sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

一緒に行けなかったけども・・・

お母さんだけ小学校の説明会。

 

連れて行くのか悩みに悩み。。。お母さんだけ行く方法が見つかった。

 

学校に、うちの子と行くとお話聞けなそうですが、本人が私と離れている居場所も見つけられず、当日聴きに行けないかと思われますが、よろしいでしょうか?当日参加できないとき、買い物などどうやってしたらいいか教えてください。と、話すと、教頭先生、終わったあとに個別で話の概要を話せるようにするので、買い物だけから来てください。とのご配慮。

 

しかしそれだと、先生にまた余分に時間を割いてもらうことになる。

 

こんな申し出をしてくれる学校というのに、ありがたさを思った一方、やっぱりこれはなんとかせねばとおもった。

 

幸いにして、小さい頃から遊び場所としてお世話になり、言語訓練までおせわになり、子育て広場でお世話になった施設の方に相談すると、ちょっとのあいだ預かる市の制度だといけそうだとの回答でした。

 

うちの子には障害があります。

市の子育てしている人たち向けの制度とはいえ、たぶんよそだと断れたりもあるのかなとおもいます。差別とかではなく、実際安全を請け負えるかとかそういうことだと思うのです。区別?そこは謙虚にかんがえています。

 

よかったうけてもらえて。

 

まだ小さかったりするのもあるだろうし、その場所が小さい頃から本人にも馴染みがあるところだったり、また、職員さんもあのお母さんとあの子ねっていう認識がある方が何人かいてるので、受け入れてもらった感じです。

あちらの状況にも無理がたくさんなそうだろうと判断してもらった感じでした。

 

そこはやはり

障害のあるナンタラ君なのか、こんなかわいいとこ困ったことがあるナンタラ君は障害がある。

の違いはあるんです。

障害の眼鏡がかかるまえからしってもらってるからもあるんです。


 

わたしだけ、話を聞きに行きました。

 

近所のお母さんとお子さんも一緒にきいていたのですが、同じ歳の子、退屈そうだし帰りたいを連発していたけど、そこでなんとかいてました。

えらい。

 

うちの子の場合はやりとりができないし、言葉で辛さを訴えれないのもあるので、ぴゅーっとでていったりしてしまうでしょう。

なにをやっているのかもきっとわからないし。

その男の子に まだ? ときかれるので、いまは3番を話してるからあと6番まであるから半分ぐらい終わったとか、説明をすると、納得して待っている感じでした。

どれも均等にじかんがすぎるかな?と彼はイメージしていたみたいで、4番目の話が長い!といってたのはおもしろかった。もう5番?ときかれるので、まだ4番だよ。というと、ええー!ちょっとさっきより長いね。とか。

考えて過ごしてるのが偉いなと思いました。成長だなあ。

 

そうやって賢さと状況を理解して、経験して、だんだんと、自分というものだけでない時間を持てそうな気配を感じる。

だから、いま待つときにソワソワしてても、彼らだと全然大丈夫だなあ。と周りの子達を見て思いました。

 

うちのこは、、、みんなと同じ伝え方だときっとわからないなあ。

あとはまだ時間の流れとか、時間の感覚とか、時計を読めるとかもないので、なかなか不安心配のなかすごすのだろうなあ。とおもいました。

まだまだ、そんな社会の自分を獲得するのにはかかりそうです。

しかし、あわてず、すこしずつ。

ありのまんまでがんばっていくのだろうし、わたしも なんだこのこは? ってなる方々と、息子のあいだでうまくサポートをするのをしたいなと思いました。

 

その男の子は、たぶんまだ子ども目線の時代の人。また、わたしを友達だと思っていてくれてそうなのと、お母さんとわたしが友達なので、うちの子も友達みたいに思ってくれています。

 

使う鉛筆や筆箱の話を聞いていたとき。

 

ねえねえ ころちゃん〜(わたしのあだ名です)息子ちゃんは、字い書くの?
と男の子が聞いてくれました。

 

まだかかないなあ。かくのはね、なぐりがきかな?

 

あ、わかるよ 友達の名前くん そうしてたから。ちっちゃいときはそうやねん。だから息子ちゃんはいまはまだ練習してるねん。わかるわかる。

 

と言ってくれました。

 

ねえねえ ころちゃん〜 息子ちゃんは今日こなかったんだね。

 

そうだねえ、友達くんみたいにじっと話を聞けないからなあ。ころちゃん、先生の言ってることわからなくなって、お買い物ができないとこまるからね。というと、

 

息子ちゃんはまだ、わからないんだとおもうねん。言葉も練習中だし。聴くのも練習中だし。わかるまでは練習だよ。

 

と言われました。

 

ありがたい言葉でしたね。本当にそうだと思うのです。

できるに近づくための練習しているのです。ほんとにね。

 

 

また息子ちゃんのうちに行きたい。といってくれてうれしかったです。

 

子どもは子どもの世界の中にいるんだよ。って話を、さいきん小2の同じような障害を持ちつつ地域に行ったお母さんの友達からよくしてもらっています。

 

 

いろいろと息子の行動の不思議なことをまのあたりにしていったり、大人から習っているうちに、また息子を見る目も変わるだろうと思います。

でもまあ、いまはみんなに力を借りながら生活の地域で学校など行けたらなあと思うお母さんです。

 

友達くんも、誕生日のプレゼントが、うちの子とおなじものでした。仮面ライダーのゲンムのがしゃっと。ゾンビのやつです。

その再現をしてくれるときのマトリックスみたいな体勢がとてもいいかんじでした。

いろいろと教えてくれます。

 

なんかおもしろかった。私を友達みたいに思ってくれてありがとう。
わたしもたのしいねんな。彼と話すのは。

 

 

さて、息子を迎えに行きました。

職員さんつきっきりみたいでした。ふふ。やはり。

預かってもらった担当の方は、同じ歳ないし小学校低学年の子達のグループの職員さんだったです。

みんな宿題をしてた時間で、あまりかかわれなかったのだけど、おやつをみんなとたべたとき、欲しいおやつを上の学年のお兄ちゃんに頼んでもらっていたと、おっしゃってました。

また機会があればどうぞ。とのことでした。ありがたい3時間弱でした。

息子もいい経験になった感触でした。

何事も経験経験。

 

 

経験だったら、説明会も連れて行けば良かったのかな???

 

んー でもやっぱり 騒いだりするからなあ。。。1時間20分ぐらい話があった。

やっぱりむりだわ。

 

ふふふ。できることから。

広告を非表示にする