読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

ソフトな表現

テンプルグランディンさんの本を読んでいたとき、おもったことを言ってそれが相応しくないよと、親が諭すけどもそのときはわからず、のちにおっきくなってからそれで言ってはいけないことだと言われてたのか。とわかった。というくだりがあった。

 

自閉っ子の苦手な分野っぽい。

 

とはいっても、うちの子は知的にもまだまだで、あまり心配に至るトピックではないと思って過ごしていたのだけど。

 

今日久々に就園前に行っていた、あそびの広場に連れて行った。

高っかいのだけど、まあ日に日にすることがないなとおもってたとき、平日パスを取って、月4回も通えばもう大満足だからということでそうしていました。

昼は近場でランチを食べて〜
開店から眠くなるまでいとくかんじでした。懐かしいなあ。

 

この度はその頃にはしなかったような、投げる運動をすごい頑張っていたのが印象的でした。

f:id:snoopyoko:20161123080037p:plain

しかしそこで、投げていた女子・・・

 

女子が命中しないと

ぶっぶー ぶっぶー! と指でバツマークを作って連呼。

 

むぅ。

 

これね。

的に入ってないので、それはその状況を表す言葉なんだけどもチョイスが悪いぜ!

 

で、かんがえてみた。 

  • ざーんねん!
  • おしい!

とかだろうか。

この言葉なら知っているし、いえる。 ブッブーというたびに、かぶせて 教える努力をしといた。

 

どうもその女子が気に入ってたのか、終わった後、靴を履いてる時にも、自分のバイキンマンの靴下をむっちゃバイキンマン!と言いながら見せていた。

 

女子は はてなのかんじで、スルー。

 

ふっ。。。わらったけども。

がんばろう、モテるのも努力だ。

 

ことばの差し替えも大事だ!

 


たとえば、お嬢様らしいけなしことばリスト↑ では、

のろま は おっとりしていらっしゃる で
うるさいひと は いつも元気そうで指導力のあるにぎやかなおかた だそうでする。

 

自閉っ子以外にもあてはまるが、だいじだ。
ことばが苦手な分野の彼らにはさらに大変だが、なんでも練習だ、きっと。努力の賜物の場合も多いと思う。

 

じぶんらしくいてもいいとおもうけど、たとえば挨拶だけとか演技できないかねえってはなしを、言語の先生に聞いたら、いつかしますよ!できますよ!と即答。

人に根本的に向くようになるかはさておき、こういう場合はこういう俳優。ってのはできそうな希望を持つように肩を押してもらえました。

 

さて、冒頭の、テンプルさんがなんで怒られてたかというと、太った人が歩いてきた時に、あのひとふとってる!みたいなことをおっきな声で言ったのでおかあちゃんに諭されたのですが・・・

 

ふとってるのソフト表現を言ったところで、もうアウトですね。たぶん。

相手を怒らせたりがっかりさせたらもうアウト。だから、ソフト表現にも限界はあるのかと思われます。

あたりまえだが、無駄口をたたかない!が正解の場合も。。。これが一番無難というか。

 

さて、ふとってるのソフト表現を思うと・・・

  • ぽっちゃり

かなあ・・・

といえば、ブルーノマーズさんはチャンキー女子がタイプらしい。

わたなべしほさんによると、歌詞にある、好みのタイプは37-27-42(インチ)だそう。
彼女がこれをセンチになおしてくれて、それは B94-W68-H106 だそうです!

 


ぽっちゃり女性への朗報だったなあ!とおもいきや、タイプは大きなフープピアスをつけてて、デニムのホッパンの女のこだそうな。


それは、いい女ですわ。

 

 

広告を非表示にする