sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

ことば 5.10ver.

STのせんせいとの訓練、2音のことばをきいて、その文字を選んでおくっていうのをしてるそうです。母子分離なので、あとでいつもおしえてもらっとります。

 

夏のかるたブームで1音一文字にきがついて(ひらがなですが)文字と音がひもついてきていたのをつかっての、正確に音が聴けない息子へ、文字というビジュアルを補助に使い、正しい音を体に入れる作戦?たぶん。だろうとおもってます。

 

くつ を ふつ とえらぶはなし。(ほかにもつらつらかいてあるが)


音が正確に聞こえてないなって感じる話。

耳で音の弁別ができていないから、ここをがんばる。弁別ができるようになってきたら、まあつらさがへりますよね。

 

今日のSTで、先生は、2音簡単に感じて退屈そうにおもえるから、3音してみよう。と3音をきかせて、音のひらがなをひろってくるってのをしてくれたらしいのですが・・・

 

か え る  を 文字を選んでおくと  か る

か ら す  を 文字を選んでおくと  か す

 

つうわけで、まだまだ2文字きかせるの、がんばらないと。

でした。 本人正解したい意欲がすごすぎて、まあきれるきれる。 

さよならー、おわりー、かえるー いうてました。やっぱりわかりたいのでくやしくてしょうがないのだろうなあ。。。

 

きれていなかった時間は、動作を選ぶ時間。いわれたことばの状況を表してる絵カードをとってわたすそうです。ヒアリングの時間は彼には苦戦なんだろうね苦痛というか。

 

よむ は今日はわかってなかったそう。でも先生が よむ といいながら 手で本を表すジェスチャーをしたら、絵カードを選べたそう。絵カードと音を引っ付けるのもしていってくれてるのかな。

 

最後にじゃんけん。じゃんけんはずっとし続けると思い込んでいるのかもって話でした。

ああ、あるある。そうおもうわ。

園のバスの最後の方は、じゃんけん大会をつくまでやってるこたちがいて、それをみてるから、しばらくやり続けるのがじゃんけんとおもいこんでるかもですね。

先生はくろひげをするためのじゃんけんをしようとしてはりました。が、順番決めたいだけなのに、じゃんけんをし続けようとするむすこ。

勝ち負けの理由もまだまだ先でしょうわかるのは。じゃんけんってのがある。ってのをしってるかんじね。

 

くろひげもしっかり意図意味をわかってるかんじじゃないかもですね。と先生。

ただくろひげにんぎょうが飛び出して行ったときに、びくりしちゃた と言ってたのは、いいかんじだと思ってもらえたそうです。

 

どんくらい進歩したかな・・・1年前ぐらいの様子。


いま、おやがするのは 丁寧にきかせる すくないことばで です。あいかわらず。

しかし、こうやって からす が か す になったりとか、音の記憶が危うかったりするのももしかしたらあるのかもだけど、私たちが外国語を聞くみたいに要所要所しか音が口で再現できないような、知ってる言葉は聞き取れるけどそれ以外は流れるようなそんなかんじですかね、のなか、よく日々頑張ってると思います。

そりゃつかれてパニりやすくなるわね。

いやはや。えらいわ。あんた。

広告を非表示にする