sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

いちねんせい 苦しいイベントごと

いちねんせいになりました。

 

聴覚の感覚の処理や、ざわざわとした感じの感覚の処理。
何が起こるかわからない不安な感じ。

これがすごい弱点なので春のイベントごとは本当に地獄の体験の連続です。この後も参観日とかどんどんそういうのが入っています。

 

運動会春ない学校でよかったわ!

 

 

入学式も、不安すぎて泣いている感じでした、六年生のペアはつかず、校長先生の話の途中でサヨナラと叫び、体育館にいること自体が辛く、倒れ、つばも吐き不適応行動の連発。

写真撮影中も一人雄叫びをあげました。

周りの親の白い目。まあしゃあないです。

 

体育館での一年生を迎える会も、なんとか参加したけどつばを吐いたりさけんだりしていたそう。

 

 

もう、ただの困ったやつで、本人が困っている状況。とは思ってはもらえないでしょう。

 

 

 

一年生を迎える会の時叫んでたのを近所の子が面白半分にわたしに報告に来てくれました。

 

ま、そだよね。

なんども言われるので流していましたが、

あれはねえ、しんどいんだ。あそこにいるのが。だから叫んでるん。

 

というと、ぼくもあういうのしんどい。と言われました。

 

でも自分は我慢ができるよね!すごいね!

 

というと、納得(まあ良い子でよかったよ。だって我慢するのが普通でしょ。と言われたら次のカードはないからさ私にも)してくれたので、そのあとちょっとあそんでもらいました。

 

その子はちょっとそういうおとぼけなタイプなのでしょう。

優等生の感じの子は、軽蔑の視線ですよ・・・

 

 

 

そりゃそうでしょう。

動物か人かって話です。

不安だから取り乱す。動物にはそんな面がありますよね。
人間でも起こりうります。
壊れてしまった人ってそんなことになったりもしますよね。人が作った人が人らしくあるべきっていう概念をはみ出てしまう感じです。

そこができたらすごいかっこいいと思います。

 

今はそれは彼にはむずかしい。逃げるぐらいかな。

 

しかしこれは全部社会に彼が合わせる話です。

 

 

 

聞こえ方の問題っていうのがあるかもしれないと知ってもらっていて、彼が不適応行動を起こしたり、逃げてしまったのを見るとまた違うかもしれません。理解があれば私は嬉しいかなって思います。

 

できれば困ってる人に手を差し伸べる世の中であったらなと思いますが、当事者すぎてあまり主張しかねるわ・・・

見た目が助けないといけない雰囲気にあふれてないからなあ。こまってるかもしれないとはさらさらおもわれないでしょう・・・

 

 


 


 

勝手に貼ってしまった。こんなものを作ってもらってるのがすごいなと思いました。

広告を非表示にする