読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。

自分の内面から出てくるもの→そこから変容していくもの

5.10

思いは間違っていない。

でもその出し方がおかしい。

 

ので、思いを汲むのをとても重要にしたいながら、へんてこなことをどないやって修正するのかってのが、なかなか一筋縄ではいかないです。

 

例えば・・・

 

 

思いが間違ってなくて、出しかたも正しかったケース。
これは、もうパーヘクトですよね。嬉しいし親も。

 

最近だと、馬さんにいって馬さんの自分の経験とかがあって内面から出てきた行動で、おもちゃの馬のお世話セット(LEGO)の遊び方が、こちらが何か示唆したわけでなく、自然にでてきたいい遊びの感じだった。

f:id:snoopyoko:20161222122055p:plain
ブラシ掛けとか

f:id:snoopyoko:20161222122120p:plain

蹄のおそうじとか。してはりました。

 

おもちゃはわたくしの父からのクリスマスプレゼント。よくできたおもちゃざます。

 

スケジュールボードに園のバスの写真を貼っておいたけど、自分で車とおうまさんのカードに張り替えていた。

うまさんがいいの?ってこたえたら いいの。ってこたえた。
ちなみに いいの⤴︎ってイントネーションで質問したのが、いいの⤵︎で返ってきたのがもっとすごい染みた。

 

これは正しかった話。

ぜんぶそうだったらいいのになあっておもう。吸収できる幸せかんじます。えがったえがったと。

 

 

 

 

でも、困ったバージョンもある。

 

それは恐竜の胃石をしったときから、自分の口の中に石を入れたりするようなことが始まった。発見が嬉しかったのは褒めたいけど〜

とりあえず石は食べないよとか、息子ちゃんは恐竜じゃないよ。とかいうとくちからだしてくれます。そのとき、ぶぶ〜!と満面の笑みで。

のでそうやってるうちに飽きるかなぐらいにおもっていました。

だめなのはつたえてるし、口からも出してくれるし。って。

こんな状態のまんましばらくそれをくりかえして時間が経っていました。だいたい半月ぐらいそんな調子です。

 

 

しかししかし、先日、園の先輩お母さん友達に道で、あいました。

多分息子さん、彼女は自分にとって居心地の良いタイプです。あ、まるまるさんやで!おはようございますやね〜っていったら。

まるまるさんをすっごいへたくそないいかたで言ってました。

ちょっとうれしかった。きっと誰も気がつかないぐらいのレベルの音声でした。

 

そしてそのあと歩いていたら、一個、胃石以外の悪い遊びをして、そしてそのあと、無理くりにでも石を見つけて口に入れて戻ってきました。

あかんで。いうてだしてもらいましたが、友達、ピピンときました!

 

むむむ。これは、悪いことをするのが楽しくなってきている状況ではないか???

 

出だしは興味のあることで、それを知ったのが自分の中で楽しいというか知的興奮というかがあってそういうおかしな行動が始まっているのですが、

それをすると、みんなが反応してくれる。そういうリクリエーションというところまできているのではないか?

とみてくれたのです。

 

お友達はずっとABAを柱に子育てをしていて、家でも学校でもそのへんはぶれた応対にならないような工夫をしてきています。

 

要は私のやり方だと消去ではなく強化になってるよ。

ということを見抜いてくれたわけです。

 

彼女にもらったアドバイスは、とりあえず石を口から出してもらうときは、注目せず、しれっと無視しながら口から取り出す。

人に関わってもらいたいのなら適切な表現をしたらそうしてもらえるにもっていってあげたらいいのではないか。って話をしてくれました。

 

わたしは、自分でいつかわかるだろう。とおもってるから、のらくらとやっていたのですが、彼女の見立ては違ったので、参考にして、ちょっとそのへんをさぐっております。

 

もともとの思いは間違えてなかったのに、経験でかわったことになってしまった。

多分業界では 誤学習 っていって、みんな頭を切り替えて、応対方策をとるかんじです。

 

わたしはどうもそのへんを、つい、業界用語でかたづけたくないところがあり・・・

 

