読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sosonson

ID/ASDっ子 母が何を考えたか健忘録 思索は変わっていきます。書いて、考えたい。書くことが発散。もやもやをつきはなしていきたい。

ことば ver5.05

ことばみたいなことをたくさんいってきてくれるのだけど、発音がいまいちでよくわからないことがある。

 

金曜日面白かったのは、園のかえりに

 

(公共バスの名前)バス! でんしゃ(といいながらシュポポのポーズ)といったので、

(公共バスの名前)バスにのって、でんしゃに乗って、おうちにかえるね。

というと、ニヤッと笑い、新幹線 といってくれた。 が、この新幹線の発音がいまいちで、なんだろ?としばしかんがえて 新幹線!だね?ときくとニコッと笑った。

 

しんかんせん のって おうちにかえる??かえらないよぅ。というとニヤ。

 

これは ジョーク????
おねがいしてくれたのかな?

 

おもしろかったです。

 

しかしながら感情面ではやっぱり大変なタイプです。

思ってたのと違う時、いまやってることをつづけたいのに、園に行かねばならないとき

プールをやめたくないけど、教室の時間が終わって帰らなくてはいけない時

やったらだめなことをして、注意されてやめる時、

 

ワーワーいいながら整頓しないと無理です。

 

その感情の起伏というか、ちょっとしたパニックみたいになるトリガーがどんなかんじで内面にあるのか私にはさっぱりわかりません。

私たちは多分息子ほどそこが爆発しないから。

 

なぜそんなかんじなのか、今、2、3歳の嫌だ!とか、わかってはいるが、きぃぃぃ!ってなる。みたいなのも出てきてます。そこに加わって、障がいの特徴も入ってくるので、なかなか教えるのは根気がいります。

 

でもやっぱりおしえてあげないとあかんです。

単純に成長段階が子供だし。自分で考えてもいる節もあるし・・・

 

わかることばも入れてあげないとあかんと思います。

いやいやしてるときに、気持ちは正しい。けどやったことはだめなこと。だったり、気持ちは正しい。でもいまはこれをしないといけないものなんだ。を、上手になげてあげないといけないなあ。

広告を非表示にする