読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。

感覚過敏??

5.10

感覚過敏というのはあるなとおもっていました。

 

 

小さいときは、裸足で芝生の上を歩く、砂浜の上を歩く、むりでした。

 

もちろんべちょべちょするものは苦手。粘土やスライムはさわらない。

 

 

でしたがこれらに関しては、徐々に楽しめるようになってきたようでほぼ解消されました。年中ぐらいにはだいぶん統合が進んだように見えます。

日々、園の先生たちが、寄り添いつつ遊んでくれているおかげなのかと思います。

 

 

散髪のときが大騒ぎ。(チクチクするのかしら)も、ましになってきたなあとおもっているのいっぽう、いままでまあちょっと苦手でも、やってくれてたことに対しての拒絶感がすごくなってきました。

 

夏ぐらいは、なんとか洗えてたのだけど、

頭を洗う、体を洗うが、この1週間ぐらいすごい嫌がります。
感覚的に受け入れがたいのだろうか???で、自我も大爆発中。

 

だったら自分でやってもらおう。と、さいごちょこっとはしてもらっています。
されたくないことやられるのははらたつだろうしね。

 

あとは最近ふろはいったら 寒い寒い と、地にあしがつかないようにおんぶを請求します。冷えた感覚が耐えれないのかもしれないね。これも感覚的にね。

いま、風呂、いやなのかもね。

 

そもそも自分で洗ってる子ももうこの歳なら多いのだけど、
うちはいわなきゃやんないです。おなかあらって、あし、あらって。と。待つ体制ですね。

指示が通らない時期も長かったので・・・

視覚で支援しても、まあ本人なんで洗うのかがしっかりわかってないとおもいます。

知ってるのとわかってる って定義があると仮定したら、あらうことがあるのはしってるけど、わかってるのかというとあやういです。

 

きたない

ばっちい

そんなこともあやういものです。バイキンマンとかのおかげや、親の反応で、そういうことがあるのだろうというのはしってるけど、理解して実行するとなるとまだまだです。

 

これも、本人の知的の度合いがちょっと成長するまではだましだましわかりそうな伝え方でやっていくしかないので・・・

 

ああ、本当に幼いなあ。

 

わかってないといえばわかってないけど、知ったかぶりの知ってるはあるので、ややこいっす。

 

ぼちぼち ぼちぼち。

 

広告を非表示にする