読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

40代の自分

40代の自分が考えると、20代の時の自分と考えがちょっと変わってきました。

根っこは一緒っぽいのだけど、出てくるものは違うようなかんじになります。

 

最近香港のことを考える機会がありました。

香港の立法会の選挙のお話です。親中の党、親中に対しての党、新しい若者たちの党。
新しい若者たちの党は本土派というらしいです。
親中に対しての党は、民主派という名前のようです。

 

本土派というのは、香港が自分たちの本土で、中国を本土と据えてない感じの意のようです。本土というと中国かなと思ってしまうわたしですが、なるほどの名付けでした。

 

香港の香港らしさ。民主的なところなどがだんだんと変化して、中国化していってるようなかんじはよその国に暮らしていても感じます。

 

立法会の議席も、70のうちの30は親中派とつながりの深い業界団体いろいろにあらかじめ割りわられてる。のようなことをサラッとナレーションされたのですが、30ももう、親中のものだったら、民主主義ではないな・・・と外国にいるわたしなどはおもってしまいます。

 

そして香港独立を唱えた候補者は候補をとりけされることになりました。

法律に抵触するからということでした。確かに法律は守るのがその国にいる人にはもとめられています。でもその法律の解釈は人々それぞれや裁判などですることはきっとなく、全人代で解釈したものだけだという規定なのだそうです。

香港独立と唱えることは、一国二制度ということに抵触した考えだから。ということでした。

しかし返還後50年の間、イギリス統治時代のまんまに。ということも法律で決められています。
一国二制度があるとしたら、香港がいままで保ってきた制度である、ものが自由に言える。これは制度として続いているべきこと。でもそれがそうでなくなっているとしたら、それは二制度が保たれてない状況。で、どっち側が解釈するかで全く答えは異なります。

 

本土派の困難が予想された選挙に、本土派の人で当選した子たちがいました。しかし、無事に宣誓ができるのかが注目されてました。

宣誓次第では、選挙に勝ったことを取り消されるということでしたので・・・
宣誓が無事済んだらいいなと思ってニュースを見守っていました。

結局、いま宣誓のことでもめているようです。

 


本土派の子達がいいたいこともわかるし、民主派のひとのいうこともちょっぴりわかってしまうのです。

まっすぐな気持ちもわかるけど、自分たちに投票してくれた人たちがいるのだから、これが泡になってしまわないようにしたらいいのに。と思ってる40代の自分がいます。

 

自分の本心をそつなくうまく宣誓では表現して、自分たちの民主的なものを50年の間は守ろうとしていいのだろうそのためのことを現場でしよう。でやってみてもいいのかな。というふうに考える自分がいます。

 

彼らは、もっと違うところでものを考えていて、いまの行動を起こしているのかもしれません。そこが総論だとおもっているのかもしれません。

 

彼らのことがちょっと心配です。

自分たちの退路を完全に絶って、前に挑んでいくことにした彼ら。でもどうか、人生や家族をつぶされないように。

年をとったわたしは、中庸なところで戦うこともできるとおもってしまうようになりました。

彼らと同じ世代の時自分にそんな考えがあるかはわからない。むしろ彼らと似通っているかもしれない・・・

そして彼らが未来の人たちだから、自分の居場所を自分で良きものにする姿勢は当たり前です。

 

やっぱり思ったことを言えて、言いたいことを言っても違ってる意見の人と言い合いをして、多数決などあったりして、それでいいのかなとおもってしまいます。

粛清とか、弾圧とかは、抵抗があります。彼らの気持ちもとってもわかります。

 

なんとなくこの選挙のニュースをみているうちに、ふと思ったのは、新疆やチベットの人たちが自分らしくいることができてるのかな?とわたしには見えていたことと同じ感覚が自分に湧いてきたことでした。

しかし今となっては、中国と協調して生きていることが生活の安定の人も中にはいてるはずので、単純に独立とかそんな環境で無くなってきているだろうし、部外者のわたしには政治には介入しようがないだろうなと感じています。

そこにいる人たちの誰かがおもうように世界は変わっていくし・・・そこにいない誰かではなく、そこにいる人たちで動くのです。

 

いろいろとニュースを改めてみていて、映画の存在を知りました。

2025ねんの香港を描いたオムニバス映画 十年
これ見てみたいなあ。とおもいます。

 プロジューサーのインタビュー。↑ すごく要点と今の状況がわかります。

 


やっぱり投票してくれた人たちの思いをくんで、つぶされていてはいけないな。と。

宣誓はそれなりに、そこからが仕事だと。。。

エーン!説教みたい!!

広告を非表示にする