なようです。なんというか雰囲気で何かを感じてるんでしょうね。無味無臭のものか、そうでない強い興味の塊を。


子供に、見せてあげたいので、息子の近くまでいったりしはるし、最後馬を返してあげるときも厩舎の入り口を塞いで、大きな声で話しながら見ていたりしはります。

かあさんは、正直、どきついております。安全面とかそのことです。

 

 

さて砂遊びから、セラピストさんに手を取られ、馬には乗りました。

しかし、帽子をかぶりたくないため帽子を投げること数回。 

帽子拒否の気持ちが高まったのかそこからのつばはき数回。

そのあとうまの冬毛をむしりまくる。

 

 

結局一周だけ帽子をかぶったので、その間は騎乗して、脱いだため、おわりました。

 

その後も砂に埋没しそうになりつつ、うまを部屋に返して終わりました。挨拶は促したらできました。

終わったら一目散にトランポリンに飛んで行きました。

 

 

しかしセラピストさん曰く・・・

 

 

  • 体幹ができてきてうまにつながった感じが強まったらまた変わる。
    今いい感じで体幹が育ってきています。だからトランポリンでもいろんな飛び方に広がっていってる。
  • 帽子はまあ気長に。かぶらなきゃ乗れないをしてるし、体幹が整ってきてうまに乗りたい気持ちが強まっていったら、また変わる。
    かぶらなきゃいけないことは知ってるので納得できるまでの揺れが行動に出てる。
  • 砂遊び、うまの毛を抜く遊び。まあ気長に。
    きになるとはおもいますが。。。大丈夫、見守りましょう。
  • 言葉がどんどん出てきている。始めた頃より毎回言葉のでかただけでもすごくかわってきている。
    また体もだんだん変わってるのが一週間か二週間に1回会うたんびにちがってるから、まだまだたのしみ。
    うまに乗ることはすごくテンションが上がることです。うまと自分の体のつながった感みたいなのが、体ができていくと、余計その感覚が体にはいっていきます。そうするとまた、うまに向かう気持ちに変化が出てきます。
    なんし気長に!
  • 学校の様子も聞かれました。学校ではつばを吐いたりしたくないことへの意思表示を体当たりで壁にしたり、これいかなるものか?だけど本人は、学校に行くのは前向きだし休みの日も行こうとしたりしてます。家は荒れとりません。って話をしたら、関心を持って聞いてくださいました。
    こういう問題の行動が、小さいうちに出るのはいいことですよ。
    と励まされました。そこで、いろんな学びと気づきを得て、早めに、ルールや、心の落ち着きの勉強ができた方がいいと思ってください。
    そこを先生達が支援すべき点だと受け入れてくれて、支援してくれるのならば、より素晴らしいことだと思います。勉強の機会と環境を与えてもらったと思って、見守ることです。

 

ということでした。

 

 

今日もうまは可愛かった。とにかくうまが可愛い。。。

いいなあ。息子様は。

 

 

そういえば、先日の馬の個別支援の面談の帰り、初めて安心して手をつながず道を歩いた話をきいてもらったら、セラピストさんが

 

お母さんが安心することがとても大切。
その感情、感覚が大事で、むすこに伝わってると思います。
ことば、視線、行為の主体性、変化、成長していますね。いいですね。

 

と、表現してくださいました。

 

そうか。

そこか。いつもどこに行っても誰からもいわれる。お母さんが笑顔で!なかなかたやすくないわよほんと。でもそんな日があったことが大事だねえ。

広告を非表示にする