読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。

嬉しかったこと

5.11

おとつい公園で、長丁場。寒い。4時半。

ままオシッコしたくなっちゃった。こうえん おわり えき いっていいかな。

ときいたら

いーよー

ってやめてきてくれたん

びっくりしてさ
わたしの困り事に
こたえたのね

息子ちゃんやさしい
ままうれしいよ

っていったら

ままーってだきついてくれた

 

人の気持ちわからないよな、感触が多いから、悲しくなること多かったけど、最近少し変わってきたよな。。。

 

トイレ行きたいはわかってくれた。しってることばだしね。

言葉がききとれつつあり、かわったなぁ。

以前はことばで困り事を言っても、つたわらなくて、わたしが、寂しい悲しい気持になってました。

こどもが、母親に、やさしい行動をするのを見たら羨ましくて、今の自分の状況が、夢みた子育てとまったくちがっていて、動揺、落ち込み、悲しくなっていがちでした。

でもなんか前向かなっておもいつつ、でもやっぱりおちこみつつ。

 

そんなときは、子を思わず、自分を思うが勝ってる。ひどい。
いまもへこたれたときには、あります。そんなとき。恥ずかしながら。ひどいな。

 

そんな風にエゴな考えが浮かんでるときでも、子はそのときもきっとなにか言葉でないなにかで投げかけてるだろうし、相手ががっかり自分のことでしてると子が感じてたら・・・ぞっとしますね。

 

むちゃくちゃこころが通わない子っていうこともないです。

たとえば・・・わたしが、つかれてうとうとしてたら、ふとんを2歳の時かけてくれたこともあります。やさしさというか、単純に寝てるからふとんなんかわからんけど(#^.^#)

 

息子さんは、ゆっくりながら、前進。今は楽しい時代です。

最近、困ってるとき、大丈夫ー?ときいてくれたこともあります。 

嬉しかった(#^.^#)

 

春にはじまった年長さん。最初の家庭訪問にて、人の気持ちがわからない。みたいな話をしたら、担任のせんせいが、いまどんな気持ちか、えらぶシートを教えてくれた。

でもさっぱしつかえなかった。

 

気持ちがないわけでないけど漫然としていて、自分の気持ちとことばや絵がまだひっついてないかんじ。これは気持ちが分化してきたときにつかうといいかも。と、STの先生にきいたら返してくれた記憶です。 

 

あの時はまだ早かった。

つかってみよかなまた。

 

ちょうどこのとき、気持ちの分化のはなしがでた。 で、なんのことかしらべたら、リンクを貼った連載についた。

リンクを貼った先生のはなしは、従うことができない子は学ぶことができない。っていう観点におもえた。

学校は従わせるよなイメージがある。規律、自律のよな。

 

自分で従うとおもってくれたらよいがな。。。なかなか難題だな。。。

どうやったらいいのかな。でした。 

で、最近いろいろ考え込んでます。

 

したら友達が、たくさんことばをくれました。それで感じたのは、

信頼がないと、従うがないのだろうし、自主的に従う方向性が理想なんだろう。

友達が、私の行けなかった馬の勉強で、きいた話が、自分の息子さんと、小学校であった先生、デイの先生が、信頼感をつよくしてくれ、子供が変わった、自主的にやろうとなった。ことと、重なるから丁寧にわたしに書いてくれた。

ありがとう。友達よ。はぐはぐちゅだ。

 

信頼関係があるから従う。

まだそこに関して、不安あるから、いろいろ試してきてるのかもしれない。としたら、なんてこった!

 

たとえ世の中のみんなが、わりにすんなりできることでも、本人にタフネスがいり、頑張らせたことがあったら、やっぱり、丁寧にねじれた信頼感をほどいてあげなくては。わたしは、十分にそれをできてないのかもしれないね。

 

かんたんかも。笑顔でいたり、あんしんしていいよをつくる。今以上に。

安心してね。と言ったら、あーんしてね。と思う子だから、ことばだけやないね、ノンバーバルで感じれることも意識してどんどん発信したら。

 

やっぱり馬の勉強すごいなー

いきたかったわー

 

 

かあちゃんが、そんななのに、先生に、信頼感を持てる関係を作って欲しいプロジュースやるのか、、、、、、うまくできるかしら。

 

先生をおかあさんが信頼することは、だいじかもしれないね。どんな先生にあうかはわからないからドキドキするけどにゃ。

 

息子さんは馬先生のお世話、引き馬で、いつか、気持をならってくれたらいうことないなー

広告を非表示にする