読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

どてー!

どてー!とずっこけるのをやります。

 

私が間違えちゃったりした時。

きっかけは、近所の子に朝会って、むすこちゃんなんていうの?と聞いたら、ありがとう!といいました。

 

あさはおはようが正解。

 

正しい挨拶言葉で言わなくても、その子にあったらその子の名前をつぶやいているし、もううれしそうにしてるので挨拶はもうノンバーバルでは完璧にできてるんだけどね。

 

そしたらその子は

 

どてっ! といいながら からだをがくっとさせてくれました。

 

それが楽しかったらしい。

 

 

その日から、私が何か間違えたら

 

どてっ! といって、そういう仕草をしてニヤリとするようになりました。

 

2年前ぐらいから、間違えは大好きで、大好物で。大好物のまんま反応が進化しています。

 

さきの どてっ の、真似も他人からの輸入なので進化系。
 

最近は、道を違う方向に行こうとすると、ちがうよーまちがえちゃた、こっち とか これこれ まちがえちゃた
と言ってきたりします。
もちろんまちがえたことに きゃはははしてるのだけど、だいぶそのじぶんの面白かったポイントについて言葉化して表現できるようになりました。それも進化の一つの形。

 

そもそも❌がなんですきなのかよくわからないけど・・・❌フェチです。

 

馬でも、わざと指示に従わずニヤニヤしてしています。

反対の賛成なのだです。ああ赤塚不二夫、そうだねえ、そうなんだねえ。

 

そんなのらりくらりの様子に、よくつきあってる。それでいいのだ。と、公園でこないだであった、ご近所さんに言われた。

 

わたしは、それを信じて生きている。

だって自分をやるしかない。じぶんをやるののサポートをしつつ、世間人間とのファシリテーターが私の仕事。

うちの子、特に頑固に自分をやろうとするほうのくせに、特にあっさりくじけやすいほう。

どうせなら頑固を貫けたらなと思うけどそうなるともう扱えないね。ほほほ。無理だ私には。その弱さが、学習するという機会を残してくれている余白なのかもしれない。

 

たぶん、子供はみんなそうだけど、みんな周りの大人から学習していく。
しかし、なんとなくうちの子を見ていると 永遠の子供 なのかなとおもうので。。。
子供の部分はずーっとありそうな。。。そんな人です。

 

自分をやってもいいけど、マナ〜もちょっとは必要かなあ。

 

一般的に、不穏と不安な分子があると集団だとやりづらい、みんなも心配が増えるので、たくさんルールがある。
たくさんありすぎる感もあるけど。
そのへんはシーソーで、正解はないけど、ちょっと自分の気配を消せてもいいのかなとおもいます。従わなくてもさりげに逃げるとか。

 

後はインド人の人も言っていた。

集団によらない。(これは人が集まってるところに、みずからすすんでいかないみたいな意味で言ってはりました。だいたい事件が起こるから。群衆の中にすすんでいかない)

みんなじぶんのパーソナルなスペースは絶対いると思う。

 

じぶんのパーソナルスペースがあるところをしっかりキープして

そこで人と交信するかんじでいけたらね。とうちの子を見たら思う。
わたしもそうだけど。
人という動物の群れではあるのかもしれないので。。。

いい感じで集団と共にあることを模索する、じぶんを潰されないようにする工夫。

 

ああ壮大!

 

 

広告を非表示にする