読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。

ボールプール

6.02


だいぶまえの出来事を見て、ああこれがちかくにあればなあ。と思いました。いきたいなあ。と。

 

きのうから急になかよしの別の教室のクラスの前に行きます。

そのクラスにはボールプールがありまして。そのクラスのお花の名前をいいます。

 

すごいなあ。お花の名前のクラスを覚えてるんじゃん!好きなものがある場所はちゃんと覚えて名前も覚えて。先生に言っても聞いてもらえないのわかってるから、私に言います。

すごいなあ誰に言えば叶うのかも感じてるんじゃないか。

 

ボールプール。とっても大好き。

 

ボールプールの圧の中にいるのがすき、埋もれます。でもこれって多分自分の体の位置を感じてもいるのかなと思うのです。こういうことをしているうちに、後ろの動きがでたり、してきたような。

 

ボールをわざと服の中に入れてとってもらうもしました。
こういう遊びも、体の位置の確認です。今トイレでお尻を拭く練習中ですが、いい線いってきてます。体の位置の認識できます。

 

圧の中にいるときは安心感みたいなのがあります。
圧迫されるのが結構好きですね。それはそういう感覚をまだたくさん吸収して体に覚えたいからかなと思っています、足らない感覚。神経系の発達のときまで是非ともその環境の中にいさせてあげたいです。

 

最近はボールプールにて投げる行為が出ています。

あちこちとんでいくので。。。的を作ったりしたら良さげ。

投げるのは投げていいものいけないものいい場所ダメな場所を教えるのにはちょっと難航しそうな気がしています。しかし投げること自体は素晴らしい行動だと思います。多分手首の返しを強くしたいと体が欲求する時期が来たのかなと思っています。

 

さいきん道でなぜか急に四つん這い(特に坂で)するのですが、恥ずかしいからやめて欲しいときもあるけど、やっぱり赤ちゃんのときにやり足らなかったそういうことを自ら自主練コソ練しているように見えます。2-3年生ぐらいまではちょっとへんてこだけど、こういうコソ練が始まったらさせてあげたいなって思います。
これはボールプールとはちがうけれども、やっぱり手首の活動とか支えの活動が出てきたと親は評価しています。

 

 

親の勝手な推察だから専門性があるかわからないけど・・・

 

今の時期でてくるこういう感覚が入るための行動というのは本人に必要なことで起こっている感じがします。同時に、やってはいけないものとかも教えれていいじゃないかとおもえばいいのかっておもいます。

やっていい環境を作ってあげるのも一つのいい方法かと。

 

学校などはそういうことが難しい面があっていいし、ほかにできることがあるところ。みんながいる中僕がいる。っていうのをできるのは学校だけ。

 

やっぱりデイのない日はこんなことを大事にしてあげたらいいのかなって思いました。

そっちで頑張っておくと、いいクールダウンができて学校が頑張れたらいいな。。。

あ、デイもそういうクールダウンの場所ですね。 

 

広告を非表示にする