読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

うまーうまー

うまうま騒いでるうちに、ブルーノマーズが来ていた(先月)と、お便りうちの人にしたら、

 

え?ブルーノがうまうま言ってたの?何食べたの?

 

と聞かれた。

 

いや、わたしが うまうま騒いでてブルーノきた時のテレビみ損ねたんだよってはなしでした。

 

ブルーノはね、

 

うどんうどん 言ってましたよ。

 

 

 

さて。うまうま それからもう一ヶ月経ってもまだまだいうてるまんまの。。。わたしです。

 

 

図書館で借りてきて・・・良い本だったなあ。買いました。

 

f:id:snoopyoko:20170223104145p:plain

まず、馬語手帖をかりてきました。

 

 

楽しく読んだ。

そして、最後の文章が、すごく響きましたのだ。

 

引用がちに書いてることをまとめると、

 

この馬語をわかるよりも先に行こうとすると、馬から敬意を払われるような上位のポジションにつくしかない。

そうすると調教とか【馬へんに川ってかいてあった】教というジャンルになる。

自分は手にあまるので模索中。

 

あとで調べたら

馴教 じゅんきょう  と読む。

馴の字は 馴らす、従わすみたいな意味のようです。

 

として結んでおられました。

 

実はうまをしりたいなとおもってるけども、上に立つってのは。。。ともやもや思っていたのだった。が、あ、そうだよね、馬と暮らす人も思うんだ!と。

 

って何もまだしていないの。せいぜい息子のセラピーのときのパートナーの馬さんの様子を観察してるだけ。

 

なんとなく、この一線を越えることに躊躇のわたし。馬は多分思いを見透かしそうにかんじてて、だからわたしは馬と遊ぶのはむかないかもしんないなあとおもっていたのだった。

でもその一方、うちの子と馬を見てたらその一線はどうなるのかな???とおもったのだ。そんなシンプルな関係に収まらなそうにも思え・・・

 

 

この本の人すごく、わたしは好きだなと思ったのでした。模索中なのが一番わたしの中では絶賛のポイントでした。

 

 

そして次に、

はしっこに、馬といる を借りてきました。
同時に、馬語手帖のおしまいにオススメされていた、デスモンドモリスの本も借りました。

 

 

ああ!

そこからその人が馬と共に生きるために、変化した心の模様、馬さんのこどもから少女への成長が垣間見れ、読んでいて面白かったのです。

 

 

なによりも、、、新しい答えを発見されていました。

 

なにもしないひと

 

というところに落ち着いたところからがとても面白い時間の始まりでした。

 

 

すごくそこがまた自分の中で響きました。ああ。好きこの人ね。って。

 

 

 

そしてやっぱり自分のこどもとすごく重なるようなところも感じました。

え?うちの子は人間ですよね。

 

ウマ・メーターのはなしなんかはピンときます。

緊張感を持って日々過ごす、うちのこも うち・メーターがあって、大反応の前に体でちょっとずつおしゃべりをしています。
特に拒絶心配危険なことについては、少しずつ前振りがあり、もう耐えれないってところで、わー!っとなるので。。。体の声が届いている時点で少し負荷を減らすことはできます。いきなりではないのでした。ほんとに。

これも日々の付き合いでわかるので、ウマと暮らしていて、見つめていてウマ語を感じるとかと似ています。

うちの子は人間ですよ。でもでも。おしゃべりがコミュニケーションの優位ではないので、重なります。
動物と暮らしている方々が、わたしの子の気持ちに気がつくことって結構多いのです。ほんとに、不思議です。

 

 

さてさて。。。

 

とても素敵な本だったので、注文いたしました。

注文した時に、ブログを書いておられるのに気がついて、サイトを眺めてみたら!!!

 

わお!

読んでいた本のウマさんがお母さんになっていました。

素晴らしいです、もう。

 

そしてすぐ発送されましたが、娘さんが出産したばかりだというのに・・・ありがとうございました。待っときます。

 

 

 

勝手にリンクを貼ろう。

 

 

 

また、著者のお方が親子とくらしていて、考えがうつろうのが楽しみです。

 

息子には親としてうまとの対話ができたらをねがうわ。。。

 

乗るにかぎらず、ひとつの動作に

なにかこころが通う瞬間があれば。。。

 

馬は乗るものとわたしは、おもっていきていたらしく、乗ることだけやないのにホースセラピーに通ってきがついた。

心を通わせるのようなそんな時間。乗ることだけでなく、馬を引くことも、草をあげることも、グルーミングすることも。

尊い、パートナーくんの生きる時間を、わけてもらっているのを、ひしひし感じるからら願いとしてはパートナーくんと息子ちゃんが 楽しくなること。

 

いつきがつくかな、、、

 

そこだわーほんま。今は本当に、うまさんと、先生たちに頼ります。

 

 

 

私はただただ、ぼんやり馬をみにいきたいので、与那国馬はみにいきたいなあ。

 

きっと、まずは、馬を見ているだけでいいのだ。

 

与那国馬の群っとなると〜ウチの子とだとドタバタするから無理だなあ。群れのみなさん逃げちゃいそ。空気になって見ていたい。。。

 

 

群のうまみにいきたい群のうまみにいきたい わあわあいうてたら、モンゴルなんて馬乗り放題と、旅ともだちより。

とからじまにも日本だけの馬がいると旅ともだちより。

 

どっかいきたいわね。ほんま。

 

うまー!

広告を非表示にする