読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。

ことば5.05ver.

5.05

最近おうむ返しが始まった。

 

おばあちゃん地についておばあちゃんを探す。キョロキョロ。

おばあちゃん いないの。 おばあちゃん、おしごとなの。

と私が言うと

 

おば ちゃん おしごと としゃべる。

 

こんな感じで最近おうむ返しがはじまった。

まずはおうむ返しを目標にして。といわれた言語訓練の申し込みの面接で。

それがはじまったのね。ただ発音が結構拙い。

 

どうしても出ない音がある。

そんなかんじです。

 

そのまんまおうむ返しのまんまのひとかもだしね。。。

 

ジュース飲む? ときいて
ジュース飲む? といってきた!と 話してくれた園ともだちのおかあさん。

 

そうね。それもよくききます。我々の子供の特徴として。さてそのあとうちはどうなるのだろう。

わかりません。

 

 

嫌な記憶。

それは、朝、園のバスでなく公共バスに乗って園に行くこと。

園に行くときは園のバスに乗りたい、乗るもんだ。なのかしら。まあ本当の気持ちはわからないので、こだわり と 障がいアルアルにしないで観察したいかあさんです。

 

これは我慢して行っています。

できたね。のれたね。と、いうのと、明日は園のバスに乗れるよ。というのをはなし、まあ違うことも起こるんだけど、いつも通りの日もあったりで、そんなもんなの〜 キャンペーン。

自閉っ子は、パターン化してあげてというはなしだけど・・・

ちょっとソフト変化もしといていいかなとおもっています。だってずっと同じなんて約束できないもの・・・

 

究極な話・・・

親は死んでしまうので・・・

のでね。。。その前にいい居場所をみつけてあげたいけどね。。。

変わるのね。1日にして状況が。そしてその変化はそのまんま。だからソフト負荷もね。してあげたい。

 

で、その我慢して行ってる状況と想いが似た状況がおこると・・・

 

(公共のバスの名前)バス!と叫びます。

 

そうそれは、今我慢してる とか こうしたかったのにできなかった とかいうときにいいます。

正しい言葉の使い方ではないから、知らない人は突然何???ということです。

言葉の意味が生きてない、想いの叫び。

 

それは直してあげたいので そうか 公共バスのって我慢したとき思い出したね。息子ちゃん、がまんしてる。

おかあさんは息子ちゃんがまんしててすごいと思う。がまんできてるよ。

と伝えたりしてます。

しかし、どんな言葉がふさわしいのか、いつも自問自答。模索模索。

 

気持ちは間違ってないのだけどね〜

 

広告を非表示にする