こだわりだぁ

ごがくしゅうだぁ

って障害あるあるに子供を当てはめる考え方をまずせず、やりたいなあって思ってしまうのですね。ありのまんまの様子をまずみよう。みたいな思いがあって。

また、こどもといえど、障害があれど、ひとだから、いつでも同じスペックで自分を過ごしていない。居心地のいいところとそうでないところではちがうし、普通にひとと共有したいってきもちももちろんあるしね〜
もちろん、どの人とも どの場所とも っておもってなかったりもあるかもしれない。我々のように。

っておもって。

 

さてさて、といえども、おそらく、すぐの効果が出るのは、ABA的な応対だと感じることは多いです。

自分で簡単にまとめてみると、消去と、強化で、わたしのなかでは まるとばつ の世界。(そのまえにABC分析ってのも大事だと言われると思いますが、そこははしょります。ほんとに、むしろ、そこが大事だとおもいます。)


そのあと、それを自分で考えてそう実行できるように導くのは、ABAのセラピストさんの中でもそれが得意ではないひともいるかもしれませんね。

とにかく、よく効く薬みたいな印象です。わたしには、予防接種みたいなイメージ。ほとんどのひとに効く。みたいなかんじ。

でも予防接種みたいに、ほんと、なかのごくわずかなひとがそれでこじれたりもありえるのかなぁ。


と正直おもっていて、それの感想をいつも友達に言うと、いやいや、それはもう信頼関係もできてるどうしであるから大丈夫だよ〜

 

第一、ひとに従えなかったら地域で暮らしてはいけないよ。とおはなししてくれました。

 

そうやって間違えた思い込みがずっと続いていて、なおすタイミングがなかったひとが、いつしか誰もに、どうせわからないだろうと、修正もされずほったらかしにされつづけたら・・・???

また、仕事を自分で開業もせず、させてもらう立場で働くひとは、指示を聞くのがあたりまえだものね。

 

ね。

 

この先生も言いたいところはこの辺だと思う。


 

さてさて、胃石、遊びたいときにやるのかもなって思ったのは、たまたま放課後、小学生二人の女子に逆ナンされて、一緒に遊んで1時間ぐらい経ったときにも、ちょっとやってたのね。

 

もう、とっくに、最初の発見を伝えるってところからは逸脱してきちゃってるってのがほんと当たってそうな気がしたの。

園の先輩お母さんに会ったときもして、石が落ちてないところで無理やり探してたのも納得だし、ほーほー。。。って。
ただ、その仲良くなりたいというかレクリエーションしたい。って思ったところは間違えてはないからね〜

 

園でもすることがあるのだけど、先生が声をかけたらやめるから、そんなかんじでいいかって先生と話してたのだけど、これはねとおもって連絡帳に書いてみました。

ただし、最初の発見を伝えるところから逸脱してるところはすっごく、強調せずに書いて出してみたわ。。。

正しい行動に導くお手伝いをおねがいしたくて。

業界あるある的なので対処になると、愛がどっかにいってしまうようなところを感じてるから・・・

へへへ。

 

あとは、ローアロウザル。

Low Arousal・・・これだけはきっと真意だとおもいます。とくに消去するとき。。。消去がたのしいことになりにくそう。。。
おしえてもらったのは、自閉症の子を勉強する講座ででした。

 

ヘンテコな行動だけど、やっぱり 発見をしたところがうれしかったのも、わるかあないし、仲良くしたいっておもってるのもわるかあないし、消去して強化。そう書くとシンプルだけど、正しいことをどう導きどう強化するのか。。。ってのは、いつもこたえがないなー。


そして、おもってることはいいのだよを、どうやろうか。かんがえなくちゃな。


消去、無視。これも、こっちがコントロールしすぎるのは、じぶんで考えた結果にならないから抵抗あるんだな。

 

とりあえず この 胃石 と あと2つ、よくないのがあります。

友達に道で会えたのは、お導きだ。

考えなさいという。


なぜかその人、たぶんあわなきゃいけない時、だいたい会う。

でも四月からはわたしらの生活圏内がまた変わるからなかやかあえないだろうなー

 

なんかさみしくなってきた。

広告を非表示にする