読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。

日々QUEST

6.01

日々引き馬。息子と手をつなぎ歩きます。

時には私の行きたいように、時には彼の行きたいように。彼はどこに行きたいとかはっきり言葉では伝えれないです。とっさに言葉が出ないです。

でも体が動いていきます。こうしたいなあというふうに。

 

それに合わせていきます。

 

 

最近は少し賢くなったので4時だから帰ろう。とか もちょっとは気に留めてくれるようになりました。

 

でもそのあとで目の中にもっと興味のあるものが入ってきたら、その約束みたいなのはもうフッ飛んでしまうけど。

 

 

 

彼がしているのは探求です。

知的ではないかもだし、知性も一見かんじられないのかもしれませんが、後々に知性につながっていくのかもしれないなと思って見守っています。

 

今日見たポスターの、感覚過敏と運動障害って項目がズバリうちの子にはぴたんこです。

f:id:snoopyoko:20170317121021p:plain

その他 感覚過敏・運動障害

例 五感が非常に鋭敏(えいびん)で、甲高い音や機会音が苦手で、耳を塞いで固まってしまったり、匂いや味覚が過敏で偏食になったりすることがあります。手先が不器用でお箸がうまく使えなかったり、服のボタンが止められなかったりします。歩き方もぎこちなかったり、スキップなどが苦手です。

 

ほんと。だからなかなかいろんなことが自分の中に取り込めないのだと思います。発達するのにスムーズにいかない。

 

さて、だからいまかれは日々QUESTをして、自分の中に取り込んで行ってるのかなと思います。

ボールや感覚遊びをしていたり、道の探索をしていたり。。。

冒険をしてるのかな?とおもっています。そのことは彼の貯金になっていってるのかなと。

 

きのうは、ボール遊び、砂遊び、終わったあと、家に帰るのかと思いきや、普段歩かない道を歩き出しました。

通園は、最寄りに迎えがこないので、電車に乗って,園のバスが迎えに来てもらえる場所まで移動しているので、帰りも電車に乗って家に帰っているのだけど、その線路沿いを歩き出しました。

たぶん彼と私の足だと20分ぐらいは歩くかなとおもいます。

いつもは電車の中から見えてる道を歩くことを始めたのでした。

 

ああー4時半に遊びは終わったけども、これはいつ着くかなあっていう様相になってきました。

でも色々考え、景色を見て行動してるように見えるので、させてみました。

 

うちに帰る駅まではJRはひと駅。でも私鉄は間に2つ駅があります。

 

へこたれたら、私鉄に誘ってみたらいいか。と思ったのもありました。私鉄がなかったら断ったかもなあ。その私鉄、私は好きです。景色も好きだけども、ちょっと緩やかな風情が。ゆるっとしたかんじは、大事です。

 

  

さてさて、どんどん 「こっち」 と言いながら歩いて行きます。

 

でも だんだん 疲れてきました。

 

ままー おぶー おぶー  といいます。おんぶかあ。

 

息子ちゃん?あそこ駅だけど でんしゃ のる? ときいたら

 

でんしゃ のる  といいます。そして急に勢いを持って目的を持って歩き出しました。すごいな。

 

あっという間に駅に着きました。

 

 

やったー!

 

しかし電車がすぐになく、通過したり反対のホームには来たりで、 こっち こっち!

と電車を呼んでおりました。わらうわ。

 

電車に乗ったあと、おぶー ばすー たくしー とか言ってましたが。おいおい。

 

なんとか歩いて帰ってもらいました。

 

ら、着く直前に、 ママ〜 とハグを求めてきました。はいはい。いっぱいあるいたね。がんばったねーついたねーというと

 

ついたー とぎゅーっとしてくれました。その様子を見ていた部活帰りの中学生の女の子が微笑んで見守ってくれていたのが、すごく幸せでした。

 

 

いえについて、靴を脱いだあと やったー!ついたー! と口から自然に言葉が出てたのも面白かったです。

 

靴下を脱いで、たくさん裸足で歩いた足も洗ってきもちよさそうでした。

 

 

今日の海の遊びも、先日砂場研究家のひとの文章を読んだ時の、

 

0才児は感覚的なあそびが中心で、砂に触る、座る、立つ、登るなど、砂との接触を通して環境と自分の体の関わりを学びます。

 

この感性でしたよ〜。
でもまあうちの子はこれでいいのかなとおもいます。これでいいのだ!

 

この日々QUESTですが、まあ園に行き始めた3年前よりは精度が上がってるような気がします。

遊びもやり取りができなくて困ってた頃よりは、だいぶできるようになりました。

しかし親が結構合わせることがおおいので、今みんなと遊びたい時に、自分の思い通りだけにならないことの経験が少なすぎて、それなりの様子です。

でもそれはやっぱりだんだん段階を経てるとも言えるかもしれません。今からそこを勉強する時がきた。

これまでも大したことではないけど、彼は、自分でブレイクスルーしてきたと思われます。私が褒められることがあるとすれば、その機会をつくって、その環境を整えようとトライした。かもしれません。

これからはもっとそれが厳しくなると思われます。年も上がってきたから。

でもやっぱりこれを頑張らないとなあとおもいます。

 

本人はもう頑張ってるといえば頑張ってるので・・・

 

世の中でいるために、守って欲しいルールもあります。社会の中で頑張るものして欲しい。

でも、みんなと同じ感性になろうと無理しなくっていいですよ。
ある程度はじぶんをやるんです。あるがままで。
どこかそんな場所、安心するところ、があればいいな。外では頑張ってもそこではじぶんであれるような。

 

広告を非表示にする